2019年6月12日 (水)

月齢9.0

Dsc_4315_2   
2019.06.12 20h10m15s(exp.1/100s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

たまには久しぶりに月面を撮影してみようということでチャレンジ。
しかし、処理手順はすっかり忘却の彼方だし、何にしても機材が重い。
歳をとってしまったな~と感じる一瞬。

| | コメント (0)

久しぶりに小布施へお出かけ

Dsc_1582

小布施の町並みをそぞろ歩きするのも良かったが、生憎の雨模様。
なので、竹風堂さんの2階で、名物の栗おこわ定食に舌鼓。
平日ということもあり、ゆっくりと過ごすことができた。

帰りは狙いをつけていた道の駅信越さかえで「ミルクソフトクリーム」を食す。
これ、結構評判がいい。
個人的には以前より少しコクが薄くなったような気がするが。
先端がぐにゃりと曲がってしまったのは、ご愛敬。
ごちそうさまでした。

Dsc_1585

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

夏色の空と雲

Dsc_1580

梅雨入りした県内。
ここ1週間ほどは「らしい」天気が続いていたが、
今日は一転しての青空となった。
午前中のウォーキングでは、まるで夏本番を思わせるような光景に出会えた。
ただ、上空の寒気の影響で、この時間はいまにも降り出しそうな空に。
今夏は冷夏との予報もあるが、果たしてどうなることやら。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

田植えがピーク

Dsc_1541

良いお天気が続く。
久しぶりの日曜日休みで、2時間のウォーキング。
遠景の山々にはまだ白が残り、そしてバックは青空。
手前の田んぼでは緑の苗が。
災害なく順調に育つよう願っている。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

今日の美人林

Dsc_0144

気づいた方もいらっしゃったと思うが、
昨日(5月16日)、Yahoo!Japanのトップページに、美人林の写真が紹介されていた。
毎日新聞さんの記事が転載されていたのだが、ブナの木の美しい立ち姿が描かれていた。
その写真に触発され、つい、撮影に出かけたというわけである。

今週末もお天気に恵まれそうだ。
ぜひ、美人林に癒されにお出かけになられては、いかがだろうか。
なお、お越しの際は、ぜひ、お隣に建つ「森の学校」キョロロへもお出かけください。

Dsc_0148

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

たて座・M11付近

Dsc_4252_2
2019.05.13 03h03m01s(exp.120s,ISO800)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ここ数日間で撮影した写真は全部掲載したつもりだったが、もう1コマ残っていた。
散開星団M11近辺には、なかなか特徴的な星の並びもあって見応えがある。
それにしても、そのバックに広がる星々の群れは、ザ・天の川という感じだ。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

天の川に浮かぶ散光星雲たち

Dsc_4236_4243_2
2019.05.13 02h18m28s(exp.120s×8コマ,ISO800)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

5月6日に掲載した写真を縦構図にし、105mmを135mmレンズに替えて撮ってみただけなのだが、
タイトルにちょっとだけ凝ってみた。
連続的に晴天が続いていたため、透明度はかなり落ちている感じだった。

今朝の新聞に、高知在住で彗星捜索の大家である関勉さんが、ご自身が30年前に発見された小惑星に
「令和の星」と名付けられたとの記事が載っていた。
その昔、関さんが書かれた「未知の星を求めて」や「夜空を翔る虹」という彗星捜索の本を
何度も何度も繰り返して読んだことを、懐かしく思いだした。
また、記事に記載された88歳というご年齢に、改めて時の流れを感じた。

| | コメント (2)

2019年5月13日 (月)

や座からアルビレオ付近

Dsc_4253_2
2019.05.13 03h05m59s(exp.120s,ISO800)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

薄明が始まったので最後の1コマと、や座からはくちょう座のβ(ベータ)星、アルビレオ付近にレンズを向けた。
あまり意識していなかったのだが、なかなか多種多彩な天体が写り込んでいて、結構面白い写野。
今回は1枚撮りだったが、改めてコンポジットで狙ってみたいと思った。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

へびつかい座の暗黒星雲と木星

Dsc_4065_4073_3
2019.05.08 00h57m30s(exp.120s×9コマ,ISO800)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ちょっと中途半端な構図になってしまった。
へびつかい座南部、θ(シータ)星付近のS字状暗黒星雲も写り込んでいる。

それにしても、良いお天気が続く。
ヘンな反動がなければ良いのだが。

| | コメント (2)

2019年5月11日 (土)

うしかい座とかんむり座

Dsc_4055
2019.05.08 00h26m50s(exp.120s,ISO800)
D810A+SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM(F2.8)+PRO SOFTON A(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改) 

この時期、どうしても南天に目が向きがちになってしまうが、
見上げれば春の星座たちが、まだまだ頑張って輝いている。

以前から撮り続けている構図ではあるが、標準レンズの写野に、
ちょうど2つの星座がうまく収まってくれる。
星景写真のように見応えはないが、たまには、基本である星座の形をたどってみるのも良いかもしれない。

| | コメント (0)

«南斗六星からM8&M20付近