« レンズを個人輸入(B&H) | トップページ | EF50mmF1.2L »

2010年2月 7日 (日)

いまなぜにフィルムカメラか(EOS7)

Eos7 <Canon EOS7&BP-300>
ここ1ヶ月ほど、ずーっと考えていたことがある。
時代はデジタル。だからカメラも銀塩からデジタルへ…というのは、
ある意味、至極自然な流れではあるとは思う。
しかし、こと天体写真という特殊分野での撮影となると、
撮影後に待ち構えている画像処理という壁が、とてつもなく高く
そびえ立ってしまっている。(私にとって

そんなこんなを考えていた時、
ふと、「どうしてもデジタルOnlyに移行しなくてもいいのではないか」
という思いにかられた。
現在、デジタルへの移行を見込んで、
天体写真に強いキヤノン製品で身の回りを固めつつある。
聞けば、昔のFDレンズより現行のEFレンズのほうが製品的には優れているとか。
ということで導き出した結論。

EFマウントのフィルムカメラを入手しよう!

ということになった。
結論を得るまでは行きつ戻りつだが、一度導き出すとその先は早い。
さっそくネットで調べまくって白羽の矢を立てたのが、
EOS7
オークションで検索すると、バッテリーパックBP-300とのセット品(美品)で、
1万円台というのが目に飛び込んできた。
発売当時の定価は10万円弱だったが、デジタル移行効果ともいうべきなのか、
ありがたいことに、中古相場は値崩れしまくっている。
その瞬間、ポチッと落札
明日には手元に届く予定だ。

カメラ絡みではもうひとつ話題があるのだが、
それはまた別の機会に。

| |

« レンズを個人輸入(B&H) | トップページ | EF50mmF1.2L »

カメラ・レンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまなぜにフィルムカメラか(EOS7):

« レンズを個人輸入(B&H) | トップページ | EF50mmF1.2L »