« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

EOS 5D markⅡ 改造への決断

1
フルサイズの雄、EOS 5D markⅡ
迷いに迷ったが、結局、趣味人さんにお願いして改造していただいた。
改造とはいっても、写真のとおり外観はまったく変わっていない。
ボディキャップを外した、その中を改造するのである。
まあ、どんな改造をしたのかは、他の方のブログなどに譲ることにしようっと

このカメラを入手した時、銀塩時代の103aEやTP2415&6415と同じように
赤い散光星雲を写したいと考えたことは言うまでもない。
ただ、高額な改造費用もさることながら、高価なこのカメラを改造してしまうということ、
改造すると基本的に一般撮影には使えなくなってしまうことが、
改造への決心を鈍らせていた。

そんな時、ある方のブログを見た。
完璧ではないが、ある程度はホワイトバランスの調整で、一般撮影にも使える
と書いてあった。その方法は私にも出来そうな簡単な方法だった。
このブログの記事がきっかけとなり、改造へと決断したのだった。

改造カメラが届いたその日、早速、そのホワイトバランスの調整をやってみた。
私としては十分に満足いく結果だった
改造の選択は間違っていなかった…そう思った。

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

札幌カリーせんべい カリカリまだある?

100227
もともと人気はあったが、がっちりマンデーで紹介され、一気にブレイク
テレビ放送直後に申し込んだので何とか入手出来たが、今はどのお店も「在庫なし」状況
マスコミの力って凄い。でも最近はこんな番組が多いな

たしかにピリッとしたスパイスが利いていて、カリカリっとした食感もいい。
食べきりサイズの小分け袋入りは、じゃがポックルを彷彿とさせる。
北海道って、ホントに食の宝庫なんだな~って実感した。
今度はスープカレーでもお取り寄せしてみようかな…
どなたかおススメの美味しいやつ知っていたら、ぜひ教えてください

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

目が覚めたので…

寝ぼけ眼をこすりながら、2月24日に撮影した月の画像処理をやってみた
ちょっとは自然な感じになったかな~ぁ。。。
Photoshopの使い方を、実践を通して学んでいる感じだが、
自己流を押し通すのも限界かも

このところ思うのだが、画面上とプリントアウトした感じが、
色調、階調ともイマイチ一致しない
どうしたらいいのか、どなたか、ご教示願えないだろうか
こんなことしてたら、あっという間に時間が過ぎてしまった。
雨の音が聞こえる
さて、もう一眠りしようかな
0227_2

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

今宵の月

Img_7085   
晴天が続く
当地からすると、たぶん、1年の中でもそうあることではない。
基本的に晴れ間が続けば、気流は安定してくる。

ということで、今宵もお月様に望遠鏡を向けてみました
まだ、コマを精査したわけでもなく、画像処理もきちんとしたわけではないが、
後半に撮影した中から、とりあえず1枚掲載。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

月齢7.3(2月21日の月)

Moon
一昨日の夕刻、久々に晴れた。
見上げると上弦直前のお月様が、いかにも「撮してください!」とばかりに
輝いていた。
速攻で赤道儀をセッティングし、望遠鏡を収納バッグから取り出して赤道儀に載せ、
カメラにコンパクトフラッシュを装着して望遠鏡に取り付けて撮影に臨んだ。

月の高度が高いため、ピント合わせが楽ではなかったが、
銀塩時代に培った?ノウハウを記憶の底から呼び戻しながらの撮影
RAW画像を私なりの感覚で画像処理してみた。

【撮影データ】
75SDHF+EM200+XP24mm+EOS7D  2010年02月21日 19時34分55秒(1/15秒)

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

EF50mmF1.2Lを使ってみました

キヤノンさんからお借りしている50mmF1.2Lをこの土日に使ってみました。
今週末にはお返しする段取りになっているので、まさにピンポイントの利用でした。
あちこちを歩き回りながら、被写体になりそうなモノを探しまくり、
何とかカメラに納めたのが、このワンショット。
100221
「ミニかまくら」(EOS 7D+EF50mmF1.2L 1/2000秒 F1.2 AWB ISO400)

絞り優先で開放のF1.2に固定。ボケ味を強調してみました。
ホントは星の写真を撮りたかったのですが、
今日が上弦で、これからお月様はどんどん太ってきます。
明け方でなければ月明かりが邪魔になるし、とても明け方に撮影に出かけることは
出来そうにありません。
ということで、この写真をレンズ返却時の同梱作品とすることにしました。
今度、レンズを借りることが出来たら、ぜひ星の写真を写したいと思います。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

TOAST-Proの足回り

昨秋に購入したTOAST-Proは、いまだデビューの時を迎えていない
一度だけチャンスがあったのだが、セッティングしながら足回りの貧弱さ(カメラ三脚)が
気になり、さらに天候も急に雲が押し寄せてきたこともあって、結局、デビューとはならなかった。

以来、足回りを考えたいと思っていたが、カメラやレンズにことのほかお金がかかり
そこまでの資金調達に至らなかった。
何とか手持ちの機材でうまく組み合わせられないかと思っていたところ、
ありました!ポルタの経緯台。

ポルタの架台部分を取り外し、そこに二軸改造したジュニアギアヘッド410を
取り付けて、一丁あがり
1_2
三脚部分にも水平微動が付いているので、ヘッド部分と合わせてのダブル微動。
ってあんまり意味ないか…

そこにTOAST-Proを組み合わせる。
3_3
三脚はアルミ製なので比較的軽い。軽いが、望遠鏡の載せるための三脚で
あるわけだから、そこそこしっかりした作りにはなっている。
車でちょいと出かけるお手軽撮影にはもってこいのパーツとなった。

今週からは比較的晴れ間が続く予報。
カメラとレンズ、そして赤道儀+三脚と機材は一通り揃ったので、
そろそろ実際の星空を写したいもの。
とりあえず、今夜晴れたら、上弦直前のお月様でも狙ってみるかな

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

朝ウォーキング

100220
久々に朝ウォーキング
前夜からの雪が薄く路面を覆っていた。
気温が下がったせいで、雪はパリパリ状態。
一歩踏み出すたびに、足の下では大きな音がする。

今日はちょっと重いカメラを肩からぶら下げてのウォーキング。
足下の雪の堅さとも相まって、やはり歩きにくい
r時折ちらつく雪からカメラを守りながら1時間半ほど歩いた。
一番寒い頃に比べれば、少しずつ気温もあがってきているのだろう、
家に着くころには、うっすらと汗ばむ感じを覚えた。
来週には桜の花が咲く頃の陽気の日もあるという。
春の足音が、少し向こう側から聞こえてくるのだろうか

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

GN-170赤道儀のオーバーホール

Img
購入から15年。極軸望遠鏡も2010年(つまり今年)までの対応のものだったので、
そろそろオーバーホール&極軸望遠鏡交換かなと思っていた。
先日、ふと思い立って三鷹光器さんに見積もりを依頼すると、
PDFファイルが添付されたメールが速攻で届いた。さすがに対応は早い。

依頼をしたパターンは
1)オーバーホールのみ
2)極軸望遠鏡交換のみ
3)オーバーホール+極軸望遠鏡交換
の3パターン。
メールをざっと斜め読みすると、極軸望遠鏡交換のみというパターンは
受け付けない旨のことが書いてあった。

それからおもむろに添付の見積書を開くと・・・
そこには、目をこすり直したくなるような金額が書かれていた
カメラボディならミドルクラスの中古品が買えそうな額

どうしたものかとしばし思案したが、
永く使い続けるためには、やはりオーバーホールと極軸望遠鏡交換は
必要との見解に達し、お願いすることにした。
赤道儀だけでもかなりの重量があり、
梱包作業も一苦労しそうな感じ。
でも、今年のオンシーズンには、生まれ変わったGN-170を振り回せる

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

EF50mmF1.2L

1
カメラ系のネタが続いて恐縮だが、
今日、我が家にキヤノンEF50mmF1.2Lがやってきた
といっても、そう次々とレンズやボディを購入出来るわけがない。
実は、キヤノンフォトサークルのWeb会員に登録し、
たまたま目に付いた「製品モニター」に応募したら、
これまた偶然にも抽選で当選してしまった

応募の動機に「天体写真で定評のある50mmF1.2Lを使ってみたい
と書いたところ、それを読んでくださってのことかどうかはわからないが、
当選してしまったのだ。
事務局から当選の電話をいただいた時、こんな豪雪続きの中、
まだとても星の写真など撮れる状況ではないことから、一度はお断りしようかとも
思ったのだが、次にいつ当選するかもわからないので、
「ありがとうございます
という結果になってしまった。

ただひとつ、返却時にこのレンズで撮した写真(2L判)を1枚、同梱しなければならない。
天体写真は無理かもしれないが、貸出期間(3週間)のうちに、
何か1枚くらいは撮せるだろう…とはいえ、周囲は雪景色一色だしな~
もちろん、晴れたら夜空にレンズを向けてみるつもりだ

でもせっかくならば、モニター特典で割り引き購入が出来たりしたらいいのにな~ぁ
2 カメラボディはオークション落札のEOS7

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

いまなぜにフィルムカメラか(EOS7)

Eos7 <Canon EOS7&BP-300>
ここ1ヶ月ほど、ずーっと考えていたことがある。
時代はデジタル。だからカメラも銀塩からデジタルへ…というのは、
ある意味、至極自然な流れではあるとは思う。
しかし、こと天体写真という特殊分野での撮影となると、
撮影後に待ち構えている画像処理という壁が、とてつもなく高く
そびえ立ってしまっている。(私にとって

そんなこんなを考えていた時、
ふと、「どうしてもデジタルOnlyに移行しなくてもいいのではないか」
という思いにかられた。
現在、デジタルへの移行を見込んで、
天体写真に強いキヤノン製品で身の回りを固めつつある。
聞けば、昔のFDレンズより現行のEFレンズのほうが製品的には優れているとか。
ということで導き出した結論。

EFマウントのフィルムカメラを入手しよう!

ということになった。
結論を得るまでは行きつ戻りつだが、一度導き出すとその先は早い。
さっそくネットで調べまくって白羽の矢を立てたのが、
EOS7
オークションで検索すると、バッテリーパックBP-300とのセット品(美品)で、
1万円台というのが目に飛び込んできた。
発売当時の定価は10万円弱だったが、デジタル移行効果ともいうべきなのか、
ありがたいことに、中古相場は値崩れしまくっている。
その瞬間、ポチッと落札
明日には手元に届く予定だ。

カメラ絡みではもうひとつ話題があるのだが、
それはまた別の機会に。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »