« 電波時計+温度計+電圧計(Fizz-790) | トップページ | ようやく・・・ »

2010年4月14日 (水)

GN-170が帰還しました

0414_1_2
大きな段ボール姿の荷物が送られてきた。
1ヶ月半はかかるかと思っていたGN-170のオーバーホールが、
予想外に早く済んで昨日帰還した。23日間の旅だった。

昨夜は飲み会だったのだが、心ここにあらず状態
一次会も早々に切り上げて帰宅した
まず荷物の大きさに圧倒され、やや酔っているせいもあって動かすのも一苦労。
何とか荷をほどいて赤道儀を取り出し、延長ピラーの上にセットした。
0414_2
アルコールのせいか、ひときわ重さを感じた。
クランプフリー状態だったので、持ちにくかった。
酔いが覚めてから思えば、コンクリートの上に落とさなくてホント良かった

極軸望遠鏡を覗いてみると、ちゃんと2030年までの対応機種に交換されている。
ご丁寧にも取り外した2010年対応の極軸望遠鏡も同梱されていた。
どうしたものか…オークションに出せば自作派の方が買ってくれるだろうか
0414_3
オーバーホール代金は結構な値段だと思っていたが、
同梱されていた分解写真やコメントが添えられていた細かな微調整状況、
PLL波形を測定した追尾回路検査表などを見ると、価格相応の仕事ぶりであったと
納得することができた。
赤本と称される「マスターブック」も入っていた。
パラパラと見比べてみたが、購入当時と同じ内容だった。

さて、いよいよこれで体制は整った。
天文ガイド5月号読者の天体写真で最優秀賞を受賞された方が、
EM-200+マンフロット微動雲台+標準レンズの組み合わせを
『いささか大げさな気もするが、これくらい土台がしっかりしていると
構図決めなどの操作がとても楽です』
と語っている。まったくもって同感である

| |

« 電波時計+温度計+電圧計(Fizz-790) | トップページ | ようやく・・・ »

機材」カテゴリの記事

コメント

すっかり綺麗になって戻ってきて、これからのシーズンへ向けて楽しみですね
やはりいいものは多少高くても結果的に長く使え愛着も湧きいいですね

今日は全国的に寒くて、東京の方では真冬並みらしいですね
新潟の方はまた雪がふったりしていませんか?

寒暖の差の影響か、喉が痛くてちょっと風邪をひきかけているjanusでした

投稿: janus | 2010年4月15日 (木) 14時02分

janusさん、体調はいかがですか?
お大事になさってくださいね。

お見込みのとおり、こちらは今朝方、少し標高の高いところでは雪模様でした。
私は徒歩通勤なのですが、その途中でルーフが白くなったまま走っている車を見かけました。
週末まで寒さは続くようですね。
でも、もし明日の夜晴れたら、GN-170復帰記念撮影に出かけてしまいそうです…

投稿: 星のおじさん | 2010年4月15日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GN-170が帰還しました:

« 電波時計+温度計+電圧計(Fizz-790) | トップページ | ようやく・・・ »