« 真っ盛り | トップページ | 都会を早朝ウォーク »

2010年5月 1日 (土)

ショップめぐり

実はGWを利用して都内に滞在中
せっかくなので、望遠鏡販売店めぐりをしてみることにした。
調べてみれば、不思議と秋葉原周辺に点在している。
やっぱ「天文」ってオタクの世界なのかな・・・と妙に納得
こんな時って、意外と掘り出し物に遭遇することがある。
基本的には店頭でしか、その恩恵にはあずかれない。
しかし、先立つものが・・・掘り出し物があって欲しいような欲しくないような。

0
まずは協栄産業さん。
秋葉原駅から歩いて7~8分といった感じ。
以前、地下鉄駅から地図を頼りに訪ねた」ことがあったが、
今回は反対側から向かったため、途中で方向がわからなくなってしまった
さすが、天下の方向音痴だけのことはある。
ウロウロすること3分。ようやくたどり着いた。
このお店だけは特別用事はなかったが、今になって思えば、
例のデジタル一眼冷却カメラの情報を聞いてくれば良かった。
中古表示の太陽金属メッキガラスフィルターが1枚あったが、
残念なことにサイズが私の望遠鏡には少し小さかった。
通常売価の半額ほどの値札が付いていた。惜しかったな~。

次のショップに向かうべく、
秋葉原駅の線路の高架をくぐり抜けて進むと、目に飛び込んできたのがここ。
Yodobashi_2
個人的には大変ゆかりの深いお店。
ついでなので中に入って、本体小さめでケーブル長めのテーブルタップを探したが、
残念ながらイメージしていたものは見つけられなかった。

このお店から歩いて5~6分で到着するのがここ。
1
スターベース東京さん。
このお店が、今回訪ねた中では、一番大きな通りに面している。
ここではホームページで紹介されていたあるサービスのことを聞いてみた。
新しいモノを求めるか、古いモノを生き返らせるか・・・判断のしどころである。
鏡筒の中古で、ちょっと食指が動きそうなものがあったので、早々に退散。

ここからものの5分ほどで到着するのがここ。
2_2
趣味人さん。
私としては初訪問のお店。
ここではオリジナルパーツを購入した。
天文という世界の趣味人口は限られている。
とすると、その中で生き抜くためには、様々な工夫が必要となる。
価格勝負しかり、オリジナルパーツ開発しかり、サービス向上しかりである。

ここでいったん秋葉原駅まで戻り、総武線で水道橋駅へ移動。
降りて歩いて3分ほどで到着。
3
誠報社さん。
今回の中では唯一、店舗が1階ではなく5階にある。
フラッと入るにはちょっと抵抗感があるかもしれない。
逆に言えば、目的をもった人が訪れるお店なのだろう。
ここではメーカーから取り寄せていただいたパーツを購入。
その昔、友人が勤めていたこともあり、顔なじみの店員さんがいることから、
私としては一番お付き合いがある。

以上、4店まわって合計3時間弱の店舗訪問&都内ウォーキング終了。
でも望遠鏡販売店って、どこも全体的な雰囲気は似ている感じがする。

| |

« 真っ盛り | トップページ | 都会を早朝ウォーク »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショップめぐり:

« 真っ盛り | トップページ | 都会を早朝ウォーク »