« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

道ばたの草に露

0731
7月も今日で終わり。
忙しく気ぜわしい1週間が過ぎ、肩の力を抜きたくなる週末。

恒例の朝ウォークに出かけると、道ばたの草に朝露が光っていた。
こういうのを見ると、ホントはもっと被写界深度を浅くして、
露自体にググッと寄った一コマを写したくなるのだが、
いかんせん携帯のカメラでは限界がある。
いや、ひょっとしたらそれに類する機能があって、
私が知らないだけなのかもしれない。

全国的に猛暑・酷暑が続いている。
ここにきて一段落だが、また来週は第2の暑さのピークがやってくるとか。
当初の冷夏予想はどこへやらという感じ。
でも、夏が暑いと、確か来春の花粉が。。。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

♪天気は続く~よ~ ど~こまでも~ぉ?

0724_2
と歌い出したくなるような、ここ数日。
うだるような暑さに辟易気味だが、今年は久しぶりに『梅雨明け十日』を実感。
ただ、この週末から来週初めにかけては、一段落しそうだ。

無機質なコンクリートの中を歩くより、このような情景を目の当たりにするのは精神衛生上、悪いはずがない。
昼休みのウォーキングも含めて、格好の気分転換になっていると思う。

0724_1
ご近所のお宅の庭先にて…。
あ~夏休みだな~って実感する瞬間

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

今宵の月

Img_7215_2
2010.07.21 20h09m50s(1/8s) 75SDHF/XP24mm/EOS 5D MarkⅡ/EM-200(K-ASTEC改)/ISO100/ユーザー設定ピクチャースタイルを適用

ようやく雲に覆われていないお月さまに遭遇。
ここ2日ほど、晴れてはいるが薄雲に覆われた月という状況が続いた。
今夜も決してベストな条件ではないが、気流は比較的安定しているようだ。
とりあえずJPG画像をチョコチョコッとPhotoshopでいじって掲載してみた。

今回はピクチャースタイルをユーザー設定。
具体的にはモノクロをベースに、ややコントラストをあげ、フィルタ効果にYe(イエロー)を適用。
まさにモノクロ・アナログ時代の撮影スタイルである。
試行錯誤の一環

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

2012年11月13日

タイトルを見てピンときた方は、かなりの日食通。
そうオーストラリア北部のケアンズなどで見られる皆既日食が起こる日だ。
2戦2敗の私としては、何とかここで一矢を報いたいと思っている。

ところで私と同じ連敗続きだったが、今回の南太平洋日食で、
見事黒い太陽をGETした方からメール&画像が届いた。
メールの主は、機材やパーツ製作でいつもお世話になっているK-ASTECの川野さんだ。
う~ん、先を越されてしまった・・・と思ったが、めでたいことに違いはない。
川野さんに無理を言って、ブログへの掲載をお許しいただいた。
Astec
『撮影:K-ASTEC 川野さん』
いいな~ぁ・・・羨ましい。
自分自身の気持ちを鼓舞しつつ、この写真を見ながら、
まだ見ぬコロナに思いを馳せることにしよう。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

TOAST-Proの足回り(その2)

以前、TOAST-Proの足回りをポルタ用三脚を使って考えてみたという記事を掲載した。
これにマンフロット410の二軸改造ヘッドを組み合わせてベース部分を構築するわけだが、
やはり望遠系レンズを使う時には、何となく心許ない気がしていた。

先日、TOAST-Proのホームページを見ていた時、レベリングベースというパーツがある
ことを知った。パノラマ写真などを撮影する際に使用するものだ。
中でも評判の良いマンフロット338を入手して組み合わせてみた。
Pro1
こんな感じになる。
TOAST-Proのホームページで懸案?と指摘されていた水平方向の微動も、
ポルタ用三脚と組み合わせると解消する。
水平方向の微動については、アイベルさんの『簡易赤緯ユニット』というパーツでも、
同じ効果を得ることはできる。
レベリングベースの可動範囲は±5度程度だが、TOAST-Pro自体が35度の傾きを
持っているので、自宅を含む本州あたりで使う分には問題ない。
これにTOAST-Proを載せてみた。
Pro2
結構、イイ感じだ。
ただ、ホームページでも指摘があったように、傾きを調整するリングがハンパなく固い。
裏を返せばそれだけ剛性が高い証でもあるわけだが、暗闇でできるだけスムーズに
極軸をセッティングして撮影に移行しようとしたとき、精神衛生的にどうかと思ってしまう。
ただでさえ気の短い私は、イライラしてしまうのが目に見えている。
対策として潤滑剤をネジの部分に塗布するのは、うまくないのかな~ぁ・・・

どなたか高度&水平微動の良い仕組みを実践されている方がいらっしゃったら、
ご教示願えないだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

今宵の月

Img_7034_3_2  
2010.07.18 19h40m33s(1/8s) 75SDHF/XP24mm/EOS 5D MarkⅡ/EM-200(K-ASTEC改)/ISO100/モノクロモード

まだ明るさの残る西空に、上弦の月。
久々に望遠鏡&カメラを向けた。
シーイングもイマイチ。
梅雨明けは気流が安定しているものだが、今年はそうでもないのか。
隣接地域では大雨警報発令中。
明日に期待。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け

0718
昨日、梅雨明け。
平年よりも数日早い。
そういえば、昨年は梅雨明け特定されずだった。
しかし、今日、東北地方も梅雨明けして、
まだしていないのは九州南部だけだという。
一般的な陽性の梅雨明けと違って、なんか変な感じ。
と、それはともかく、いつもどおりの早朝ウォーキングだが、気分も少し違う。

途中、ローカルの単線と平行に農道が延び、
周囲に田んぼが広がるポイントがある。
一番好きなロケーションかもしれない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

軽井沢をウォーキング

三連休の初日。
いつ豪雨に見舞われてもおかしくないという不安定なお天気模様の中、
軽井沢までウォーキングに出かけてきた。
Station
連休中とはいえ、少し時間が早かったので、駅もまだ混雑感はない。

軽井沢といえばアウトレット。
East
イーストエリアに向かったが、こんな感じ。
しかし交通量は次第に増えてきた。
うっすらと人影は出来るものの、空模様はビミョー。

駅の反対側に足を伸ばす。
Mampei
万平ホテルへ向かう、通称『万平通り』。
軽井沢らしい風景。木漏れ日が美しい。

Fromage
アトリエ・ド・フロマージュ。
ここの生チーズソフトクリームがお気に入り。
東御市・湯の丸高原にある本店からのロケーションもお気に入りだったりする。

といいながら、今回はミカドのモカソフト(300円)をお買い上げ。
Moca
ちょっと軟らかすぎな感じで、あっという間に完食。

ということで、軽井沢駅を中心に南へ北へ行ったり来たり。
約1時間半のウォーキング終了。
浅間山は残念ながら雲に隠れて見えず。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

夏色の雲

0716
冷房の効いた建物から一歩外へ出ると、あの「ムッ」とした夏独特の気配。
見上げると積雲が目に飛び込んできた。
暑い!
すじ雲も見えるが、上層は風が強いのだろうか。

梅雨明けはまだだが、週間予報を見ればカウントダウンが始まっている。
昨日は当地でも比較的まとまった降雨があった。
それにしても西日本での豪雨被害が痛ましい。
何でも湿った空気が東海地方に入り込む形になっているとか。
今夏は後半になると大気の状態が不安定な日が多いと聞く。
被害のこれ以上の拡大がないことを願う。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ケーブルがスッキリ

0710
GP2赤道儀にスカイメモ用極軸望遠鏡を取り付けたはいいが、
いざ使おうと思った時に、万一、電源を忘れてしまうとOUT。
せっかくモータードライブのパネル面に照明用のジャックが付いているので、
ここから電源がとれないかと考えた。しかもボリューム付きだから使い勝手はいい。

自分はこの種の工作は苦手なので、iPT(イプト)製作所さんに相談。
iPTさんは、タイマーリモートコントローラーTC-80N3の機能をそのままに
さらに使いやすくしたオリジナルのコントローラーなどを製作販売している。
このコントローラーは、また別の機会に紹介したい。

こちらの希望を伝え、ジャック確認のためオリジナルケーブルを送ると、
あっという間に照明ジャックと暗視野照明装置を直結するケーブルを製作してくださった。
これで赤道儀周りがスッキリした。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

梅雨の中休み

0708
昼休みウォーク。
昨日の七夕は曇り空で、残念ながら1年に1度のデートを見る?ことは出来なかった。
何でも、織り姫と彦星は恋人同士だと思っている人が結構多いのだとか。
まあ、1年に1回のデートなどと伝えられると、勘違いしてしまうのも仕方ないのかも。
恋人同士だと思っていた皆さん二人は夫婦ですよ

地上に目を移せば、濃い緑が飛び込んでくる。
これに青空と白い雲が重なると、心休まる田園風景の完成となる。
ゲリラ豪雨が各地で発生。被害も出ている。
これから梅雨も後半。
ほどほどの雨での梅雨明けを願わずにはいられない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

スカイメモ用極軸望遠鏡をGP2赤道儀に取り付ける

昨年の日食遠征前にK-ASTECさんから入手した
GP2赤道儀をベースに改造された赤道儀。
ビクセンの極軸望遠鏡は、その操作性からイマイチ好きになれず、
日食後はなかなか活躍の場を見いだすのが難しかった。

天体写真ファンの間では定評のあるスカイメモ用極軸望遠鏡。
これがGP2改造赤道儀に取り付けられたらいいのにな~ぁ・・・って思っていたら、
やはり需要のあるところに供給の場はあった

テレスコ工作工房さん。
ブログは様々な自作製作パーツを紹介されていたり、
ご自分で南半球などへ撮影旅行に行かれたりしている様子を紹介されていたりと、
なかなか読んでいて興味深いし勉強にもなる内容だ。
このブログの中に玉手箱が潜んでいた。

さっそくお願いすると、すぐに製作を開始してくださり、
なんと10日ほどで手元に届いた。
0704_01
スカイメモ用極軸望遠鏡本体、GP2赤道儀用取り付けアダプター、
暗視野照明装置の3点で構成されている。
ちなみに暗視野照明装置はケンコーの製品ではなく、
納品が遅くなるからと、ご自身で別に入手されていたものを付けてくださった。

オリジナルの極軸望遠鏡を外し、
0704_02
0704_03
そこに取り付けアダプターをねじ込んで、
そのアダプターに極軸望遠鏡を取り付けるという段取り。

0704_04
ものの3分もしないうちに極軸望遠鏡の交換は完了した。
もちろん、ここから光軸調整という一大イベント?が待っている。
赤経軸を回転させると、視野の中の対象物はかなり移動する
果たしてうまくできるかどうか。。。

でも、これでこのポータブル赤道儀は、とっても使いやすくなった。
海外遠征にも重宝すること間違いない。(といってもお金とヒマないけど
K-ASTECさんとテレスコ工作工房さんに感謝
0704_05

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

秋葉原をぶらり

0703
休日を利用して、秋葉原付近をお散歩。
もちろん目的は天文ショップ巡り。

スターベース東京のホームページに載っていて、
『在庫限り』の文字に惹かれて、どうしようか迷っていたタカハシブランドのOr18mm。
今日、店頭へ行ってみたら、さらに値下げの文字とともに4500円の値札。
オーッ!ということで即ゲットした。残りあと3個。
時代はアメリカンサイズなので、何を今さらのツァイスサイズだが、
アダプターを使った拡大撮影にはまだまだ使える。
XP24mmを主に使うが、もう少し拡大率をあげたい時のアイテムとして使いたい。

その足で、協栄産業に行ったら…
実は他店に注文したところ在庫なしの1カ月待ちを告げられたパーツが
ちゃんと置いてあった
流通の仕組みって、よくわからない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »