« ISO6400で固定撮影 | トップページ | 月齢11(今宵の月) »

2010年8月18日 (水)

久々の星空観望会

0818
<月を視野に入れ、観望会参加者を待つFC-100の図>

地区公民館主催の星空観望会に出かけてきた。
昼間は比較的青空だったのだが、夕方になるにつれてだんだんと雲が顔を出し、
観望会開始頃には8割方は雲という状況
それでも20人くらいの老若男女が集まってくれた。

西空低くに金星が輝いていて、
今夜の月と同じような形に欠けていたので、
まずこれを観てもらおうと望遠鏡を向けたのだが、
向けたとたんに雲に覆われて、結局2人からしか観てもらえなかった。
小学生高学年くらいの男の子2人は、自慢そうに他の人々に話していた。

その後はどんどんと雲の面積が増え、
雲間をぬっての二重星観望会となった。
はくちょう座のアルビレオ、おおぐま座のミザ-ル&アルコル、こと座のダブルダブル。
反応が心配だったが、それなり?に楽しそうだった。

望遠鏡を覗くたびに反応の良いお母さんと子どもが1人ずついて、
2人の時の説明は、ひときわ力が入った
『すげーぇ、帰ったら日記に書こう』
『うわーっ、観ていてぜんぜん飽きない』
観望会をしていて、嬉しい反応だ。
中途半端な星空が、ちょっと残念だった。

このところ、ずーっと75SDHFしか覗いていなかったので、
リニューアルした10センチならではの見え方に迫力を感じることができた。

| |

« ISO6400で固定撮影 | トップページ | 月齢11(今宵の月) »

宇宙・天文の話題」カテゴリの記事

コメント

星空観望会楽しそうですね
地区公民館主催で講師的な立場での参加だったのでしょうか?すごいですね

自分は3年ほど前に久住の某キャンプ施設で宿泊していた際、大分宇宙科学協会主催の天体観測イベントに偶然重なり大口径の望遠鏡で迫力のある星を見て感動した思い出があります
実はそれをきっかけにカメラレンズによる星野撮影から赤道儀導入、望遠鏡購入とこちらの世界へどんどんハマっていますw

あいにくの空模様だったのは残念ですが、参加者の方にとってはとてもいい思い出になったことでしょう
特に子供達にはこれをきっかけに星空への興味が湧いてくれると嬉しいですね

投稿: janus | 2010年8月21日 (土) 12時47分

観望会お疲れ様でした。
子供たちや親御さんたちも良い夏休みの思い出になったことでしょうね!

ところで、星空の説明の時はレーザーポインターをお使いですか?
以前、星仲間たちが購入したころはプラネタリウムで説明していたので、
いらないと思っていたのですが、
先日娘に実際の星空の説明をしたのですが、娘が北斗七星さえも見つけられないので、
しかたなく、前にしていたように懐中電灯を空に照らして説明したら、
よくわかり、自分でもM31を双眼鏡の視野に入れられたので、
ポインターがあればもっと便利だなと思ったのです。

確か当時、一万円くらいしたかと思いましたが、(安くなっているといいのですが。)
欲しいなあと思いました。

投稿: きらりん | 2010年8月21日 (土) 17時30分

janusさん

私は1973年に地元にできた天文同好会のメンバーの一人です。
長くやっていると、自然とそういう役割がまわってきます。
以前、観望会に来てくれてそこで望遠鏡を覗いて興味を持って、
その後、同好会に加入してくれたという人もいました。
嬉しいですし、ありがたいことです。

投稿: 星のおじさん | 2010年8月21日 (土) 20時51分

きらりんさん

レーザーポインター、使ってます。
以前は、強力ライトでやっていましたが、反応が違いますね。
空に向けて照射すると、「おーっ」と声があがります。
ソレを使って星座解説をしていると、自然と私の周りに人が集まってくれます。

こちらはわかっていて「あの☆は」とか「こちらの☆が」とか言ってますが、
どの☆も同じに見える人にとっては、
きちんと指し示すことで、より興味を持ってもらえるのではと思っています。

投稿: 星のおじさん | 2010年8月21日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の星空観望会:

« ISO6400で固定撮影 | トップページ | 月齢11(今宵の月) »