« おひつじ座の木星 | トップページ | NGC281(カシオペヤ座の散光星雲) »

2011年9月30日 (金)

出るか!?10月りゅう座流星群

1972年に一世を風靡した、いわゆる「ジャコビニ流星群」。
最近では、ジャコビニ流星群を「10月りゅう座流星群」と呼ぶようになった。

この流星群は13年ごとに出現が期待され、最近では1998年にかなり流れた。
その13年後が今年である。

近年では「ダスト・トレイル」という流星物質の分布度合いが研究されている。
これによると、今年のジャコビニ流星群は、1887年と1900年に作られた
ダスト・トレイルに地球が接近する。

最初のダスト・トレイルには10月9日の午前2時過ぎ、
2つ目のダスト・トレイルには9日の午前5時半過ぎに接近するという。
この2つ目の接近のほうがたくさん流れるだろうと予想されている。
しかし日本では既に夜明けを迎えていて、観測適地はヨーロッパだという。
また、月齢11の月明かりが明け方近くまで空に残り、
暗い流星を見にくくしてしまう恐れもある。

と、条件的にはあまり良くないが、
予想どおりに行かないのが流星群のイイところ。
いまはツイッターがあるので、急な出現にも誰かがつぶやいてくれるかもしれない。
ちょうど土曜日から日曜日なので、晴れ間が望める天気回りならば、
ぜひとも空を眺めてみたいと思っている。

余談だが、
最近、JAXA職員のはやぶさに関する講演を聴く機会があった。
その中で、大気圏に突入するはやぶさを
「たったひとつの予定された流れ星」
と表現された。
はやぶさの行く末と相まって、妙にジーンときた言葉だった。

Shishi
(写真は、オリオン座を横切る2001年のしし座流星群)

| |

« おひつじ座の木星 | トップページ | NGC281(カシオペヤ座の散光星雲) »

宇宙・天文の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出るか!?10月りゅう座流星群:

« おひつじ座の木星 | トップページ | NGC281(カシオペヤ座の散光星雲) »