« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

出るか!?10月りゅう座流星群

1972年に一世を風靡した、いわゆる「ジャコビニ流星群」。
最近では、ジャコビニ流星群を「10月りゅう座流星群」と呼ぶようになった。

この流星群は13年ごとに出現が期待され、最近では1998年にかなり流れた。
その13年後が今年である。

近年では「ダスト・トレイル」という流星物質の分布度合いが研究されている。
これによると、今年のジャコビニ流星群は、1887年と1900年に作られた
ダスト・トレイルに地球が接近する。

最初のダスト・トレイルには10月9日の午前2時過ぎ、
2つ目のダスト・トレイルには9日の午前5時半過ぎに接近するという。
この2つ目の接近のほうがたくさん流れるだろうと予想されている。
しかし日本では既に夜明けを迎えていて、観測適地はヨーロッパだという。
また、月齢11の月明かりが明け方近くまで空に残り、
暗い流星を見にくくしてしまう恐れもある。

と、条件的にはあまり良くないが、
予想どおりに行かないのが流星群のイイところ。
いまはツイッターがあるので、急な出現にも誰かがつぶやいてくれるかもしれない。
ちょうど土曜日から日曜日なので、晴れ間が望める天気回りならば、
ぜひとも空を眺めてみたいと思っている。

余談だが、
最近、JAXA職員のはやぶさに関する講演を聴く機会があった。
その中で、大気圏に突入するはやぶさを
「たったひとつの予定された流れ星」
と表現された。
はやぶさの行く末と相まって、妙にジーンときた言葉だった。

Shishi
(写真は、オリオン座を横切る2001年のしし座流星群)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

おひつじ座の木星

Img_9246
2011.9.28 00h19m11s(exp.180s,ISO1600)
☆EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+LPS-P2
☆EF70-200mmF2.8L ISⅡ USM(70mm,F2.8)
☆EM-200(自動追尾)

木星の巨光が際だっている。
「東の空に見える明るい星は何?」と聞かれることもしばしば。

木星は12年で太陽の周りを公転している。
地球から見ると、12ある黄道星座(誕生日の星座)を
1年に1星座ずつ、西から東へ巡っていくように見える。

星に興味を持って夜空を見上げ始めた1972年頃。
木星はいて座にあった。
ちょうど南斗六星の近傍にあり、
木星を加えた星の並びがまるで北斗七星のようだったことから、
「南斗七星」というアイディア写真が天文雑誌で紹介されたのもこの頃だ。

あれから39年。
木星は天空を3周と3星座分、巡ったことになる。
飽きっぽい性格の割には、実に息の長い趣味と巡り会ったものだ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

くじら座のミラが明るい

Img_9248
2011.9.28 00h37m02s(exp.120s,ISO1600)
☆EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+LPS-P2
☆EF70-200mmF2.8L ISⅡ USM(80mm,F2.8)
☆EM-200(自動追尾)

2011年9月28日、0時37分。
くじら座方向にカメラレンズを向けた。
「あれっ?ミラってどれだっけ?」

そんな心許ない状況だったので、構図がちょっと変になったが、
右端にくじら座ο(オミクロン)星、ミラが写っていた。

ミラは星自体が縮んだり膨らんだりして明るさが変わる「脈動変光星」。
周期は331日で、明るいときは2等星、暗くなると10等星になる。
アストロアーツのホームページによれば、
今年9月中旬頃に最も明るい時で2.4等星くらいになったとのこと。
見た感じでは、まだ2等星台を保っているような感じ。
しっかりと目に焼き付けておきたい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

二重星団(トリミング)

Img_9241
2011.9.28 00h00m44s(exp.180s,ISO1600)
☆EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+LPS-P2
☆EF70-200mmF2.8L ISⅡ USM(200mm,F2.8)
☆EM-200(自動追尾)
☆二重星団付近をトリミング

今週末からは、またお天気が崩れそうなので、
まずまずの星空だったが、自宅撮影を決行。
しかし、アルカスイスのボールヘッドはフレーミングしやすい。
さすが価格だけのことはある。
こういうことも、効率的に撮影を進めるには大切なポイント。

秋の星空。
明るい星はないものの、撮影対象はあちこちに。
時間があっという間に過ぎてしまった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

来年のカレンダー「星空散歩2012」

0926

ちょっと早い気もするが、来年のカレンダーをGETした。
ツイッターのフォロアーさんがつぶやいていて、その存在を知った。
星景写真家の武井伸吾さんが制作された「星空散歩カレンダー2012」。

表紙を拝見して、思わず吸い込まれそうになった。
まさに「静寂」という言葉がぴったりの情景。
全体的にブルーを基調としており、見ていて心が穏やかになる。

当地も積雪地。(どちらかといえば豪雪地)
こんなロケーションに恵まれた場所はないが、
今冬は雪とオリオンをターゲットに撮影してみたくなった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

北アメリカ星雲~ペリカン星雲付近

Img_9224_2
2011.9.24 23h32m34s(exp.300s×2コマ,ISO800)
☆EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+LPS-P2
☆EF70-200mmF2.8L ISⅡ USM(200mm,F2.8※320mm相当<35mm判>)
☆EM-200(自動追尾)

気温10度。結構と身体が冷える。
赤道儀を覆うシートにはビッシリと露が付いている。

望遠ズームを使って、ようやくまともな写真が撮れた。
写真的に散光星雲の表現はまだまだだが、なんとかピントも合った。
ただ、他のコマのほとんどはピンぼけ状態だ。
ISを有効にしていると、誤動作することがあると何かで読んだので、
ちゃんとOFFにして撮影してみたが、ダメだった。
カメラレンズを真上に向けるような構図だと、
レンズの中で何かが動いてしまうのだろうか。
まあ、何にしても一歩前進ということで。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

季節はずれのワンショット(デネブ付近)

Img_9220

なんとか夜までお天気がもったので、
カメラレンズを夜空に向けてみた。
9月も下旬だが、天頂付近にはまだ夏の大三角。
空の高い位置を通るので、観望好機は長い。

EOS KissX2(改)にシグマ70mmマクロを組み合わせ、
さらに光害カットのLPS-P2フィルタを付けての撮影。
5分露出の1コマなので、散光星雲の写りはやっとの感じだが、
これが住宅街のベランダから撮影したというところに意義を見出したい。
もう少し遅い時間になり、周囲の部屋の電気が消されれば、
もっと写り具合は良くなる・・・ハズ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽面

Img_0040_2
20011.9.24 13h09m06s(exp.1/50s,ISO100) EOS5D Mk2+75SDHF+K25mm+減光フィルター(D5相当)+EM-200 (2コマ目は13h11m06s)

午後になって、ようやく晴れた。
ただし雲は多めで、日差しは柔らかな感じ。

太陽面が少し賑やかになってきた。
一頃はまったくのっぺりしていたが、
最近は大きくはないものの、目立つ黒点が次々と現れる。
昔、天文雑誌に掲載されていたような黒点写真を写してみたいものだ。

Img_0071
2011.9.24 13h18m12s(exp.1/10s,ISO100) EOS5D Mk2+75SDHF+MH12mm+減光フィルター(D5相当)+EM-200

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

今日の太陽面

Img_9999_2
20011.9.18 12h12m20s(exp.1/25s,ISO100) EOS5D MarkⅡ+75SDHF+MH12mm+減光フィルター(D5相当)

連休2日目。
新潟では夏の再来のようなお天気。
気温は33度を超えている。

休日出勤を終え、ウォーキングから帰ってきて、
すぐさま太陽に望遠鏡を向けた。
構図合わせ、ピント合わせをしていると、汗が目に入ってしみる。
周囲の明るさで液晶面のコントラストが低下し、
撮影状況が確認しづらい。

反面、九州・沖縄や西日本、東北では、台風、前線の影響もあって、雨が続いている。
これ以上の災害が拡大しないことを祈らずにはいられない。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

今朝の月(月齢17.7)

Img_9927
2011.9.16 4h16m20s FC-100+EM-200+EOS5D MarkⅡ+XP24mm(ISO100、モノクロモード)

三連休の前日。
今日、もう一日頑張れば・・・という気持ちがあったのか、早く目が覚めた。
反射的に外を見ると、まん丸かったお月さまがやや欠け気味。
南の空にはオリオン座とシリウス。

夜露に濡れた望遠鏡のカバーを取り去る。
西空から薄雲が押し寄せてきそうな雰囲気だったので、
手早く望遠鏡とカメラをセッティング。
数枚、シャッターを切った。

明日から天気は下り坂。
次はいつ、空に望遠鏡やカメラを向けることができるだろうか。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

雲間の中秋の名月

Img_0464_2

望遠鏡を出す気になれないような空模様だったので、
ちょこっと顔を出した雲間の月をズームレンズで狙ってみました。
ちなみに、ススキの画像は合成です。

「満月の中秋の名月」という記録写真でした。
しかし、イベント的な日には、ホントにお天気に恵まれない土地柄。
困ったものです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

ぎょしゃ座付近

Img_9192
2011.9.10 3h57m28s EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+SIGMA 70mm F2.8 EX DG Macro
+LPS-P2+EM-200(F3.2 exp.300s ISO800)

ひと頃に比べて夜明けが遅くなってきたとはいえ、
午前4時近くになると、薄明感が増してくる。
最後のショットと思い、木々の陰からようやく姿を現したぎょしゃ座にレンズを向けた。
この時間になってぎょしゃ座がようやく姿を現すということで、
いかに北東側の視界が悪いかがおわかりいただけると思う。

APS-Cカメラのため、70mmレンズとはいえ画角的には100mmオーバーとなってしまうので、
ぎょしゃ座の広さからすると、かなりキツクなる。
なので、中途半端な構図となってしまった。
もうすこし露出時間を増やしたり、コマを重ねたりすることで、
散光星雲もきれいに写り込みそうだが、それはまた次の機会に。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

プレアデス星団(M45)からヒヤデス星団(Mel.25)付近

Img_9190
2011.9.10 3h46m04s EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+SIGMA 70mm F2.8 EX DG Macro
+LPS-P2+EM-200(F3.2 exp.300s ISO800)

いや~ぁ、明け方、晴れてます。
これで月の撮影のみも含めると3日連続。
まあ、今日は土曜日だからまだいいけど。

今回の撮影ではLPS-P2フィルタを使ってみた。
いわゆる光害カットフィルタである。
いつもは3分露出をベースにしているが、
フィルタの影響も考慮して5分露出にチャレンジ。
正直、効果のほどがよくわからないが、ノーフィルタと比較すれば、
たぶん一目瞭然なのだと思う。

午前3時頃から1時間ほど撮影したが、
後半で使ったEF70-200mmによる撮影数コマ分が、なぜか全部ボケボケ。
ちゃんとピントを合わせたハズなのに。。。
また課題ができた。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

M31からM33付近

Img_9895_2
2011.9.9 2h38m(exp.180s,ISO800) EOS5D Mk2+SIGMA MACRO 70mmF2.8 EX DG(F3.2)+EM-200

例によって夜中に目が覚め、ふと空を見上げると星、☆、ホシ。
薄雲が南天を覆いつつあったが、数コマだけでもと思って撮影決行。

レンズはカミソリマクロとの異名を持つ、シグマの70mmF2.8。
ぐるりと見渡して、とりあえず雲の影響がなさそうな天頂付近に狙いを定め、
定番の構図、M31からM33付近を狙う。
両星雲がアンドロメダ座β星をはさんで、対峙している様子がわかる。
近くにはNGC752も見えている。

自宅からだと数少ない撮影チャンスを生かすことができる。
ただ、東側には木々が迫り、構図が限定されてしまうことと、
街中の光害がネックなのだが。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

今宵の月(月齢10.3)

Img_9880_3
2011.9.8 19h14m46s FC-100+EM-200+EOS5D Mk2+XP24mm(ISO100、モノクロモード)

雲が飛来する中、一瞬を狙ってのワンショット。
また何かの機会に必要になるかもしれないので、
シーイングなど無視しての撮影。

このところ比較的好天続きだったので、
もう少し気流も安定しているかと期待したが、
思ったほどでもなかった。

月ばかりでなく、もう少しいろいろな対象にレンズを向けたいのだが、
なかなかお天気と月齢の巡り合わせが悪い。
もっとも、今に始まったことではなく、慣れたところではあるが…(笑)。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

月齢8.3(今宵の月)

Img_9842
2011.9.6 19h00m30s FC-100+EM-200+EOS5D MarkⅡ+XP24mm(ISO100、モノクロモード)

帰宅途中、見上げると上弦過ぎの月。
まるで『写してください』と言わんばかりに南天で輝いていた。

帰宅して着替えもそこそこに、鏡筒をセット。
赤道儀を覆っていたカバーはまだ水気を含んでいる。
このところの雨で乾く暇もないのかもしれない。

カメラのファインダーを覗けば、シーイング悪。
拡大率をあまりあげずに、全体像を撮影。

さて、今夜晴れたら、週半ばだけど、星野撮影に出かけてみようか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

すげぇ星空

Img_9782_4

偶然、目が覚めた。半分、寝ぼけ眼。
必然、空を見上げた。
たぶん、台風の影響だろう。
雲は飛来するものの、秋の天の川がきれいに見える。
しかもなんと自宅で。
特に好きなとかげ座付近の天の川に、しばし見とれる。
これですっかり、目が覚めた。
慌ててカメラにレンズをセットし、自由雲台に載せてベランダへ。
とりあえず30秒の固定撮影。
ブログに載せたら、また外へ出てみようっと。
撮影データ:2011.9.4 1h40m(exp.30s) EOS5D Mk2+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8(24mm f2.8)+ISO1600

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »