« 比較明合成を初体験 | トップページ | 冬の星座と流星 »

2011年10月30日 (日)

二重星団からペルセウス座α星付近

Img_9306blog_2
2011.10.29 00h26m04s(exp.300s×4コマ)
EOS KissX2(IDAS DRS-SP改)+Sigma Macro70mm F2.8 EX DG(F2.8)
LPS-P2+GN-170+ISO800

レンズの写野をイメージしながら、1コマの中に写しどころをどうフレーミングするかを考える。
作画意図がボケることもあるが、うまくいく時もたまにある。
今回の構図は上側をもう少し左に振ったほうが、収まり具合が良かった。
改めて狙ってみたい。

| |

« 比較明合成を初体験 | トップページ | 冬の星座と流星 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

なかなかシャープな画像ですね。
星野にこだわる気持ちもわかるような気がしますね。

いやー、先日は失礼しました。
酔った勢いであやうくみんなで乱入するところでした。
撮影風景も一度みせてください。

投稿: ゆうじ | 2011年10月31日 (月) 23時39分

自宅で撮影できるというのはこの上なく便利ですが、
ご存じのとおり視界の遮りがあって、構図が決まってしまいます。
発展性を持たせるためには、対物レンズの焦点距離を選択して被写体を変えるしかありません。
このところX2改+カミソリマクロのパターンが増えていますが、
順次、いろいろなバリエーションを試してみたいと思っています。

我が家のベランダは生活空間と一体化しているため、乱入は難しいです。
そうならない程度にお酒をたしなんでください。

投稿: 星のおじさん | 2011年11月 2日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二重星団からペルセウス座α星付近:

« 比較明合成を初体験 | トップページ | 冬の星座と流星 »