« GN-170赤道儀をピラー脚に載せてみた | トップページ | SAMYANG 35mm 3本目にチャレンジ »

2011年10月24日 (月)

SAMYANG 35mmとレンズフードの話

Cimg0473_2

今日、再び交換したレンズが届いた。
これで3本目。果たして、三度目の正直となるか…期待したい。

ところで、無限遠でピントが出ないことともうひとつ、どうも気になっていたのが、
レンズフードを取り付けた時のスカスカ感。
もともと花形フードというのはあまり好きではないのだが、
加えて、きっちりと取り付けられた感が感じられないフードであるため、
ピント問題と相まって、妙に気になってしまっていた。

以前、コンタックスのレンズを使っていた時のこと。
そのレンズフードの存在感には十分過ぎるほど満足だった。
少し大げさではないかと思うほどのフードは、
「しっかりと遮光しているぞ!」というフードの存在意義を主張しているようにも感じられ、
以来、すっかりコンタックスメタルフードのファンになった。

ということで、このスカスカ感解消と花形フードからの脱却を狙って、
コンタックスのメタルフードを入手することにした。
対応表からNo.1か2か迷ったが、同スペックのDistagon35mmF1.4が
No.2であったことからNo.2をチョイスした。

使用する変換リングで77/86は対応レンズが少ないためか、かなりレア商品らしいので、
純正品ではなくUNブランドを選んだ。
そして、こだわり?のフードシステムが完成したのである。

フードはやっぱり丸形じゃなきゃ!というのは、
古い人間の考えなのかもしれないな~ぁ。

| |

« GN-170赤道儀をピラー脚に載せてみた | トップページ | SAMYANG 35mm 3本目にチャレンジ »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SAMYANG 35mmとレンズフードの話:

« GN-170赤道儀をピラー脚に載せてみた | トップページ | SAMYANG 35mm 3本目にチャレンジ »