« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

再びの降雪

Nec_0101

先週は降雪もほとんどなく、雪消えも進んだ。
晴れた日には、見事なまでの青と白のコントラストを見せてくれた。
しかしここにきての再びの降雪。
ただ、一時期のような降り方ではなくなってきている。
これも季節の変わり目へのステップなのだろう。
今週の週間予報は雪ではなく曇りマークが続く。

この週末は金星と木星と月のランデブーを楽しみにしていたが、
まったく晴れ間は望めず残念。来月下旬の再チャンスを楽しみに。

さて、そろそろベランダにピラー脚をセットする段取りを考えることにしよう。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

リアコンバータにヘリコイドを接続する

Cimg0576

ボーグのパーツにあれこれ思いを巡らせるようになって、
やってみたかったのが、「RC0.72×35」にヘリコイドを接続すること。

ペンタックスリアコンのカメラ側ネジはM49.8というペンタックス特有のサイズ…
と、思いながらボーグパーツのカタログを見ていたら、
カメラマウントホルダー(7000)の接眼側ネジが、まさにM49.8だった。

本来の使い方と逆に接続し、M57ヘリコイドDX(7758)との間をM57のメスメスアダプター(7458)でつなぐ。
メスメスアダプターが白塗装なので、黒続きの中のワンポイントが望遠鏡ぽくって?イイ感じ。

こういう風に、ボーグのパーツをあれこれ組み合わせて悦に入っているのを『ボーグ沼』と言うそうな。
まだ沼まではいかないが、どうも水たまりには足を突っ込んでしまったみたい^^;

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

75SDHFにNEX-5Nを接続する

Cimg0569

NEX-5Nを購入した目的のひとつが、月の撮影であることは以前書いた。
とすると、鏡筒だけでは500mmとやや焦点距離が不足なので、
どうしてもエクステンダーレンズを挟まなければならない。
それをどう接続したらいいのか、ちゃんと無限遠はでるのかが課題だった。

ペンタックスのネジやサイズの規格は独自のもので、あまり互換がない。
しかし同じようなことを考える人は大勢いるもので、
そういう先駆者の方々の試行錯誤を参考にさせていただいた。

まずペンタックス規格の60.2mm径をボーグで使われるM57に変換するアダプタを製作していただいた。
これにボーグパーツ7522をかませてTリングが付くようにして、そこにEOS用リングを接続。
その次に1.4倍のEFエクステンダーレンズを接続し、NEX-5NとはEOS-NEXアダプタを使用してつながった。

で、ちゃんと無限遠にピントが合うかどうかを確認。

0219

ということで、メデタシメデタシ。

これにさらに薄型のヘリコイドを挟み込んでみようかと、現在、画策中。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

日曜の午後

Dsc00078

冬型の気圧配置が緩み、青空がのぞいた午後。
家の前の雪片付けも一段落したので近所をブラブラ。

週間予報にも、ようやく太陽のマークが現れるようになってきた。
昼間の時間も冬至の頃に比べて、1時間半ほど長くなった。
ゆっくりではあるが、季節の移ろいが感じられる。

とはいえ、積雪はまだまだ3m近い。
もう少し確実に季節が進み、
早くベランダに赤道儀を設置したいもの。

Dsc00090_2

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

青空のあとに・・・

Nec_0094

恒例の昼休みウォーキング。
いつもの場所でカメラを構える。
出かける前にイメージしていた光景が、そこに広がる。
一見すると早春の風景だが、この青空のあとにはもう聞き慣れてしまった
『この冬一番の寒気が・・・』降りてくるという。

ここ数日は落ち着いたお天気だったが、
気温が低かったので、積雪はさほど減ることはなかった。
今週末の寒波で、またどれほど上積みされるのだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

トーキョーキャラメルロールプレミアム

Dsc00074

テレビ朝日の「シルシルミシルさんデー」で、東京土産のお菓子NO.1に選ばれたのが、
このトーキョーキャラメルロールプレミアム(TOKYO CARAMEL ROLL PREMIUM)。
販売はロールケーキ専門店の「ARINCO(アリンコ)」。
アリさんも喜ぶロールケーキというのが店名の由来らしい。

東京駅一番街のおみやげプラザにある「ARINCO」のお店で売っている。
覚悟して行ったところ、やはり10人ほどが並んでいた。
マスメディアの力ってスゴイと改めて思う。

面白いことに、女性は1人だけで後は私も含めて全部男性。
奥様や彼女から『買ってきて!』と頼まれて並んでいるに違いない。
しかもこの時は全員が、このキャラメルロールプレミアムを選んでいた。

実食すると、生地のモチモチ感が他のロールケーキとは絶対的に違う。
それに、これでもかというほど生クリームを使っているのに、
しつこくなく、ほどよい甘さである。
テーマは『5秒後の至福』。ナルホド。
妻と二人であっという間に完食。(だって、やや小ぶりだし…^^;)

1本2,800円。
プレミアムと銘打っているので仕方ないのかもしれないが、
外箱はもう少し簡易包装でいいので、その分お安くなると嬉しい。
今度は「塩キャラメルロール」と食べ比べてみたい。

持ち運ぶ途中で動いてしまったらしく、
かかっているキャラメルソースの一部が外箱にくっついてしまった。
完全な形を写真に残せなくて残念。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

爆弾おにぎり(in越後湯沢駅)

011

越後湯沢駅構内の売店、ぼんしゅ館雪ん洞(ゆきんと)で販売されている『爆弾おにぎり』。
すでにいろいろなブログなどで紹介されている一品なので、ご存じの方も多いと思う。

とにかくデカイ。
1合の熱々ごはんを、お店の方が目の前で上手ににぎってくれる。
塩をまぶす時は、高いところからふりかけるパフォーマンス。
1枚の海苔からはみ出しそうな感じ。
添えられている漬物の味もイイ。

お店の中でも食べられるが、今回は持ち帰り。
手に持って歩いていると、ご飯が海苔と馴染んだいい香りが漂ってくる。

013

具はしゃけ(600円)を選択したが、味噌系も美味しい。

実はこれに輪をかけた『大爆おにぎり』というのがある。
4合のおにぎりなのだが、食べきった人の写真が店内に掲げられている。
お米も具も美味しいしので、食べて食べられないことはないと思うのだが、
その後のことを考えると、いつも躊躇してしまう。
もう少し若い頃に出会いたかった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

CP+2012へ行ってきました

CP+(シーピープラス)へ行ってきました。
みぞれ混じりだった昨年とは違って、今年は良いお天気。
日本海側の住人にとっては、この青空がうらめしい(うらやましい)。

016

桜木町駅から歩きます。
動く歩道もありますが、乗りません。
なにせ、『ホシミストウォーカー』ですから。

018

10数分で会場入口に到着。
昨年はここでカメラを構える人は少なかったけど、
今年は結構いました。

032

昨年も書きましたが、こういう写真を写しに行ったわけではありません(笑)。
でも、きもの姿って、インパクトあるというか、ここだけ別世界というか…。

022

予想はしていましたが、今年はかなり金環日食グッズがディスプレイされていました。
ここはフィルターで有名なマルミさんのブース。
ND-100000ということは10万倍ですね。

035

ケンコートキナーさんのブースでも、こんな感じ。
この日食メガネ、結構ウケるかも。

038

トーストテクノロジーさんのブースでは、
TOAST-Proとジンバル雲台を組み合わせた展示。
こういう場で見ると、かなりカッコイイ感じがします。

040

昨年のイチオシ?だった微動雲台Dish-2は、今年も参考出品のままでした。
皆さん、お忙しそうだったので、あえて発売時期は聞きませんでした。

045

ちょっと目の保養に、Distagon(ディスタゴン) 35mm F1.4。
やはり質感が違います。星の撮影に使ってみたい…。
そうそう、コシナさんのブース、ものすごく高級感にあふれ、シックな感じでした。

046

話題の『ビクセン ポラリエ』。
底辺を広げるべく、星ガールとかいう人たちを発掘しようというコンセプト?

047

おっ?と思ったのが、新発売となる微動雲台。
でも、隣の極軸望遠鏡にピントが合ってしまった^^;

052

最後に、横浜らしいワンショット。

個人的な趣味のブースだけを駆け足で回ったCP+2012でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

新機材:ミラーレス一眼 NEX-5N

Cimg0566

ネットであれこれ検索して情報収集していると、
ついついポチっとしたくなってしまうのが悪いクセ。
とわかっていながら、案の定やってしまった^^;

まあ、衝動買いではなく、少し前から目を付けていたミラーレス一眼。
ソニーのNEX-5Nボディと18-55mmのズームレンズ。
35mm判換算だと27mmから80mmほどになるので、広角から中望遠。
新品ではなく、中古の美品をGET。

手にして感じたのは、ホールド感の良さ。
これがコンパクトデジカメとの一番の違い。
ボディの薄さとレンズを付けた時の軽さもホールド感の良さをアップさせている。
撮像素子がAPS-Cサイズ、最大ISO25600、1610万画素などなど、魅力あるスペックが並ぶ。

メインターゲットは月面を想定。
ミラーレスなのでブレも押さえることができる。
また、オートHDR(ハイダイナミックレンジ)も試してみたい機能。
1枚撮りとどれくらいの差が生じるのか。

月面ターゲットといいながらも、当然、星野撮影にも使うつもりなので、
高感度でありながらノイズが少ないという評価があったのも嬉しいところ。
さて、星にしろ月にしろ、被写体が目の前に現れる晴れ間はいつのことになるのだろうか。

Dsc00024
我が家の前の道路をNEX-5Nで撮影(ISO3200)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

今宵の月(月齢13.2)

Img_1209
2012.02.05 21h22m04s(exp.1/200s,ISO100)
75SDHF+EXTENDER EF1.4×III+EOS KissX4+EM-2(K-ASTEC AGS-1L改)
FL=700mm,F=9.3

薄雲が飛来する中、なんとか月の写真を撮影。
GPV気象予報によれば、日付が変わる頃にはもう少しちゃんと晴れそうだが、
とてもそんな時間までは起きていられない。
ブログを見返してみると、昨年の大晦日以来、つまり今年の初撮影。
思い返せば1月中は雪・雪・雪だったもんな~。

ただ、気象予報士さんのブログを拝見すると、
この寒冬傾向、2月いっぱいは続くらしい。
とはいえ、立春も過ぎたこの頃、
三寒四温であることを願わずにはいられない。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

春立つ日

Nec_0083

続いた降雪も今日は一段落。
時折青空ものぞく立春となった。
市内のあちこちでは、雪片付け作業に励む人々の姿。
春のカケラを探すのはまだまだ難しく、来週半ばにはまた寒気の流入とか。

たぶん、生まれて初めて足の指がしもやけになった。
歳をとって血の巡りが悪くなったのか、それともそれだけ今冬が寒いのか。
ウォーキング時の若干の違和感が、やや困ったちゃんではある。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

つかの間の降り止み

Nec_0081

昼休みに合わせるかのように雪が降り止んだ。
早速ウォーキング。
画面ではわかりにくいが、右手側から日が差し、青空もわずかに見えている。

1月18日の記事と同じ場所だが、
あれから2週間で左側の雪の量が格段に増えた様子がわかる。
部屋の中で感じる日差しは暖かだが、
一歩外へ出れば風も冷たく、歩いても身体は温まらなかった。

明日は節分。そして明後日は立春。
春のひとかけらでも見つけることはできるだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »