« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

月齢8.8

Img_0085
2012.06.28 20h14m59s(exp.1/30s,ISO100)
FC-100+EXTENDER EF1.4×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1120mm,F=11.2

今夜も上弦過ぎの月が輝く。
ただ、雲の占める割合が日を追うごとに増してきている気がする。
梅雨のさなか、こんなに晴れ続けて良いものなのだろうか。

夕食後にウォーキング。
そして帰宅後に月面撮影。
いったん寝て、夜中に目が覚めると星野撮影。
というのがこのところのパターン。
まさにホシミストウォーカーの面目躍如^^

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

月齢7.8

Img_0063
2012.06.27 20h27m39s(exp.1/30s,ISO100)
FC-100+EXTENDER EF1.4×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1120mm,F=11.2

今日は夜に会議があり、月面撮影はできないと思っていたが、
意外と早く終わったので、一目散に帰宅して撮影モードに。
しかし、雲の飛来が頻繁となり、20コマほど撮影した時点で月は雲の中へ。
中途半端な撮影タイムとなった。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

いるか座・や座からアルタイル付近

Img_1303
2012.06.27 02h22m42s(exp.300s,ISO800)
EOS5D MarkII(SEO-SP3改)+Sigma MACRO 70mm F2.8 EX DG (F3.2)+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)【星ナビ・2012年10月号掲載】

この時期、結構晴天が続く。
したがって、寝不足状態も続いている。
今朝方も条件反射的に目が覚め、またまた撮影モード。
いやいや、贅沢は言うまい。
曇天・雨天が続くよりも、よほど良いのだから。

それにしても露出中に飛行機が往来し、写野に入り込んでくる。
流星ならば許せるのだが…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

北アメリカ星雲付近

Img_9891_3
2012.06.25 02h20m29s(exp.482s×2コマ,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma MACRO 70mm F2.8 EX DG (F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

不思議と午前2時過ぎに目が覚める。
必然的に外を見上げると、待ってました!とばかりに星が輝きを増す。
さらに撮影したいという必然が生まれ、結果、赤道儀のカバーを外して、
撮影態勢に入る。

月や太陽と違って、1コマの露出時間が長い。
露出をしながら次の構図は・・・と考えてみるが、
ふと気づくと今日は平日。ゆったりと撮影態勢を続ける状況にはない。

とりあえず定番の構図を1~2箇所撮影して、後片付け。
ベッドに入り、早く寝なければと思うが、
どう画像処理をしようかなどと考え始めると、なかなか寝付けない。
結果、中途半端な睡眠で朝を迎えることになった。

今夜もいまのところ、まだ晴れている^^;

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

夏の大三角

Img_1288mix
2012.06.24 02h27m49s(exp.300s×2コマ,ISO800)
EOS5D MarkII(SEO-SP3改)+Samyang 35mm F1.4 (F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

夜中に目覚め見上げると、星たちが「何で撮影しないの?」と語りかけてきた。
それほど良い状態の空ではないが、天頂付近には夏の大三角。
夜露に濡れた赤道儀カバーを外してカメラをセットし、撮影開始。
今シーズン初の星野写真撮影。

ところが2コマ撮影し終わった頃から、妙に空のコントラストが落ちてきた。
どうも薄明が始まったようだ。思えば21日は夏至。
今年ももう間もなく折り返し地点となる。

Img_2496
昨夜の三日月。(夏の大三角との脈絡はないが^^;)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

6月13日の太陽面(まとめ)

なかなか晴れないので、6月13日に撮影した太陽面をまとめて一コマにしてみた。

0623

左側が太陽の全景、右下が黒点部分を切り取ったもの、
そして右上が黒点の中でも一番の見どころを切り取ったものだ。
ネタがない時は、なかなかブログの更新も難儀ではある^^;

今日は久々に太陽が顔を出したものの、
太陽面には黒点がなく、のっぺりした状態となっている。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

不思議な形の雲

0619_2

台風4号が接近する中、午後3時過ぎの空。
「面白い形の雲がある」と口々に声が上がり、
窓から外を見ると、確かに。。。

妙に立体感のある雲。
前線が近づいているとすれば、巻積雲(うろこ雲)だろうか。
しばらくして再び見上げると、その形はかなり崩れてしまっていた。
ほんの10分~15分のことだったのか。

どなたか詳しい方がいらっしゃったら、この雲の名前(種類)をぜひ教えていただけないだろうか。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

「キリンの泡」って知ってます?

偶然にコンビニのショーケースで見つけて買ってみた。
商品のコンセプトも知らぬまま飲んでみると、結構、口当たりもよく飲みやすい。
ウォーキングの後の風呂上がりなどには、格好の飲み物だ。

商品レビューを読んでみた。
・自宅ではあまり飲まない
・お酒は付き合いで飲む程度、ひとりでは飲む必要性を感じない
・代わりに飲んでいるのは炭酸飲料
・飲むタイミングは食後や風呂上がりなどのくつろぎ時
こういった人に適した飲み物らしいが、まさに自分のこと(笑)。
これからの季節、冷蔵庫を開ける楽しみが増えた。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

今日の太陽面

Img_9540
2012.06.13 12h23m53s(exp.1/160s,ISO100)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)+D5Filter
FL=1000mm 合成F=13.3

昼休み。
いつものようにウォーキングに出かけようとしたところ、空は久しぶりの青い空。
このところ晴れてはいたものの、雲やモヤが漂うような空だった。

急に気が変わって車に乗り込み、そのまま自宅へ直行し、バタバタと太陽を撮影。
そこそこの黒点が出ていたのを事前にチェックしていたのもきっかけとなった。
比較的気流も安定していたと思う。

撮影を終えて鏡筒とカメラをしまい、そのまま何食わぬ顔で午後の仕事へ戻っていったのであった。

Img_9567_2
2012.06.13 12h29m54s(exp.1/50s,ISO400)
75SDHF+Or18mm+EOS 60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)+D5Filter
(黒点付近をトリミング)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

休日ウォーキングの情景

Nec_0204

梅雨入り。
ウォーキングの途中で鉛色の空から雨がポツポツ。
一日に数本しか運行のない単線のローカル線で、列車に遭遇。
空の色が暗い分、雨に濡れた緑がいっそう鮮やか。

幹線道路では、文金高島田姿の花嫁を乗せたマイクロバスとすれ違う。
そうか、ジューンブライドか。お幸せに・・・。
で、何で6月の花嫁は幸せになれるんだっけと帰宅後に検索。
えっ?女神ヘーラの加護を受け続けられるから?
ヘーラってあんまりいい印象ないんだけどな(笑)

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

月齢16.7

Img_2378
2012.06.07 01h05m37s(exp.1/80s,ISO100)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS KissX4+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1000mm 合成F=13.3

夜中に目覚めると、3日前、あれほど待ち焦がれ続けたお月さまが、
何事もなかったかのように南天で輝いていた。
そろそろ梅雨入りのカウントダウンも始まりそうな週間予報だったので、
バタバタと準備して撮影。
家族にはきっと迷惑だろうな~ぁ^^;

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

まだ金星は通過中ですが・・・

Dsc00225

早朝からずーっとこんな空。
現地に到着した午前5時30分頃には太陽が一瞬、顔を覗かせたけど、
その後、雲は厚くなる一方。
西側に青空が見えていたので、往復で2時間ほど車を走らせてみたが、
状況は変わらなかった。
休暇は午前中だけなので、やむなく帰宅。

部分月食に続いて2連敗。
このところ狙った天文現象はお天気に恵まれていたので、脱力感が著しい。
午後の仕事復帰がツライところ^^;

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

お月さま…見えず

Img_9514

天気予報がまずまずだっただけに期待していたが、
案の定、GPV気象予報が的中して曇り空。
天頂近くに星(たぶんアークトゥルス)がひとつ見えるだけ。
それでも20時30分過ぎに「月のありか」だけ確認できた。

1時間前に現地に到着しながら致命的な忘れ物に気づき、
組み上げた赤道儀などをバラし、車に積み直していったん帰宅。
忘れ物を手にして現地に戻ると、既に食が始まる15分前。
慌てて機材を再度セッティングとバタバタした数時間だったが、
結局徒労に終わってしまった。

2日後は晴れるだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

今日の太陽面

Img_2350
2012.06.02 10h16m55s(exp.1/125s,ISO100,グレースケールに変換)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS KissX4+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)+D5Filter
FL=1000mm 合成F=13.3

お天気も少し回復してきたので、前の記事を受けて太陽面を撮影。
ねっ!結構、ポチポチと賑やかめに出てるでしょ?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録:水星の太陽面通過(1993年11月6日)

19931106
1993.11.06 13h33m31s(exp.AUTO,フジカラーG100)
FC-100(50mmに絞る)+Or12mm+ND400+OM-4+EM-200
(※ネガ→スライド→スキャン)

昨夜、ハードディスク内を見ていたら、懐かしい画像を見つけた。
1993年11月6日に起こった水星の太陽面通過の様子。
ステラナビゲーターで調べたら、当時の水星の視直径は10秒だった。
今回の金星は58秒もあるので、約6倍の大きさ。
なんか、肉眼でも十分に見えそうな気がしてきた。
現在太陽面には、大きくはないもののポツポツと結構な数の黒点が出現している。
これに金星が加わると、さらに賑やかな感じとなりそう。

当時、OM-4で月面を自動露出で撮影する手法が流行って?いたので、
太陽でもうまくいくかと、ぶっつけ本番で撮影してみた。
確か1本目のフィルムが終わり、
冷蔵保存してあった2本目のフィルムを常温に十分馴染ませないまま、
カメラに装填して撮影したうちの1コマという記憶がある。

今朝更新されたGPV広域予報では、6月4日も6日も、
新潟県内のその時間帯は、比較的お天気がよさそうな雰囲気。
詳細予報が発表された時に、どう変化していくか注目したい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

月齢11.5

Img_2305
2012.06.01 21h01m37s(exp.1/50s,ISO100)
FC-100+EXTENDER EF1.4×III+EOS KissX4+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1120mm,F=11.2

月が満ちてくるにしたがって、ソノ日が近づいてくるが、
全国の週間予報を見ていると、梅雨入りも南から近づいているのがわかる。
今のところ北へ行くほどお天気は恵まれそうだが、果たして北陸地方はどうなるか。
まあ、部分月食はほんのちょっぴり欠けるやつが来年4月にもあるし、
その1年後には皆既月食(月出帯食)もある。
でも、金星の太陽面通過は、もう生きている間に見られないしな~ぁ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »