« はくちょう座の散光星雲 | トップページ | 100mmレンズによる夏の小星座4態 »

2012年7月16日 (月)

いるか座

Img_9897_2
2012.07.16 00h25m33s(exp.301s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+EF100mm F2.8L (F2.8)+PRO1D プロソフトンA(W)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

いったん寝てはみたものの、どうも外が気になってベランダへ出てみると、
案の定、星が輝いていた。
部屋着のままでも寒くなく夜露もさほどつかず、一番イイ時期かもしれない。
撮影のかたわら見上げていると、比較的、間を置かずに流れ星が飛ぶ。
7月・・・いよいよ流星シーズンの到来。

ところで、このキヤノンの100mmF2.8Lマクロレンズ。
ピントがきちんと合うと、非常にフラットでシャープな像を結ぶ。
ただ、今のところ歩留まりが悪く、ジャスピンは5割程度。
自分では都度、きちんと合わせているつもりなのだが…^^;

| |

« はくちょう座の散光星雲 | トップページ | 100mmレンズによる夏の小星座4態 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

非常に美しい星野写真ですね。
いるか座といえば新星を思い出しますが、歳がばれてしまいますね。
いるか座新星が出現したときは私が天文に興味を持つほんの少し前だったので写真がありません。1968年でした。

ところで星ナビ入選おめでとうございます。北限界線に遠征した甲斐がありましたね。

投稿: まるひ | 2012年7月17日 (火) 10時37分

お目に留まり、光栄です。
マクロレンズは無理のない設計のものが多く、
MTF曲線を見ても高い数値を示しています。
Sigmaの70mm(カミソリマクロ)なんかもそうですが、
このEF100mmLマクロもとってもいいレンズだと思います。

いるか座の新星、そういえばそんなこともありましたね。
私も星に興味を持つ前の出来事でしたので、
後になって耳学問として知っているのみです。

雑誌入選は超久しぶりです。
まあ、日食特需のようなところもありますが…^^;

投稿: 星のおじさん | 2012年7月17日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いるか座:

« はくちょう座の散光星雲 | トップページ | 100mmレンズによる夏の小星座4態 »