« 心和む瞬間 | トップページ | 地球照(ちきゅうしょう) »

2012年10月20日 (土)

冬の星座とオリオン座流星群

Img_1353_2
2012.10.20 02h06m19s(exp.301s,ISO800)※流星出現時刻は不明
EOS5D MarkII(SEO-SP3改)+Samyang 35mm F1.4 (F2.8)+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

「流星とは見ていると流れず、ちょっと目を離すと流れるものである」
寒さに耐えられなくなり、ベランダから一時待避した1~2分の間に
写野を流星が横切ってくれた。

調べて見ると、どうもオリオン座流星群の輻射点方向から流れたようだ。
しかし、写野が賑やかすぎるので、画面の端っことはいえあまり目立たない流星の存在ではある。

ついでにもう1枚。

Img_1356_2

「オリオン座と周辺の星々」というタイトルにしようかと思ったら、
ベテルギウス近傍を流星が通過。これも輻射点方向からの飛来。
今年のオリオン群は、結構、飛んでいるのかもしれない。

| |

« 心和む瞬間 | トップページ | 地球照(ちきゅうしょう) »

記録・観測」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今朝もすばらしい星空でしたね。
この週末も観測三昧になりそうです。

さて、おうしとぎょしゃのあいだって、暗黒部分があるんですね。
見れば見るほど不気味な感じがします。
この辺りをアップするのもおもしろそう。

投稿: ゆうじ | 2012年10月20日 (土) 08時14分

おはようございます。
メチャメチャ寒かったですね。
もう少し空の条件の良いところで撮影したいのですが、
熊が恐くて実行できません。

ところで、
天文ガイドのコメットファイル、拝見しました。
新機材が順調に動き出したようですね。

投稿: 星のおじさん | 2012年10月20日 (土) 08時45分

天ガですが、あれって旧機材です。
とりあえず復活の反転攻勢の狼煙ってとこです。
新機材では、来月から本格参入の予定?です。

コメットファイルも、昔、常連だった頃よりハードルは上がってます。
最近は、載せてもらうには、モノクロだと数十枚のコンポジットをし
ないと難しくなりました。
でも、この時代にまだモノクロの画像の応募が少なくないので、ワン
ショットカラー冷却CCDで参入することにしました。

何の成果もあがらない超新星捜索の合間に、好きな彗星のカラー画像
を楽しむついでに、一稼ぎをして40cmでも買いたいっす。

投稿: ゆうじ | 2012年10月20日 (土) 15時24分

それは失礼しました。
コメットファイルに復活?されたものですから、
「おっ、新機材の稼働だな」と思い込んでしまいました。

しかし、冷却CCDの関係用語というのはチンプンカンプン。
もうちょっと勉強して、いずれはとは思っているのですが…。

投稿: 星のおじさん | 2012年10月22日 (月) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の星座とオリオン座流星群:

« 心和む瞬間 | トップページ | 地球照(ちきゅうしょう) »