« 月齢18.6 | トップページ | 今日の太陽面 »

2012年10月 8日 (月)

執念の1枚?と今宵への期待

Img_0721_3

昨夜、GPV気象予報をチェックすると、
我が家で月面の撮影ができる時間帯になる頃には雲量ゼロの快晴予報。
期待しながら午前4時前に目覚まし時計を合わせて就寝。

目覚ましが鳴り出す5分前に起床。
ところがベランダへ出ると一面の薄雲。
その雲越しに月は見えている。
ただ、撮影できるような空の状態ではなかったので、
諦めてそのままウォーキングへ突入。

歩き始めて5分ほど。
自分の影が妙に濃くなったことに気づいて見上げると、
先ほどまでの雲はどこへやら。
月周辺は快晴状態^^;
ありゃ?と思ったがそのままウォーキングを続行。(これが判断ミス)
30分コースに短縮して、早々に帰路へとつく。
時々確認のため見上げるが、下弦の月は煌々と輝いている。

撮影の段取りを考えながら、家まで5分のところへ差し掛かる。
見上げると、またいつの間に発生したのか薄雲が月を覆おうとしている。
そして、家の前に到着した時には、月はまたまた薄雲の中へ。
その後、5分おきにベランダで確認するが、月は常に薄雲に覆われている状態。

周囲が次第に明るくなってきて、撮影も難しくなってきた午前5時30分過ぎ。
確認すると、雲間が少しずつ見えてくる。
せっかくなのでと望遠鏡をセット。
ところが雲間は月の周辺ばかりを通過し、月は常に雲の中。
が、午前5時40分。
ついに月が全景を現す。
その瞬間を狙って撮影した中の1コマがこれ。
普通の月面撮影のハズなのに、まるで日食撮影のような緊迫感?
バックグラウンドが明るくなり、コントラストが落ちてしまっているが、
ネタ切れ状態なので、ブログアップ^^;

さて、今夜20時頃は10月りゅう座流星群(昔のジャコビニ流星群)の極大。
最新のGPV気象予報で当地は快晴の予報。
たくさん流れる予想がされているわけではないが、突発出現ということもありうる。

ハレルカナ?

| |

« 月齢18.6 | トップページ | 今日の太陽面 »

記録・観測」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執念の1枚?と今宵への期待:

« 月齢18.6 | トップページ | 今日の太陽面 »