« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

半影食開始前の満月と半影食が最も深くなった満月

Img_1404_1428_3
共通データ:2012.11.28 exp.1/320s ISO200 75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 60D
赤道儀:食前…EM-2(AGS-1L改),食中…EM-200(AGS-1X改)

ブログの写真を見た方から、「満月と比べないとわからない」
と指摘を受けたので並べてみた。

左側の半影食が始まる前の満月は、
東側が開けたポイントまで赤道儀やカメラを持って出かけての撮影。
案の定、我が家から満月が見えるようになったのは、
食が始まってしばらくしてからの21時30分過ぎ。
食が進むと、意外?にも肉眼で食の状態がわかった半影食だった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

食甚の頃

Img_1430
2012.11.28 23h33m38s(exp.1/320s,ISO200)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1000mm 合成F=13.3

半影月食でも「食甚」という言い方をするのだろうか。
もっとも深く半影に入り込んだ時間のお月さま。
マイナーな天文現象だが、これだけきれいに晴れたのも久しぶり^^

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

半影月食ing

Img_1416
2012.11.28 23h14m37s(exp.1/320s,ISO200)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1000mm 合成F=13.3

とりあえず1枚。
肉眼でも暗くなっているのがわかる。
半影前の満月と最も深い半影状態の月の比較写真も、後ほど載せる予定。
しかし寒いっ!!確かに氷点下。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

金星と土星の接近(1日後)

Img_1389
2012.11.28 04h48m30s(exp.3.2s,ISO400)
EOS60D+EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F2.8)、固定撮影

結局、最接近の昨日は冬型の気圧配置で雨や雪にたたられ、
記録することはできなかった。
今朝は晴れ間に恵まれそうなGPV気象予報だったので、
目覚まし時計をいつもより45分早くセット。
季節感を出すために、ちょっとだけ構図にも凝って?みた。

ステラナビゲーターで調べてみると、今日の離角は約1度。
つまり昨日には、この半分くらいにまで近づいていたことになる。
それにしても、わずか数日でその位置関係がかなり変わるものだ。

さて、今夜は半影月食。
いまのところ晴れ間に恵まれそうだが、果たして…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

金星と土星の接近(2日前)

Img_1372_2
2012.11.25 05h06m03s(exp.3.2s,ISO800)
EOS60D+EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F2.8)、固定撮影

27日の朝、およそ0.5度にまで接近する金星と土星。
今朝はまだ2.5度ほど離れていたが、
GPV気象予報で晴れ間ありとあたりをつけ、目覚まし時計をセット。
時間にして20分ほど雲が切れて、両星が接近した様子を見ることができた。
マイナス4.0等級の金星に対し、0.7等級の土星。
土星も単体ならば十分に明るいのだが、
さすがに金星との比較では見劣りがしてしまう。
とはいえ、この2つの惑星が月の直径ほどにまでに接近する様子は、
見応えがあるに違いない。
お天気はこの後、週の半ばにかけては下り坂だが、
果たして当地でも望むことはできるのだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

プレセペ星団からししの大がま付近

Img_0191
2012.11.19 04h43m47s(exp.120s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE(F2.8)+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

お天気にも恵まれずネタ切れ状態なので、
少し前に撮影したコマから、春の星空をご紹介。

この時期、夜明け前の空には、春の星座がオンパレードとなる。
西に傾いた冬の星と比べ、確かに春の星座は地味だ。
ただ残念ながら、我が家からはまだしし座の全景を見ることはできないので、
プレセペ星団のあるかに座とししの大がまを中心にフレーミングしてみた。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

小雪の月(月齢8.5)

Img_1327_2
2012.11.22 19h46m56s(exp.1/40s,IS200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

今日は二十四節気の「小雪(しょうせつ)」。
北国からは既に初雪の便りも届いているが、
当地も標高の高いところでは先日、雪が降ったものの、
平地ではこれからが本番。
土曜日には雪だるまのマークが付いている。

GPV気象予報で、夜半前は快晴が望めたので期待していたが、
撮影を始める頃には、昨夜と同じくまた薄雲が飛来し始めた。
大気の揺らぎもひっきりなしだ。
気流の安定していた秋の頃が懐かしい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

月齢7.5

Img_1280
2012.11.21 18h18m17s(exp.1/40s,IS200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

久々の月面。
ところが、薄雲に覆われていたうえ、シーイングも悪かった。
ブログに載せるかどうか迷ったが、ネタ切れ状態なのでご容赦を。
月縁部分がぼんやりしているのは、薄雲のため。

それにしても寒かった。
赤道儀も鏡筒も冷たいことこの上なし。
だんだん撮影環境も厳しさを増してきたこの頃。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

夜明け前の西空

Img_0186_2
2012.11.19 04h34m48s(exp.150s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE(F2.8)+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

GPV気象予報を信じて午前4時過ぎに起床。
ベランダへ出ると、明るい冬の星座たちは西へと傾いている。
それにしても寒い。足下は凍りっぽくなっている。

滑らないように気をつけてセッティングして撮影開始…
と思ったら、西空から一気に雲が押し寄せてきた。
もう30分、早く起きるべきだったか。
どうしようかと迷ったが、折角準備したのでそのまま続行。
あわよくばしし座流星群の末裔でも流れないかと思ったが、
やはり甘くはなかった。

これからの季節、一瞬の晴れ間を狙った撮影態勢が続く。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

ぎょしゃ座の散光星雲と散開星団

Img_0177_2
2012.11.16 23h19m50s(exp.482s×2コマ+361s×2コマ,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM (F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改),GT-40+Lodestar+PHD Guiding

散光星雲はIC405と410。散開星団はM36とM38。
フレーミングを誤ったため、散開星団M36が写野ギリギリに。
総露出時間は28分ほどになるが、透明度もあまり良くなかったので、
散光星雲の描写がイマイチ(イマニ?)。
次の機会には…と言いたいが、いつ晴れるのだろうか。

今日は、いつもコメントをくれるゆうじさんが来宅し、
ひとしきり撮影談義に花を咲かせた。
同好の士との会話は、刺激になっていいものである。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

遠景に冬を感じつつ

Ncm_0105

昼休みウォーキングも、お天気の影響でその機会が少なくなってきた。
しかしたまの晴れ間には、こんな心和む遠景に恵まれることもある。
この「白」が平地に降りてくるのも、もう間もなく。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

三ツ星と小三つ星

Img_0182
2012.11.17 00h03m02s(exp.360s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM (F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改),GT-40+Lodestar+PHD Guiding

月のない週末。
久しぶりの晴れ間かと思いきや、
かなりの薄雲の覆われていて、天然のディフュージョンフィルター状態。
ものの見事に星像が肥大化した。

午前0時の気温は3度。
吐く息は白く、機材は夜露で濡れまくり。
残念ながら、撮影日和とはならなかった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

欠けていない?太陽とこれからの皆既日食

Ncm_0100

今朝、テレビをつけるとケアンズ日食のライブ映像が飛び込んできた。
流れる雲が皆既直前の太陽を覆うという、なかなかスリリングなシーンの連続ではあったが、
画面にはダイヤモンドリングやコロナ、そして鮮やかなピンク色のプロミネンスが写し出された。
Twitterでも現地からのつぶやきが投稿されていた。

その後、職場に出勤して窓の外を見ると、
雲の切れ間から欠けていない?太陽が顔を覗かせた。
ケアンズでは、時間的にまだ部分日食継続中のはず。

本当はオーストラリアの地に足を運びたかったのだが、
海外遠征2戦2敗の身としては、日の出直後の晴天率に不安を覚え、
参加に二の足を踏んでしまった。

この後の皆既日食はと調べると、
☆2013年11月3日…大西洋~アフリカ中部
☆2015年3月20日…北大西洋~北極海
☆2016年3月9日…インドネシア~太平洋
と、なかなか遠征にも容易ではないエリアが続き、
そして皆既帯がアメリカ大陸を横断する2017年8月22日の皆既日食となる。
狙い目としては、これかなと今のところは思っているが、
まだ5年弱も待たなければならない。

何にしても、とにかく一度は「黒い太陽」を生で見てみたいもの。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

カリフォルニア星雲(NGC1499)

Img_0169
2012.11.12 22h41m40s(exp.480s×2コマ+360s×2コマ,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM (F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改),GT-40+Lodestar+PHD Guiding

昨夜、GPV気象予報を見ると22時過ぎには雲が切れそうな気配。
虎視眈々と狙っていると、次第に晴れ間エリアが増してきた。
しかし広角系レンズを使える感じではなかったので、
ふと思い立ってSigmaの150mmレンズをチョイス。
合わせて、久しぶりにLodestarを使ったオートガイドを試みた。

空の透明度はあまり良くない上に雲が次々と飛来し、
撮影自体はバタバタとした感じで進行。
とりあえず雲の影響を受けにくいエリアのカリフォルニア星雲を4コマ撮影してみた。

さて、今夜からは西高東低の気圧配置と寒気の南下。
まだ雪は降らないとは思うが、いつ降ってもおかしくない季節の到来である。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

月と金星とスピカと

Img_1241_2
2012.11.12 05h41m24s(exp.0.5s,ISO400)
EOS60D+EF24-105mmF4L(70mm,F4)、固定撮影

いつも書いていることだが、
我が家からは東の空の視界がまったく遮られているので、
月曜日の朝の慌ただしい時間帯ではあるが、車を5分ほど走らせた。

しかし雲の飛来が頻繁で、
なかなか三者がそろい踏みをしない。
『あの雲の隙間がきたら…』
と時計を気にしながらそのタイミングを待った。
そして5時40分過ぎにようやくその時が。

あと2日後にこの細い月が太陽と重なり、
オーストラリアの地にその影を落とす。
行きたかったな~。

追記(11月12日夜)
いま、太陽面で黒点が賑やかだ。
特に大きなものはないが、あちこちに点々と存在している。
日食撮影や観望に出かけた人たちは、
面白い光景が写せたり見られたりするかもしれない。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

10万アクセスの御礼とAstronomik CLS Filterのこと

Img_2712_2
2012.11.08 01h04m04s(exp.300s×2コマ,ISO1600)
EOS KissX4+Sigma MACRO 70mm F2.8 EX DG (F2.8)+Astronomik CLS Filter
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

2009年7月以来、3年4カ月で当ブログが10万アクセスを超えた。
貴重な時間をさいて稚拙な当ブログを訪問いただいた皆様に、
心から御礼を申し上げたい。
人のために(参考に)なるような内容を綴ることはとても無理なので、
少しでも更新頻度をあげることをこれからも心がけたい。

ところで、初めて使ったAstronomik CLS Filterだが、
無改造ボディでもここまで赤い散光星雲が写るのには驚いた。
10月17日の記事と比べても遜色がない。
しかしこのフィルター、
LPS-P2に比べるとどうも色のバランスがとりにくいが結構売れているようなので、
お使いの方からアドバイスをいただけたら嬉しいのだが…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

ぎょしゃ座、ペルセウス座からおうし座頭部付近

Img_2709_2
2012.11.08 00h48m58s(exp.300s,ISO1600)
EOS KissX4+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE(F2.8)+Astronomik CLS Filter+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

いつものパターンで、ソフトンフィルターを組み合わせてみた。
しかしこのあたりの星野は輝星が多いので、星座の形をたどるのも大変だ。
しかも、その真ん中には木星が鎮座している。
ある意味、贅沢な星空と言えるのかもしれない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

Carl Zeiss 21mmレンズによるカシオペヤ座からペルセウス座

Img_2706_2
2012.11.08 00h26m26s(exp.360s,ISO1600)
EOS KissX4+Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE(F2.8)+Astronomik CLS Filter
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

月明かりの影響が少なくなり、またタイミング良く晴れ間にも恵まれて、
ようやくツァイス21mmレンズでの撮影ができた。
やはり周辺減光は感じられるが、キレイな点像を結んでくれた。

初めてAstronomikのCLSフィルターを使ってみたが、
どうもまだ画像処理上での調整具合がつかめない^^;
いろいろ試行錯誤が必要だ。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

立冬、そして下弦の月(月齢22.3)

Img_1200_3
2012.11.07 04h59m54s(exp.1/40s,IS200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

昨夜、GPV気象予報で『明け方は晴れ間あり』とにらんで、
午前5時前にベランダへ出ると、薄雲が迫ってきているものの、
下弦の月が輝いている。

それにしても暖かい。
アメダスデータで午前5時の気温は10度をわずかに下回る程度。
急いで望遠鏡をセットしての撮影。
このところに比べると、比較的気流は安定していた。

さて、週間予報は雨と曇りマークが続く。
次に星空を拝めるのは、いつになることだろう。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

ブナ林を歩く

Ncm_0088

Ncm_0089

大勢の観光客で駐車場はごった返していた。
実は以前から、この光景に星を重ねられないかと思っている。
ただ、近くに熊の目撃情報があったりするものだから、
なかなか実現までには至っていない。

まあ、昼間だからいいものの、夜に一人だとちょっと・・・ね^^;

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

有明の月と何だあれは?

Img_1138

晴れないとブログネタに事欠く。
今日はお天気が回復傾向との予報だったので、
午前6時少し前にベランダへ出ると、雲間に有明の月。
何かネタの写真がないと記事も書きにくいので、
雨と夜露に濡れまくったカバーを外して数コマ撮影した。
これからの季節は夜明けが遅くなるので、
東の空の視界が遮られている我が家からでも、
明け方の月の撮影ができるようになる。
といっても、安定した気流とはほど遠い条件下ではあるが。

それはそうと、
昨日、高速バスに乗って出かけたのだが、
帰りの車窓から「何だあれは?」と思うものを目撃。

Ncm_0082

瞬間、大流星でも流れたのかと思った。
しかし、遮音壁と遮音壁の隙間から時折見える空には、
数分経過しても同じように見えている。
そして、次第にその形が薄れてきた。
どうも流星の光跡のような形をした雲が、太陽の光を反射しているらしい。
よく見れば、3カ所くらいに同じような形をした雲がある。
ああいうのを見て、UFO?などと思う人もいるに違いないと思った。
しかし、高速バスの中のシャッター音って、結構、響くな~^^;
(写真はピクセル等倍で切り出したため、粗いですがご容赦を)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

月齢16.1

Img_1132
2012.10.31 23h04m12s(exp.1/320s,IS200)
FC-100+EXTENDER EF1.4×III+EOS60D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1120mm,F=11.2

昨夜は寒かった。
この月面を撮影している段階で6度。
今朝方には4度を下回った。
たぶん、この秋一番の冷え込みだったと思う。

これからの季節はなかなか晴れ間が望めなくなるので、
少しでもチャンスのある時には撮影に興じたいと思っている。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »