« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月23日 (土)

月齢11.6

Img_0822
2013.03.23 20h27m22s(exp.1/60s,ISO200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16(グレースケールに変換)

夜になって晴れ間には恵まれたが、ごく薄い雲が月にかかっていた。
もっとシーイングがいいかと思ったが、小刻みに揺れている。
とはいえ、せっかく望遠鏡を持ち出したので、とりあえず撮影。
しかし、えらく硬調な仕上がりになってしまった。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

月齢9.6

Img_0765_2
2013.03.21 19h34m07s(exp.1/60s,ISO200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16(グレースケールに変換)

夕方になってようやく晴れてきた。
薄雲が次々と飛来していたが、比較的気流は安定した感じ。
この時期の月は高い位置を通るので、撮影も容易ではない。
でも、ようやく月面撮影のシーズン到来である。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

月齢5.6と今日のパンスターズ彗星

Img_0705
2013.03.17 19h50m20s(exp.1/25s,ISO200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16(グレースケールに変換)

なかなか良いシーイングに恵まれない。
カメラのファインダー越しには、常に小刻みに揺れるお月さま。
明後日には例の「月面X」が見られるのだが、
またお天気は悪い巡り合わせ。
少しくらいシーイングは悪くてもいいので、
何とか月が顔を覗かせないものだろうか。

ところで、今日もパンスターズ彗星の撮影に出かけた。
しかし、天頂付近はキレイに晴れているものの、
地平付近は薄雲とモヤで、まったく星が見えない。
いつもならば双眼鏡で彗星本体が確認できている時間になっても、
まったく見つけることができなかった。
それでもと思い、彗星の位置と思われるあたりを何コマか撮影してみたら、
1コマだけ写っていた。これってピント、合ってるのだろうか?

Img_2990
2013.03.17 18h44m00s(exp.5.0s,F5.6,ISO800)※トリミングあり
EOS KissX4+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM+EXTENDER EF2×III(300mm F5.6)
スカイメモによる自動追尾

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の太陽

Img_665
2013.03.17 10h12m52s(exp.1/80s,ISO100)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)+D5Filter
FL=1000mm 合成F=13.3

久々に太陽面を撮影。
このところ大きな黒点は現れなかったようだが、
事前に確認したところ、比較的賑やかな感じだったのでカメラを向けてみた。
ただ、こういうストレートな太陽面撮影は、最近は流行らないようだ。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

ファインディングチャート2態(トゥバン、M65&M66&NGC3628)

Img_0621moji
2013.03.10 03h43m57s(exp.180s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma 35mm F1.4(→F2.8) DG HSM+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

まずは、クフ王が見た北極星の探し方。
りゅう座のα星、トゥバン(ツバーン)。
北斗七星の柄の先から2番目の星、ミザールと、
こぐま座(小北斗)のβ星、γ星に挟まれたほぼ中央付近にある。
周囲に明るい星はないので、比較的見つけやすい。

Img_0612moji
2013.03.09 23h05m08s(exp.180s,ISO800,F2.8)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

次は、しし座の足下付近、θ星とι星の中心にある3つの系外星雲。
望遠鏡で見ると3つがその視野に一度に飛び込んできて興味深い。
もう少し長焦点レンズで狙うと、その形もよりはっきりとわかる。
NGC3628の左側は、たぶん偶然に飛び込んだ流星だと思われる。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

ベレニケの髪(Mel.111)

Img_0627
2013.03.15 23h16m24s(exp.601s,ISO800,F2.8)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

かみのけ座の散開星団、Mel.111、ベレニケの髪とも呼ばれる。
双眼鏡を向けると、その視野に星々が広がる。
春の星空の見どころのひとつだと思う。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

からす座とコップ座

Img_0638
2013.03.16 00h13m52s(exp.180s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma 35mm F1.4(→F2.8) DG HSM+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

このところ、パンスターズ彗星を写すだけで何となく満足していたのだが、
せっかくの月のない晴れ間なので、星空にもカメラレンズを向けてみた。

春の星座。
うみへび座の上にちょこんと乗っている感じがするからす座とコップ座。
明るい星は少なくわかりにくいが、プロソフトンフィルターで輝星を滲ませているので、
何とか星座の形を追うことができると思う。
それにしても、からす座を見ると、つい南十字星を思い出してしまうのは、
一種の条件反射なのかもしれない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

今日のパンスターズ彗星

Img_2952
2013.03.15 18h52m27s(exp.3.2s,F2.8,ISO400)※トリミングあり
EOS KissX4+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

今日はとても良いお天気。
朝から夕方まで、ほぼ雲一つない快晴。
仕事を終えていつもの場所へ。
昨日とは違って、雲の接近にあたふたする必要はない。
少し高度が高くなった分、見映えがするようになってきた。

豪雪だった今冬を、まるで忘れてしまうかのように、
お天気に恵まれるこの頃である。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

月とパンスターズ彗星

Img_0622
2013.03.14 18h37m24s(exp.1.0s,F2.8,ISO400)※トリミングあり
EOS 6D+EF100mm F2.8L マクロ IS USM

また、彗星の位置を勘違いした。
昨夜、ステラナビゲーターで月との位置関係を確認し、
フルサイズ+100mmで月と彗星を同時に写し込む計画を立てた。

仕事を終えていつもの場所に駆けつけると、地平には厚い雲が漂っている。
早くしないと雲に隠されてしまいそう。しかしバックグラウンドはまだ明るい。
慌ててカメラをセットしたのだが、ここで月と彗星の位置関係を勘違い。
さらに違った場所を双眼鏡で探すものだから、案の定?見つからない。

雲に隠される時間が近づいてきたと感じたので、
えいやっ!と何コマか連続的に撮影したところ、
偶然にも雲に隠される直前のパンスターズ彗星が写り込んでいた。
そっか、右斜め下だったんだ。(ちなみに月の真下と勘違いし続けた)

一応は、月とパンスターズ彗星を同じコマに写すという目的は達したが、
いま、何とも情けない気持ちで、この記事を書いている。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

今日のパンスターズ彗星

Img_2899
2013.03.12 18h42m35s(exp.3.2s,F2.8,ISO400)※トリミングあり
EOS KissX4+Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

朝から午後3時頃までは雲ひとつない快晴だったが、
次第に雲が飛来し始めた。
午後5時過ぎには薄雲が地平から天頂付近に漂い、
果たして見えるかどうか半信半疑状態で昨日の観望場所へ。
ところがうまい具合に真西方面には薄い雲しかかかっていない。

早速、カメラと三脚をセットし、双眼鏡で彗星探しを始めた。
そして18時20分過ぎに双眼鏡ではっきりと核と尾を確認。
集光は強い。
肉眼でも確認を試みるが、わからない。

そうこうしているうちに、パンスターズ彗星は地平へと近づき、
薄かった雲も少しずつ、その量と厚みを増してきた。
地平に消える直前には、双眼鏡で核は確認できたものの尾はわからなくなってしまった。

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

たぶんこれがパンスターズ彗星…です

Img_2857

撮影は18時39分頃。
失敗を2つ。
ひとつは、ピントが甘かったこと。
もうひとつは、想定していた場所よりかなり北よりだったこと。
APS-Cと100mmの組み合わせだが、もっと拡大したほうが良さそう。
明日は150mmと組み合わせたい。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

うしかい座とかんむり座

Img_0625
2013.03.10 03h57m56s(exp.180s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma 35mm F1.4(→F2.8) DG HSM+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

午前3時半頃に目覚める。
晴れているだろうと思いながらベランダへ。
んっ?春霞?黄砂?透明度が悪い。
次第に目が慣れてくると、薄雲が漂っているのがわかった。

仕方なく、できるだけ雲の影響のなさそうなところにレンズを向ける。
春の星座、うしかい座とかんむり座。
APS-Cと35mmの組み合わせでは、やや窮屈な構図になる。
たぶんフルサイズと50mmの組み合わせがベストだと思う。
もう少し透明度の良い日に再度撮影してみたい。

しかし望遠鏡のカバーも濡れていないし、
風も吹いていて空気が乾いている感じ。
撮影終了後に機材を片付けながら、ソラヨミマスターで計測。

気温:6.1度
湿度:60.3%
風速:1.3m/s(平均)
風向:南
当地の午前4時過ぎのデータである。暖かい(笑)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

この雪を何とかせねば…

0309_1

今日は暖かく、3月らしい陽気。
町内のあちこちから雪をつつく音が聞こえてくる。

しかしまだアメダスの積雪量は2m以上。
家の庭には、屋根から下ろした雪がうずたかく積まれていて、
下屋根に届きそうな高さ。
いったいいつになったら消えることやら。

でも、消えるペースが早くなると、
今度はが、出番を今や遅しと待ち構えている。

0309_2

困ったものである。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

月齢23.5

Img_0582
2013.03.06 05h17m48s(exp.1/20s,ISO200)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16(グレースケールに変換)

このところお天気は安定しているが、なぜか当地は快晴とはいかず、
絶え間なく雲が飛来している感じ。
しかし今朝は久々の快晴。見た目シーイングも良さそうだったので、
氷点下4度の中、バタバタと準備をして撮影態勢に。

ところが、ファインダーを覗いてみると、あまりシーイングが良くない。
でも、準備した手前もあり、そのまま無理矢理撮影を続行。
もうバックは薄明るくなってきていた。

調べてみると冬至の頃より1時間近く夜明けが早くなっている。
そういえば、あと2週間もすれば春分の日。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

積雪いまだ2m超え

0304

久々の晴れ間に誘われての昼休みウォーキング。
ここにきて時々は晴れ間にも恵まれるものの、
気温が低い影響なのかなかなか雪解けが進まない。

ウォーキングの途中、3m以上にうずたかく積まれた雪の山があった。
道路の雪を飛ばして積み上げられたものなので、やや汚れが目立つ。
これが降ったばかりの新雪だと、かなり見映えがする。

今週は雪だるまマークもなくなり、最高気温も10度台に達しそう。
一気に融雪が進みそうな気配。
そういえば、次の日曜日にはパンスターズ彗星がお目見えする。
果たして明るさは?そしてお天気は?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »