« 月面のモザイク撮影を初めてやってみた | トップページ | 月齢21.7 »

2013年5月26日 (日)

夕空の惑星たち(5月26日編)

Img_3259
2013.05.26 19h36m56s(exp.1.0s,ISO200)
EOS KissX4+EF24-105mm F4L IS USM(105mm,F4)+PRO1D プロソフトンA(W)※トリミングあり

所用があって夕方近くに出かけた。
まさか晴れ間が広がるとは思っていなかったが、意外と青空。
慌て気味に用を済ませて河川敷へと急ぐ。

ところが、モヤっている。
透明度が悪く、金星しかわからない。
木星と水星はどこだと、車内に常備しているタンクローを引っ張り出す。
すると、ほぼその視野に3惑星が収まった。
タンクロー、初めて役に立ったかも。

| |

« 月面のモザイク撮影を初めてやってみた | トップページ | 月齢21.7 »

記録・観測」カテゴリの記事

コメント

よく撮れてますね。
3惑星が電線に引っかかっているようでおもしろいです。
こういう対象は前景があったほうがいいですね。
私は海で撮ったので前景がなく、面白味がない写真になりました。

投稿: まるひ | 2013年5月27日 (月) 00時22分

なるほど、そういう見方もあるわけですね。
前景を考えたというわけでなく、撮影場所ありきの1コマです。

撮影可能になってから金星が沈むまでに10分もないという、
緊張感?溢れたひとときでした。

投稿: 星のおじさん | 2013年5月27日 (月) 05時26分

タンクローって手ぶれ補正が付いている双眼鏡ではなかったですかね。
双眼鏡も固定できるビノホルダーがあると見え方が全然ちがうので、
もっぱら観望会はこちらをおすすめしています。望遠鏡は半数以上の
人ががっかりするようです。

惑星の集合写真は年に何回かあるので つい「今度撮ろう」と素通り
するんですよね。星の数がすくないので、夕景写真や朝焼け写真になったり
することもありますから、適当にほかのものが写っているほうがいいですね。

投稿: satelight57 | 2013年5月27日 (月) 22時16分

私の使っているタンクローは
http://starwalking.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3563.html
の記事で書いたものです。

確かにビノホルダーはあったほうが、視野が安定していて使いやすいですよね。
昔は天体用双眼鏡といえば7倍50mmというのが定番だったのですが、
重くて使いにくかったのか、最近は口径や倍率だけでなく、
重量も重要なスペックのようです。もちろんIS付きという裏技?もありますが。

投稿: 星のおじさん | 2013年5月28日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕空の惑星たち(5月26日編):

» 宇宙 [宇宙]
宇宙とは?宇宙について考える [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 15時27分

« 月面のモザイク撮影を初めてやってみた | トップページ | 月齢21.7 »