« 月齢4.9 | トップページ | 月齢12.0 »

2013年9月11日 (水)

青空と雲と稲穂と

Dsc_0077

今日も日中は青空。
お昼ごはんもそこそこに、昼休みウォーキングへと飛び出した。
比較的気温の低めな日が続いていたが、今日は夏の終わりを思わせるよう。
雲は多めながら、日が顔を覗かせると、ジリジリとした照りつけ感が漂う。
稲は深く頭を垂れ、実りの秋はすぐそこまで来ている。

| |

« 月齢4.9 | トップページ | 月齢12.0 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

また、暑さがぶり返してきましたね。
 ブログで書いたとおりXY50DはスカイメモRSにちょうどいいです。
しかし、北半球ではいりませんね。3ウエイ雲台のパーン棒のほうが
はるかに設置は早いです。
今のところ、遠征主体ですと
スカイメモ>マークX>SP>P-2Zの順に機動力が高いです。最新の
素通しタイプは星野向きではないですから除外してますがさほど
かわりません。すぐバランスがくずれて逆に時間がかかります。

投稿: satelight57 | 2013年9月12日 (木) 18時53分

もし私がXY50Dを所有していたら、たぶん北半球でも使うと思います。
パーン棒での北極星導入は、水平方向はいいのですが、垂直方向はなかなか大変だと思います。
若干の遊びを考えてパーン棒を締め付けても、思い通りのところへの導入は難しいです。

機動力の大小関係は納得です。
現地へ着いてから撮影までに時間がかかるのでは、もったいないですものね。
もしも、P-2Zを手放すようなことがありましたら、ぜひ一声おかけください(笑)

投稿: 星のおじさん | 2013年9月12日 (木) 22時47分

再コメント失礼します。
P-2Z等 赤道儀本体はひとつも
処分していません。部品ばかりです。(笑い)
TS屈折経緯台ですかね。大きなものと言えば。

ところで、現在快晴です。明日も天気よさそう。
夜半から遠征しますが、だめなら雲海撮影にきりかえ
ます。湿度と温度高めですけど、一応お休みなので。

仲秋の名月も台風一過でよさそうです。
ありきたりの「仲秋の名月」ではおもしろくも
なんともないので、ススキを入れるとかした
ほうがいいかと思います。パンフォーカスの
400mm望遠くらいでいいでしょうか?
月がぼけないようにする工夫って知りませんか?

投稿: satelight57 | 2013年9月13日 (金) 18時03分

快晴ですか・・・羨ましい。
こちらはやる気さえ奪うようなベタ曇りです。

月がぼけないようにする工夫って、月とススキの両方にピントを合わせたいという意味でしょうか?
絞り込んで被写界深度を深めにとるか、ススキを後から合成するかくらいしか思い当たりません。
でも、ススキだってわかれば、若干、ボケていても雰囲気は保てるのではないでしょうか?

台風18号は、進路によっては関東から近畿の太平洋側に大雨をもたらすかもという予報です。
どうぞお気を付けて。

投稿: 星のおじさん | 2013年9月13日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空と雲と稲穂と:

« 月齢4.9 | トップページ | 月齢12.0 »