« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

物語はまだ終わっていない

「アイソン彗星が生き延びたかもしれない」
マスコミがNASAとESAの見解として発表した。

今朝のブログにも書いたが、SOHOの画像を見ると、どうしても核らしいものが見える。
そしてその位置は、事前にアイソン彗星の軌道として発表されていたものに沿っている。
やはり生き延びて残っていたのか、まさに「物語はまだ終わっていない」かもしれない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪ではないけれど

Dsc_0162

昨夜から降り出した雪で、周囲の風景が少しだけ白化粧をほどこした。
アメダスデータではすでに積雪0センチと表示されていたが、我が家付近ではまだ残っている。
明日から12月。いよいよ本格的な冬の到来。
また憂鬱な気分の日々が続くことになるのだろうか。

昨日は近日点を通過したアイソン彗星が消滅?とのニュースが飛び込んできた。
SOHO画像で見えていた頃、彗星を専門とする友人からは、「マイナス2等級」というメール。
そんな情報を確認した直後の消滅?ニュース。
「核の部分が若干暗くなっている」という話もあったそうだ。

しかし、オールトの雲から長い長い旅を経て、ようやく太陽へとたどり着き、
たった一度だけの太陽との逢瀬を終えて、二度と戻ることのない道を帰ろうとした矢先に消滅するとは、
たとえそれが運命とはいえ、小惑星探査機「はやぶさ」にも似た、猛烈な儚(はかな)さのようなものを覚えた。

それにしても、この時間、SOHOの画像を見ると、素人目には核のようなものが確認できるのだが、
専門家は核ではないと解説している。
来月上旬、明け方の東天で、アイソン彗星が生きてきた証のようなものに巡り会えるといいのだが。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

月齢23.3

Img_2624
2013.11.27 05h05m31s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

久々に月を撮影。
この時期になると、気流は安定せずに絶えずゆらゆらを繰り返している。
一瞬でもそのゆらぎが止まり、そのチャンスにシャッターを切れないものかと思いながらコマを重ねた。

さて、アイソン彗星が近日点通過を迎える。
若田さんがISSから撮影した画像が公開されていた。
再び私たちの前に姿を現したとき、果たしてどんな姿を見せてくれるのか、興味は尽きない。
ぜひとも、遠征したくなるほどの姿形に成長して欲しいもの。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

ラブジョイ彗星も撮影してみた

Img_1694_1743
2013.11.19 04h31m38s(exp.14s×50コマ,ISO800,1600)※トリミングあり
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2+GN-170

やっぱりラブジョイ彗星は明るい。
アイソン彗星ばかりを気にしていて、ラブジョイ彗星の位置を確認していなかったが、
この辺りかなと思うところへ双眼鏡を向けてみたら、すぐに視野に入ってきた。

それにしても、彗星撮影がやっと面白くなってきたと思ったら、月明かりはあるわ、冬型にはなるわで、
やる気を削がれてしまっている感じ。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

今朝のアイソン彗星

Img_1751_1790
2013.11.19 04h54m46s(exp.14s×40コマ,ISO800)※トリミングあり
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2+GN-170

今朝はGPV気象予報でも晴れそうな雰囲気だったが、やはり晴れた。
撮影していた時には気づかなかったが、結構、寒かった。
帰宅後に確認したら気温は1度。しし座流星群と思われる流れ星を2個見た。

満月が煌々と輝いていたが、D81さんのアドバイスもあり、
総露出時間を稼ごうと、40コマを撮影。
ただ、平日の朝。早めに切り上げないと…そんなことを気にしながらの撮影だった。

輝星はスピカだが、何となく核からスピカを超えて尾の流れが確認できるような…。
(んっ?気のせい^^;)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

アイソン彗星とラブジョイ彗星

☆アイソン彗星(C/2012 S1)
Img_1683_1690
2013.11.17 05h04m24s(exp.20s×7コマ+15s×1コマ,ISO800)※トリミングあり
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2+GN-170型赤道儀

☆ラブジョイ彗星(C/2013 R1)
Img_1658_1664
2013.11.17 04h34m38s(exp.20s×2コマ+30s×2コマ+40s×2コマ,ISO1600)※トリミングあり
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2+GN-170型赤道儀

東南東方向の空が開けたところはどこか…
そんなことを考えながら昨夜は就寝。目覚ましセットは午前3時。
ところが1時過ぎに目が覚めてしまった。外を見れば快晴。ただ、月が異様に明るい。

そのまま眠ることができずに時は過ぎ、午前3時30分に自宅を出発。
考えがまとまらぬまま車を走らせ、とりあえず予定した場所へ到着。
ところがいつのまにか常夜灯が…^^;
しかも東南東の空の視界が期待していたほどに開けていない。

ここではダメだと諦め、移動しようと車を走らせること1分。
何気なく東の空に目をやると、おおっ!という感じで開けている。
坂道の途中ではあるが、ここで撮影しようと車を止める。
ちょうど西側に木々が立ち並んでいたため、傾いた月の光を遮ってくれた。
それにしても、実に久々に持ち出したGN-170赤道儀がメチャメチャ重い^^;

もうアイソン彗星も昇っている時間帯ではあったが、
まずは用意した星図を使ってラブジョイ彗星を探す。
双眼鏡の視野へは難なく入ってきたが、結構と高度が高く、
サンニッパを付けたカメラはそれなりの重量もあって、バランス取りが難しい。

ふと東南東の空を見れば、星がポツン。
北斗七星のカーブからたどると、アークトゥルスがあって・・・間違いない、スピカ。
よしっ!とばかりに双眼鏡を向けた。
ありゃ?アイソン彗星はどこに??
「ラブジョイ彗星を上回るほどの明るさに」と聞いていたが、それらしきものがいない。
おかしいな~と思ったが、とりあえず撮影。
コマを確認してみたら、確かに写ってはいたが、う~ん、ちょっと過大な期待をしすぎたか。
もう一度、スピカとの位置関係を確認して双眼鏡を向けると、
「あ~、これか」
くらいの見映えしかしない。
ちょっと期待しすぎ?、それとも地平近くが若干モヤっていたのかも?
それでも帰宅後に撮影したコマを画像処理したところ、それなりの尾が姿を現してくれた。

【追記】
アイソン彗星の写真、当初の掲載は4コマのコンポジット写真であったが、
それを8コマのコンポジット写真に差し替えた。
かなり伸びた尾をあぶり出すことができた。デジタルってスゴイ!
ひょっとするとフレームの外にはみ出しているのかもしれない。

ついでにラブジョイ彗星も6コマコンポジット画像に差し替えた。
核の明るさはラブジョイ彗星だが、彗星らしさはアイソン彗星に軍配か。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

小春日和

Dsc_0156

今日は電車に乗る機会があった。
すると、車窓から思わず見とれてしまうロケーションに遭遇。
ホントはもうちょっと手前で、これに紅葉が絡んだベストビューがあったのだが、
残念ながら撮り逃がしてしまった。

そういえばアイソン彗星が急激に明るくなっているらしい。
彗星を専門とする友人からの情報では、デジカメでの狙い頃だという。
明日の朝はGPV予報も良さそうなので、アイソンとラブジョイの2彗星を狙ってみたい。
なんとかお天気がもってくれれば良いのだが。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

シリウスとM41

Img_1652
2013.11.09 04h51m11s(exp.180s,ISO1600)
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

明けかかった空を見渡すと、南中を過ぎたシリウスが目に飛び込んできた。
この時期、この時間帯にはもうオリオン座やシリウスが西空に傾きかけている。
もう1コマくらいは撮れるかなと思いながら、シリウスとM41をフレーミングしてみた。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

月齢5.8

Img_2566
2013.11.09 17h28m36s(exp.1/40s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

まだ暮れきっていない空の月。
撮影時には気づかなかったが薄雲がかかっていたようだ。
シーイングも悪く、とりあえず単に写してみただけという感じ。

さて、明日からは大荒れのお天気になるとの予報。
明日は今年最後の月面Xだが、月を拝める確率は低そう。
それどころか、月曜日か火曜日には初雪を拝めるかもしれない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽面

Img_2559
2013.11.09 10h29m04s(exp.1/80s,ISO100)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)+D5Filter
FL=1000mm 合成F=13.3

サイトで確認したところ、中央部付近にまとまった黒点が出ていたので、
久々に太陽面を撮影。

これで月が撮影できれば、「同一日の太陽・月・星」がそろい踏みとなるのだが、
雲がどんどんその量を増してきている。
ちょっと無理かな。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

五頭の山茂登の美味しい釜めし

Dsc_0142

久々に新潟市内で食事をする機会に恵まれた。
友人が連れて行ってくれたのは、釜めし屋さん。

新新バイパス女池ICを降りるとすぐの「五頭の山茂登」さん。
本店は五頭山の麓、阿賀野市にあるとのこと。

豊富なメニューから選んだのは「鮭いくら釜めし」。
小鉢と香物と味噌汁がついて1,260円。

待つこと20分ほどで運ばれてきた。
何でも、かき混ぜながら炊きあげているので、
混ぜずにそのまま茶碗に盛れば良いそうだ。
ふたをのせたままにしておくと、最後のおこげもきれいにとれると説明してくれた。

ゆずの香りもアクセントになっていて、みんなが無言で食べまくった。
茶碗に軽く3杯分はある。
テレビのグルメ番組のような面倒な言い回しはできないが、
別のメニューも食べてみたいと感じる、とにかく「美味しい釜めし」であった。

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

ラブジョイ彗星とプレセペ星団

Img_1654
2013.11.09 04h57m34s(exp.180s,ISO1600)
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

晴れそうな予報だったので準備を整えて午前3時に目覚ましをセット。
ところが起きて空を見たら、星は出ているものの半分以上は雲。
諦めて再び就寝態勢へ。

しかしいつものパターンで寝付けずにウツラウツラ。
あっと思って時計を見ると4時30分。
ベランダへ出てみたら、案の定、晴れ。

慌ててカメラをセットして、ラブジョイ彗星の位置と思われる付近にレンズを向ける。
なんだこりゃ!明るい!
カメラのファインダー越しでも、存在がわかるほど。
ステラナビゲーターでは6.1等級。
300ミリレンズを使い、近くのプレセペ星団(M44)と同一視野に入れてシャッターを切った。

アイソン彗星も明るくなっているとの情報もあり、
明け方の空がだんだん面白くなってきたゾ…と思ったら、週間予報で雪マークが(涙)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

バラ星雲

Img_1643_1648
2013.11.06 01h46m19s(exp.180s×4コマ,ISO2000)
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

平日ではあったが間違いなく晴れそうだったので、
22時過ぎに寝て日付が変わる頃に起きた。
ベランダへ出てみると、思ったほどの透明度ではない。
ちょっと当てが外れた感じだったが、せっかく起きたので撮影突入。
早く寝ないと仕事がツライぞと思いながらも3時前までベランダと部屋を行ったり来たり。

ということで、今日はバラ星雲をアップしてみた。
ガイドが甘いがご容赦を。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

オリオン座とうさぎ座

Img_0841
2013.11.02 01h56m30s(exp.180s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma 35mm F1.4 DG HSM(F2.8)+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
スカイメモRS(カメラは非冷却で使用)

自分の撮影スタイルの原点、カメラレンズによる星座写真。
ソフトフィルターを組み合わせて輝星を目立たせ、星座の形を浮かび上がらせる。
星景写真はブームだが、ブログ等で星座写真を見ることは少ない気がする。
天体写真の基本でもある星座写真撮影を、これからもいろいろなレンズで切り取っていきたい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

昇る北斗七星

Img_0859
2013.11.02 03h03m40s(exp.120s,ISO800)
SEO-COOLED X2(LT)+Sigma 35mm F1.4 DG HSM(F2.8)+LPS-P2+PRO1D プロソフトンA(W)
スカイメモRS(カメラは非冷却で使用)

アイソン彗星の撮影を待つ間、北の空に顔を出した北斗七星を狙った。
意図的に色を青に片寄らせてみたが、何となく寒々とした雰囲気が伝わるだろうか。
昇る北斗というと『春近し』というイメージなのだが、
さすがにこの時期ではまだ違和感がある。

夜明け前に昇る星座で、季節の先取りをするのが好きだった。
ペルセウス座流星群観察明け。少しでも高い位置に陣取り、さらに背伸びをして、
明けゆく空にシリウスの輝きを探したものである。

昨夜はSOLIVE24でアフリカ金環皆既日食を堪能。
皆既直前まで雲の飛来にドキドキさせられっぱなしだった。
わずか10数秒という皆既。
第2接触の余韻に浸る間もなく第3接触が訪れるというスムーズ過ぎる?流れは見事。
とりわけ第3接触のダイヤモンドリングは見応えがあった。
特別ゲスト、アストロアーツの大熊社長の解説も面白かったです。

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

天の川の流れと冬の大六角形+木星

Img_1615
2013.11.02 01h37m17s(exp.210s,ISO1600)
EOS5D MarkII(SEO-SP3改)+EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM  (15mm,F4)+LEEポリエステルフィルター SOFT No.1
スカイメモRS

連休2日目。
昨夜から1~2度起きてはみたが雲が取れることはなく、
現在もその雲が面積を増してきた。
天気予報で今日は曇りのち雨。そして明日は雨。
結局、1日しか撮影できなくなりそう。

今日はアフリカで金環皆既日食。
ハイブリッド日食というそうで、これまた興味深い天文現象。
Live中継も予定されているようなので、忘れなかったら楽しみたい。
でも行くんだったら、やっぱり皆既日食ポイントだろうな。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

今朝のアイソン彗星(C/2012 S1)

Img_1626
2013.11.02 03h34m35s(exp.121s,ISO1600)※トリミングあり
EOS5D MarkII(SEO-SP3)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
スカイメモRS

ステラナビゲーターによれば今朝の光度は7.3等級だが、素人目には半月前とあまりかわらない感じ。
ただ、相変わらず集光は強いのと、尾も若干は伸びてきた気がする。
それにしても、透明度は良くなかった。明るい冬の星座に惑わされた感がある。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »