« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

CLSフィルターの効果

Img_2791
2014.01.29 20h21m38s(exp.180s,ISO2500)
EOS 6D+EF16-35mm F2.8L II USM(35mm,F2.8)+EOS XL Clip-Filter CLS+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

私としてはなかなか使いにくい?このCLSフィルターだが、
改造ボディにLPS-P2フィルターを組み合わせた場合と比較すると、
バーナードループやエンゼルフィッシュ星雲が非常に写りやすい。
今回もわずか3分の露出、しかも赤を強調するような画像処理は一切していない。
赤い散光星雲狙いには威力を発揮するフィルターなのだと思う。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

EOS XL Clipフィルターを使ってみました

Img_2790
2014.01.29 20h15m04s(exp.180s,ISO2500)
EOS 6D+EF200mm F2.8L II USM(F2.8)+EOS XL Clip-Filter CLS
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ようやくEOS XL Clipフィルターを使ってみた。
無改造の6Dとの組み合わせだが、確かに赤い散光星雲が写ってくれる。
しかし、このフィルター、色の調整がLPS-P2フィルターに比べると非常に難しい。
どうしても青っぽい感じとヘンなムラが残ってしまう。
それと、ライブビューで構図を合わせなければならなくなる。
ある程度予想はしていたが、イマイチ使いにくいかな~というファーストインプレッション。

それにしても寒い。
氷点下2度。ベランダは凍りつき、滑ること滑ること。
ふと気づけば、今年初の星野撮影であった。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

町内一斉除雪

Dsc_0208

昨日は町内一斉除雪が行われた。
小さくてわかりにくが、よく見ると、家の屋根に登っている人たちの姿が見える。
私が住む町内は、流雪溝や消雪パイプといった雪を処理する仕組みがないため、
雪が降り続くと道路を一時的に通行止めにして屋根雪を一斉に道路へ落とし、
それをブルドーザーやタイヤドーザーといった機械で排雪するという一斉除雪が
一冬に3~4回、多い年には7~8回行われる。
費用については行政の支援もあるのだが地域の負担もあるため、
町内費と一緒に徴収して毎月積み立て、一時的な負担増が生じないようにしている。
雪国ではごく当たり前のことだが、当ブログにはいろいろな地域の方が訪問してくださっているので、
こんな冬の日常のことを綴ってみた。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

極寒の信州

0115

気温が氷点下10度を下回ったその日。出張で長野県へ出かけた。
途中、休憩を取るため車を降りると、目の前に見事な風景が広がった。
湿度が低いせいか空気がピンと張り詰めていて、痛いほどに肌を刺す。
つい星景写真の構図をいろいろと考えてしまう自分がそこにいた。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

氷点下10度超え

Cimg0795

北海道や東北地方の方々からすれば、特段珍しいことではないだろうが、久々の氷点下10度超え。
豪雪地である当地は、雪は相当量降るものの、気温はそれほど下がらない。
しかし、今朝は本当に寒い。
寒気が居座っていることに、晴れたことでの放射冷却が重なった。
心配していたのだが、台所や洗面所の蛇口の水もやっと出た。
これで歯を磨いて顔も洗えたし、何とか朝ご飯も食べられそうだ^^;

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

東洋大学・服部兄弟にお目にかかりました

Dsc_0192

お正月の風物詩となった、箱根駅伝。
今年は東洋大学が往路・復路とも制しての総合優勝を遂げた。
その立役者であった服部勇馬さんと弾馬さん兄弟にお目にかかる機会があった。

このところ、毎年、箱根駅伝のスタート地点へ出向き、
選手たちに声援を送っていたのだが、今年は事情があって出かけられず、テレビでの観戦となった。

テレビでは、弟が無事に走り終わって思わず涙した勇馬さんと、
酒井監督から受け取った給水ボトルを、投げ捨てることなく監督に手渡した弾馬さんのシーンが印象的だった。

1区からのタスキを順位をひとつ上げて3区へつないだ勇馬さん、
6区からのタスキをトップで受け、2位とのタイム差を広げ、区間賞を獲得した弾馬さん。
激走の時とはまた違った柔和で穏やかな笑顔を見せてくれた。
質問にきちんと受け答えする兄・勇馬さんと、口数の少ない弟・弾馬さん。
その性格も対照的だった。

卒業の設楽兄弟に代わり、今度は服部兄弟がチームを引っ張ってくれるに違いないと確信した。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

月齢5.9

Img_2780_2
2014.01.07 18h06m20s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

今年の初撮影。
薄雲がかかっていたものの、また数日間は悪天候が続きそうなので撮影を強行。
氷点下2.6度。鏡筒を持つ手が痛い。

今のところ、平年に比べても小雪状態が続いている。
今冬はまだ一度も屋根の雪下ろしをしていない。
かといって晴れ間があるわけではないが、
3年連続で豪雪に見舞われているため、少しでも雪が少ないのはありがたい。
しかし、実力のある地域なので、油断は禁物である。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

今年の初日の出

Img_2737

昨年同様、初日の出撮影に出かけてきた。
GPVでは期待大だったのだが、実際は昨年以上に雲が多め。
だいたいこういう時のパターンとして、その方向だけが雲に覆われている。
それでも太陽が地平からかなり昇った時点で、ようやくその姿を捉えた。
今年こそ良い年になりますように・・・。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます

2014nenga

午年です。
穏やかな良い1年となるよう祈りたいと思います。
このブログをご覧いただいている皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

しかし、こうま座の星座線の引き方っていろいろあるんだな~と、今回思いました。
一応、ステラナビゲーター準拠です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »