« CLSフィルターの効果 | トップページ | 今日の太陽面 »

2014年2月 1日 (土)

昇るさそり座

Img_1792
2014.02.01 04h48m34s(exp.60s,ISO800)
EOS 5D MarkII(SEO-SP3改)+EF16-35mm F2.8L II USM(35mm,F2.8)+PRO1D プロソフトンA(W)+スカイメモRS(恒星時50%)

ちょうど休みの日と星空が重なった。
狙いは雪原と昇るさそり座。
午前2時前には目が覚めてしまい、どこへ行こうかと思いを巡らせる。

午前4時。自宅を出発。
今年はいまのところ平年に比べて少雪気味なのだが、
狙いをつけていたいくつかのポイントでは、やはり雪壁が邪魔をして「雪原+昇るさそり」のイメージにならない。

結局、初日の出を撮影した信濃川河川敷へ。
ところが到着した頃から川霧が発生してしまった。
不満足な写真しか残せなかったが、とりあえず出かけたということで記録としてブログアップ。

| |

« CLSフィルターの効果 | トップページ | 今日の太陽面 »

記録・観測」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
いい雰囲気ですね。私も雪原と夏の星座を撮ってみたいのですがなかなか機会がありません。こちらは積雪ゼロ。山古志に行ってみたいです。
雪国での撮影の苦労は雪の壁をどうよじ登るかですね。これはたぶん雪のない地方の方には理解できないことだと思います。

投稿: まるひ | 2014年2月 2日 (日) 00時23分

「越後オリオン」拝見しました。
日本海側、冬季に晴れないことをなんだかんだと並べ立てるのではなく、
当地、雪国でなければ撮れないような1カットを狙うべき、そう反省させられました。
でも、凡人の私はつい口を突いて出ちゃうんですよね(笑)

雪壁をよじ登る、イメージどおりの写真を撮るためにはこの時期必須の行動ですね。
今回は手抜きをして、雪壁のごく低いところを選んでしまいました。
結果的に街中になってしまったわけです。

機会があれば今年は私も山古志へ出かけてみたいと思っています。

投稿: 星のおじさん | 2014年2月 2日 (日) 05時35分

「さそり座」が全景を現していないので
不気味な感じです。いかにも「昇るさそり」


 雪山とさそり座は太平洋側でも撮れるので、ここは
雪原や雪に埋もれる民家とさそり座とか雪国でしか絶対に撮れない写真を追っかけるのもいいとおもいます。

2月下旬ともなれば夏の銀河や星が
出揃うのでねらってみようかな。
 そうそう 太陽面が活発ですよ。

投稿: satelight57 | 2014年2月 2日 (日) 12時39分

雪に埋もれる民家とさそり座・・・なかなか良いシチュエーション。
情景が浮かんでくるようです。

太陽面情報、ありがとうございました。
何とか黒点を撮ることができました。
twitterでは肉眼黒点ということで、話題になっていました。

投稿: 星のおじさん | 2014年2月 2日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昇るさそり座:

« CLSフィルターの効果 | トップページ | 今日の太陽面 »