« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

かんむり座

Img_0035
2014.04.25 00h15m28s(exp.180s,ISO800)
EOS 6D(SEO-SP4改)+EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F4)+ASTRO LPR Filter Type2+PRO1D プロソフトンA(W)
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

レンズ前にフィルターを2枚重ねて撮影したかんむり座。
正しい使い方ではないのかもしれないが、使いたいフィルターが2枚ある時はどうやって撮影すれば良いのだろう。

それにしても町内の防犯灯がLED化され、めちゃめちゃ明るくなった。
これに生活灯りが加わり、夜半前の星野撮影はほぼ絶望的。
今回はこれに透明度の悪さが輪をかけた結果になった。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

へびつかい座からいて座付近

Img_0063
2014.04.26 02h27m07s(exp.240s,ISO800)
EOS 6D(SEO-SP4改)+EF100mm F2.8L マクロ IS USM(F3.2)+ASTRO LPR Filter Type2+TOAST TP-2

久々に休日と晴れが重なり、撮影ポイントへ出かけた。
しかし晴れが続きすぎているせいか透明度が悪い。
時間が経てばと思ったが、天の川もわずかにその流れがわかる程度で推移。

今回の撮影で新しい機材を2つ使った。
ひとつはポータブル赤道儀というか、メーカー的にはモバイル赤道儀のTOAST TP-2。
タイムラプス機能が付いたことと、5Vのモバイル電源が使えるようになったのがポイント。

それと、K-ASTECさんが限定で頒布しているMFA(マイクロフォーカスアジャスター)。
100ミリマクロレンズのピントリング部分に装着し、つまみを回すことでピント合わせをするレンズアクセサリー。
このレンズは結構ピントがシビアなので、手で回すよりも確実にピント合わせができる。
カミソリマクロと呼ばれているシグマの70ミリマクロ用も入手しようかと思案中。
TP-2、MFAともいずれ写真でお披露目したい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

いまが盛り

0419

久しぶりに朝ウォーキングへ出かけた。
夜明け頃には雲間から星も見られたが、
この時間帯、厚い雲が立ちこめて、細かな霧雨が降ってきた。

当地もようやく春の訪れを感じられる風景が、あちこちに広がってきた。
平場では日当たりの悪い場所などを除いてほとんど雪はなくなったものの、
山間の地ではまだまだ1mを超える積雪がある。
本格的な農作業が始まるまでには、もうしばらく時間がかかりそうだ。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

FC-100によるM8&M20

Img_25_28
2014.04.13 04h06m44s(exp.60s×4コマ,ISO3200)
FC-100+EOS 6D(SEO-SP4改)+FC-35レデューサー0.66×+ASTRO LPR Filter Type2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改) (FL=530mm F=5.3)

目覚めると天文薄明開始寸前。
慌ただしく準備を整えて撮影開始。少し前に調達したレデューサーを使用。
フルサイズカメラと組み合わせると530mmなのでISOを3200に設定し、
ノータッチ60秒露出でコマを稼ぐことに。

既に空は白み始めていたため、わかりやすいM8&M20をフレーミング。
雑誌に載っているようなスゴイ写真は撮れないが、530mmの世界を少しずつ切り取ってみたい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

月齢12.7

Img_0211
2014.04.12 20h35m49s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 5D MarkII+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

昨日も撮影しようと思っていたが、急な仕事の呼び出しでタイミングを失した。
月齢が1つ重なり、欠け際の見映えもイマイチ?になってきた。
やはり拡大でクレーターを狙うべきなんだろうなと思いながら撮影に興じた。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

M8~M20付近

Img_0017
2014.04.10 03h29m14s(exp.120s,ISO1600)
EOS 6D(SEO-SP4改)+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)※トリミングあり

低ノイズとの定評のあるEOS 6Dを瀬尾さんからSEO-SP4改造していただいた。
今朝方はそのファーストライト。
ちょっとヘンな構図になってしまった。透明度は相変わらずシャキッとしない。
たて座付近からさそり座にかけての天の川が、ほんのうっすらと確認できる程度だった。
平日朝方の撮影は、やはり一日がツライ。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

月齢9.6

Img_0173
2014.04.09 19h21m35s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 5D MarkII+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

連日、晴れ間が続く。
ただ、真っ青な空ではなく、やや白みがかった青空。
3日連続で月面撮影ができた。
ほぼ一日中外仕事だったので、撮影していると足がだんだん震えてくる。
加齢を感じた一瞬だった。
それにしても、シーイングが安定していないこの頃。
「明日は下り坂」とテレビのお天気番組が伝えていた。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

月齢8.7

Img_0099
2014.04.08 20h35m16s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 5D MarkII+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

2日続けての月面撮影も、久しぶり。
会議で帰宅がやや遅くなったが、
帰る道すがら、雲がどこからか発生しないかと、時折空を見上げながら歩を進めた。

「ごはん?お風呂?」
という妻の呼びかけに、「撮影!」と一言発してそのままベランダへ直行。
私の一番好きな膨らみ具合の月面をカメラに収めた。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

月齢7.6(月面X)

Img_0061
2014.04.07 18h41m54s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 5D MarkII+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

久々の晴天。
そしてその晴天に合わせるかのように、これまた久々の「月面X(エックス)」
ファインダー越しにもX(エックス)の形をした地形を確認することができた。
バックグラウンドはまだまだ明るい時間帯。
このところなかなか良いタイミングでの月面Xには恵まれないようだ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

自由雲台が好き

Cimg0818

ふと思い立って、あちこちに散らばっていた自由雲台を集めてみた。

【アルカスイス】
☆モノボールZ-1+RRS製クイックリリースクランプ

【スリック】
☆バル自由雲台
☆ボールヘッド800
☆SBH-330

【ベンロ】
☆B00
☆PC-1

【ベルボン】
☆PH-173

【ジッツオ】
☆G1377M

と、まあこんな具合。
バル自由雲台は天体写真撮影を始めて、最初に買った自由雲台。
だからもう40年来のお付き合い。
ボールヘッド800は、カメラ取付プレートと分離できる仕様が珍しくて購入。
学生の頃、三脚や雲台といえばスリック製が憧れだった。

いま一番稼働率の高いのが、PH-173。ガッチリ止まる。
アルカスイスという存在を知り、個人輸入で購入したZ-1とクイッククランプ。
ベンロは中国製としてはしっかりとしたつくりでパノラマヘッドPC-1と小型B00を入手。
ジッツオは堅牢さと色合いが好み。
最近はスリック回帰志向が高まって、SBH-330(ホントは550が欲しかった)がメンバーの一員に。

脚元の三脚も、スリックマスターDX3段に始まり、ベンロC2580T、
そしていつかは欲しいと思っていたジッツオのシステマティックGT3542LSがラインアップされている。

もちろん、使用シーンを想定して入手はしている。
それにしてもいくら撮影スタイルがカメラレンズが中心とはいえ、
ちょっとどうなのとさすがに思いながら自由雲台を並べていたら、
妻が横を無言で通り過ぎていった土曜日の朝であった^^;

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

M65&M66&NGC3628

Img_0005
2014.04.01 21h40m58s(exp.120s,ISO1600)
EOS5D MarkII+EF300mm F2.8L USM(F2.8)+LPS-P2
EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

冬の星座が鮮やかすぎた分、この時期の星空はどうしても地味な感じになってしまう。
何となくスッキリしない空ではあったが、せっかく晴れているのでということで300mmで撮影。
でも、系外星雲は迫力不足。ファインディングチャートになるかならないか、という感じ。
精神的に忙しい時期でもあり、なかなか撮影に出かけるまでの気分にもならない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »