« M65&M66&NGC3628 | トップページ | 月齢7.6(月面X) »

2014年4月 5日 (土)

自由雲台が好き

Cimg0818

ふと思い立って、あちこちに散らばっていた自由雲台を集めてみた。

【アルカスイス】
☆モノボールZ-1+RRS製クイックリリースクランプ

【スリック】
☆バル自由雲台
☆ボールヘッド800
☆SBH-330

【ベンロ】
☆B00
☆PC-1

【ベルボン】
☆PH-173

【ジッツオ】
☆G1377M

と、まあこんな具合。
バル自由雲台は天体写真撮影を始めて、最初に買った自由雲台。
だからもう40年来のお付き合い。
ボールヘッド800は、カメラ取付プレートと分離できる仕様が珍しくて購入。
学生の頃、三脚や雲台といえばスリック製が憧れだった。

いま一番稼働率の高いのが、PH-173。ガッチリ止まる。
アルカスイスという存在を知り、個人輸入で購入したZ-1とクイッククランプ。
ベンロは中国製としてはしっかりとしたつくりでパノラマヘッドPC-1と小型B00を入手。
ジッツオは堅牢さと色合いが好み。
最近はスリック回帰志向が高まって、SBH-330(ホントは550が欲しかった)がメンバーの一員に。

脚元の三脚も、スリックマスターDX3段に始まり、ベンロC2580T、
そしていつかは欲しいと思っていたジッツオのシステマティックGT3542LSがラインアップされている。

もちろん、使用シーンを想定して入手はしている。
それにしてもいくら撮影スタイルがカメラレンズが中心とはいえ、
ちょっとどうなのとさすがに思いながら自由雲台を並べていたら、
妻が横を無言で通り過ぎていった土曜日の朝であった^^;

| |

« M65&M66&NGC3628 | トップページ | 月齢7.6(月面X) »

機材」カテゴリの記事

コメント

Z-1を持っておられましたか すごいですね。
たしか、大型三脚が買えるほどではなかったでしょうか。
 国産はスリックと定番でしたね。知らん間にケンコーの傘下に収まって
しまいましたけどね。バル雲台はシンプルな操作性で今でも使います。
しかし、 暗がりでのねじ込みがめんどくさいので 最近は一番右端のような
パノラマヘッドとクイックリリースがほとんどです。
 これですと ポタ赤が全部ドイツ式赤道儀なりますからね。

投稿: satelight57 | 2014年4月 5日 (土) 11時07分

耐荷重59kgというとんでもないスペックのZ-1に一目惚れでした。
あの頃はまだ円高だったので、一も二もなく海外ネット通販でポチっ。
その後、RRSからクイッククランプを取り寄せて付け替えました。
耐荷重が耐荷重だけに、お値段も耐荷重並み??

確かに、パノラマヘッドとクイックリリースは、装着が簡単です。
レンズ側に三脚座が付いていれば、構図決めも楽ちん。
これからの標準的仕様になるでしょうね。

投稿: 星のおじさん | 2014年4月 5日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由雲台が好き:

« M65&M66&NGC3628 | トップページ | 月齢7.6(月面X) »