« コルカロリ~かみのけ座~デネボラ | トップページ | S字状暗黒星雲付近(へびつかい座) »

2014年5月24日 (土)

P-2Z赤道儀に外付け極軸望遠鏡を取り付けた

そもそも極軸望遠鏡が内蔵されているポータブル赤道儀に外付けの極軸望遠鏡を
取り付けることなど邪道なのかもしれない。
ただ、遠征地に到着し、1分でも早く撮影態勢に入りたい時、
覗きにくくセッティングしにくい極軸望遠鏡を使うのは、精神衛生上良くない?のでは
という思いで考えてみることにした。
元来、面倒くさがり屋なので、この歳になって?時角計算をして北極星を導入するのは、
それだけで血圧が上昇しそうだし。

元々、図面を書いたりすることができない人間。
そこでパワーポイントを使ってこんなイメージ図を作ってみた。

Ppt

縮尺はメチャクチャ。
でもイメージがあれば何とかなるという思いで、これをパーツ製作でお世話になっている
コスモ工房さんへメールに添付して製作可否の確認と見積もりを依頼。
するとその日のうちに製作可という文面とともに見積もりが返信されてきた。

さすがコスモ工房さん!ということで正式に製作をお願い。
ただ、中央の取り付け部分のネジサイズを正確に測って欲しいとの要請があったので、
これを機会にノギスを購入。35mm径であることを再確認して報告。

待つこと6日。
届いた現品がこれ。

Adapter

いつもながらホントに素早く丁寧なお仕事。
感謝、感謝。
思い立ったらすぐにでも使ってみたい私の気持ちの一番の理解者かもしれない。
そして、P-2Zの内蔵極軸望遠鏡の周囲に切られているオスネジを使って取り付け。

Cimg0838

ウンウン、イメージどおり。
最後にM6ネジ穴を使って、TOASTテクノロジーさんの極軸望遠鏡を取り付けた。

Cimg0840

これで完成。
製作していただいたアダプターと極軸望遠鏡を支えるステーがフラットに加工されているので、
内蔵極軸望遠鏡との光軸は合っているという考えに基づいた仕組み。
ちなみにユニテックさんの極軸望遠鏡も同様のスタイルであり、取り付けもM6ネジだから、
そちらがお好みの場合でも使える。

私は基本的に100mm程度までのカメラレンズ撮影が中心なので、
P-2Zの精度とも相まって必要かつ十分な能力を発揮するのではと思っている。
実戦投入は今夜以降。(余談:きりん座流星群ってホントに流れるのかな??)
光軸が合っているかどうかは昼間でも確認はできるが、恐い?ので止めておこうかと(笑)

| |

« コルカロリ~かみのけ座~デネボラ | トップページ | S字状暗黒星雲付近(へびつかい座) »

機材」カテゴリの記事

コメント

 それにしても このP-2Zは NJPを超小型にしたような赤道儀ですねえ。あらためてそう思いました。塗装色も同じですし。
 今回の アップグレード記事を読んで、ナノトラッカーの極軸望遠鏡をなんとか
とりつけるヒントを得ました。ナノトラッカーは広角用ですが、いまいち極軸精度
に不安がつきまといます。

投稿: satelight57 | 2014年5月24日 (土) 12時46分

「高橋製作所の赤道儀っ!!」って感じですよね。
今回製作したアダプター、もう少し高緯度だと円板の一部が赤道儀に干渉してしまいます。
そのような時は、形を変えたアダプターを製作していただくつもりです。
ナノトラッカーの極望、うまく取り付けられるといいですね。

投稿: 星のおじさん | 2014年5月24日 (土) 15時09分

P-2Z赤道儀って私が高校生の時に買ったTS50に似てます。同じ流れをくんでいるのかも。
極軸望遠鏡がないのが難点でしたが、安いわりにはしっかりした作りでした。
だいぶ前にオークションに出してしまいましたが(それも捨て値で(T-T))こんな風に改造できるのなら取っておけばよかったです。

投稿: まるひ | 2014年5月24日 (土) 16時28分

それはもったいないことをしましたね。
昔ながらの赤道儀が見直されていて、今ならかなり高く売れたのではないでしょうか。

私も昔、TS65mmP-2を持っていましたが、
確か、EM-200赤道儀を購入する際に下取りに出してしまいました。
ただ、あの頃の極軸の高度調整はスパナが必要だったような・・・。
今みたいなレバー式(工具レス)であれば、もっと使いやすかったのだと思います。

投稿: 星のおじさん | 2014年5月24日 (土) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-2Z赤道儀に外付け極軸望遠鏡を取り付けた:

« コルカロリ~かみのけ座~デネボラ | トップページ | S字状暗黒星雲付近(へびつかい座) »