« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

一見穏やかな大晦日

Dsc_0459

昨日からの予報のとおり、お昼過ぎにお天気はいったん回復した。
まるで、この後の荒天に向けて助走をとるかのように。
さて、この三が日はいったいどれほどの積雪量となるのだろうか。

とある気象予報士さんのTwitterに書いてあった。
この時期は毎年寒気が降りてくる。決して珍しいことではない。
だから、年末寒波とか年越し寒波とか年またぎ寒波だとかいろいろな呼び方があるというのだ。
なるほど、言われてみればそうかもしれない。
今回の寒波も、寒気の強さは一級品のようだが、ちょうど人の移動時期と重なることから、
マスコミはことさら大きく取り上げているという見方もできる。
しかし、大雪のターゲットとなっている当地は、決して他人事ではない。
ほどほどの降雪であればまだしも、市民生活に大きな影響が及ぶことも懸念される。

いろいろな方のご意見をお聞きしている。
日本海の海水温は12月中旬より下がっている、JPCZは北陸西部指向、ブロッキング高気圧が弱まっている・・・などなど、
一条の光明を見出すかのようなお話もある。
果たして、どうなることやら。

ということで、2014年ブログの書き納めです。
今年も当方の稚拙なブログをご訪問くださり、本当にありがとうございました。
来年もマイペースで綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

月齢5.3

Img_0767
2014.12.27 17h46m29s(exp.1/60s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

ようやく雪の話題から脱却。
雲間から現れた久々のお月さま。
既に気温は氷点下2度。
望遠鏡カバーはバリバリ、ベランダはツルツル。
という状態の中で撮影。やっぱり楽しい。

さて、年末年始は10年に1度という大雪だとか。
いくら雪国で雪に慣れているとはいえ、12月にこれだけ降ったうえに、さらにどれほど上積みされるのか。
何でも北極からの寒気が日本付近に流れ込みやすくなっているらしい。
おかげで箱根駅伝スタート地点応援が、昨年に続いてキャンセルとなってしまった。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

雪ネタはさらに続く

Dsc_0452

今日は町内一斉除雪。
屋根から下ろされた雪が、道路にうず高く積まれている。
ホントは夕方にはキレイに片付けられるはずだったのだが、
思いのほか作業が進まず、この時点でも道路は一部しか片付けられていない。
火事や救急事案が発生しても、消防車や救急車が入って来られない状態。
十分に気をつけねば。
それにしても固く締まった雪である。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

雪ネタは続く

Dsc_0450

今日は午後から代休をとって雪片付け。
さて、ここはどこでしょう?

実は・・・

Dsc_0451

そう、屋根の上。
今年初の屋根の雪下ろし。
12月にここまで降ったり積もったりするのも珍しい。

屋根の上の雪の量は、もう少しで背丈ほどに達しそう。
しかも締まっていてとても重い。
雪庇が大きくせり出している。
足元を十分に気をつけながら3時間ほどかけて片付けた。
県内では屋根から落ちて、亡くなられた方もいらっしゃる。

今夜からは再び寒気の流入。
加えて低気圧が北海道付近で猛烈に発達して強い冬型に。
当初は等圧線が若干寝ている感じなので、里雪から山雪に変わってきそう。
ふだん当地はあまり風が吹かないのだが、ここまで等圧線が混み合うとどうなるか。
大きな災害に結びつかなければ良いのだが。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

12月は寒冬らしい

Cimg0908

寒気の流れ込みが続く。
今日から明日にかけてが第一波。来週半ばが第二波。
そして来週末以降が第三波らしい。
エルニーニョが発生していたとか、北日本以外は暖冬傾向だとかの話はどこへやら。

いまのところ当地はまだ積雪40センチほどだが、
ピークは今夕から明日にかけてと思われるので、ここからどれくらい上積みされるのか。
衆議院議員総選挙投票日の当日朝は、ひょっとして各地でかなりの混乱が生じるかもしれない。
杞憂に終わればいいのだが。

そういえば明日はふたご座流星群の極大。
晴れている方面の皆様、観測ヨロシクお願いします。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

あっという間に積雪80センチ

Cimg0907

やっぱり実力があります。
昨日から降り続いた雪で、こんな状況に。
寒気は抜けつつあるそうで、一段落というところ。
しかし、今週もまた週末寒波との予報。

そういえば、少し前にはアメリカ大陸が寒波に見舞われたし、
現在は台風22号がフィリピンで猛威を奮っているそうです。
地球規模からすればこれまでと変わらない営みなのかもしれませんが、
なかなか「例年(平年)のように」というのが難しくなってきている気がします。
やはり温暖化の影響なのでしょうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

初雪が大雪に?

Cimg0904

とうとう降りました。
平地では今冬初の本格的降雪です。
タイミングが悪いことに、この冬一番(ここまでの)の寒気が流れ込んでしまったため、
そこそこの積雪になりそうです。

20時現在で17センチの積雪。
これで明日早朝の除雪車出動は間違いないでしょう。
長い星見オフシーズンのスタートです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

月齢9.0

Img_0690_2
2014.12.01 20h31m33s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

師走の入り。
日中は雨が降り続き、夕方からは風が強くなった。

20時過ぎにベランダへ出てみると、薄雲を通して月が見えた。
よくよく見れば、雲のある位置以外はすっきりと晴れて星も見えている。
地上の風の強さに比べると、雲の動きはワリとゆっくり状態。
明日以降、しばらくは星空・月空ともお別れになりそうなので、撮影することに。

準備をしていると、自分の影がはっきりと地べたに映し出された。
見上げると雲を抜けた月が浮かんでいる。
しかし、すぐ近くには雲が迫ってきていて、晴れ間はそう続きそうにない。
そのとき、ふと風が止んだ。
いまだ!とばかりに立て続けに60コマを撮影。
このお天気状況からすれば、まずまずの月面ではなかろうか。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »