« 月齢10.1 | トップページ | 長岡ラーメン「いち井」 »

2015年4月 4日 (土)

皆既中の月

Img_1182_2
2015.04.04 21h00m57s(exp.5s,ISO800)
75SDHF+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-2(K-ASTEC AGS-1L改)
FL=1000mm,F=13.3

GPV気象予報では雲間から見えそうな雰囲気。
ダメもとで昼間に目星を付けておいた場所へと向かう。

道路上だが数分に1台くらいしか車が通らない場所なので、さほど迷惑にはならない。
19時過ぎに到着すると、雲に半分隠れたお月さま。
しかし、流れていく雲に期待が膨らむ。

19時15分、本影食スタート。
相変わらず薄雲に覆われている。
しかし20時過ぎになると、ほぼ雲がとれて快晴状態に。
こうなると一刻も早く皆既になって欲しいと願わずにはいられない。
その後も時折薄雲に覆われながらも、なんとか皆既の時刻を迎えた。

| |

« 月齢10.1 | トップページ | 長岡ラーメン「いち井」 »

天体写真」カテゴリの記事

日食・月食」カテゴリの記事

記録・観測」カテゴリの記事

コメント

撮影できてよかったですね。
 こちらは 全くだめでした。
 最初から準備しませんでした。(笑)

75SDHF×2倍エクステンダー1000mmで
ちょうどの大きさになるんですね。
覚えておきます。
 今朝の新聞によりますと
桜と同時に写し込んだ皆既月食。
確かに季節がわかるものを写し込んでおくと
いいかもしれません。しかし
地上と月面同時にくっきりとはいかないようです。

ところで
地上と星空を同時にくっきりだす方法がないものかと
前々から探しておりました。こちら↓によさそうな方法がありました。
http://ml29050.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/2top-0b1c-1.html
「2値マスク合成による新星景写真」とタイトルはむずかしそうですが
やり方は「youtube」に解説もありました。
今度「追試」しようと思ってます。


投稿: satelight57 | 2015年4月 5日 (日) 16時09分

これ、トリミングしています。
フルサイズのカメラですと、概ね焦点距離の1/100に写り込みますので、
コマ目一杯に写そうとすると2000mmくらいの焦点距離が必要となります。

当地はまだ雪が残っていますので、「雪原と皆既月食」のような撮影イメージも
あったのですが、見合う良いロケーションを探しきれませんでしたので断念しました。
その場合はカメラレンズで狙おうと考えていました。

「2値マスク合成・・・」ご紹介ありがとうございました。
satelight57さんの作品づくりに活用できそうですね。

投稿: 星のおじさん | 2015年4月 6日 (月) 05時13分

星のおじさん様
皆既月食撮影成功おめでとうございます。
当地(埼玉北部辺境地)と出かけていた東京都内はともに厚い雲に覆われて
いたので今回はあきらめました。
新潟村上市に在住の有名星系写真家は今回は新潟では無理?とふんだらしく
東北仙台付近まで遠征したそうです。

次の皆既月食2018年1月31日だそうですので、関東は晴天率高そうです。
次回こそがんばろう!

投稿: 先 | 2015年4月14日 (火) 02時37分

雲の往来を気にしていた時、
確かに北側の空(新潟方面)には雲がびっしりと敷き詰められていました。
その雲がこちら側にに流れてこないようにと念じていた次第です。

経験的に天文現象が起こる日のお天気は恵まれないことが多いのですが、
何気に今回はグッドタイミングでした。
次回、当地は望み薄です。

投稿: 星のおじさん | 2015年4月14日 (火) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既中の月:

« 月齢10.1 | トップページ | 長岡ラーメン「いち井」 »