« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

降ったり止んだり

Dsc00045

昨日から降り続いていた雪は、今朝には降り止んだ。
アメダスポイントで、ようやく積雪1メートル。
しかし降り止んだことで、また2ケタに逆戻り。
日常生活的にはこの上なくありがたいのだが、
水不足で春先の農作業を心配する声も。

1月も明日で終わり。
大寒から立春までが冬の中でも一番厳しい時期と言われるが、
やはり暖冬と言えるのかもしれない。
薄日が射してきた。
窓の外を見ると、まるで春先と見間違うような光景が広がっている。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

月と木星の接近

Img_2026

朝起きて新聞を取ろうと外へ出てみると何やら明るい。
見上げれば月と木星の接近。
それにしても暖かい。というか正確に言えば、ここ数日の冷え込みに比べての話。
フリース1枚をはおり、裸足のまま1.4倍のテレコンを付けたサンニッパを持ち出し、
迫り来る雲に怯えながら?数枚撮影した。

天文年鑑によれば、今日の10時過ぎにもっとも近づくらしい。
このところ雪の話題ばかりだったので、たまには天文ネタということで。
何の工夫もない写真の掲載だが、ご容赦を。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

今冬一番の寒気流入中

Dsc_0030

1週間前と同じポイントでの撮影。
手前の駐車場の雪がその先に積み上げられているのだが、
1週間前とその高さはほとんど変わらない。(下記記事参照)
降雪もあるのだが、日差しや降り止みもあって増えたり減ったり状態。
雪国に住む我々にとっては、一番ありがたいパターン。
でも総じて言えば、いまのところは暖冬少雪。

しかし、昨夜から今日、そして明日にかけてはマスコミでも「○十年に一度」などと、
流入する寒気の強さと広がりを伝えている。
「沖縄で降雪!?」みたいな記事もあったが、
そういえば高校の修学旅行に行った時、阿蘇山で雪に降られたことがあった。
新潟県内もこれから一時的に500hPa(5000m)マイナス40度の寒気に覆われる。
当地では雪雲の通り道から少し外れていたが、この時間になって積もりそうな雪が降ってきた。

明日の早朝除雪は間違いないところだが、果たしてどこまで積もるのか。
ただこの寒気が抜けると、少なくとも今月いっぱいはまた暖かい冬に戻りそうな予感。
週の後半は降るものが雪ではなく雨の予報となっている。

(追記:15時15分)
本日午後、奄美大島の名瀬測候所で、115年ぶりの「みぞれ」を観測したとのこと。
ちなみに当地も現在、風雪が非常に強くなっています。
GPVを見ても明日の午前中までは比較的強く雪が降り続きそうです。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

嵐の前の静けさ

Dsc_0029

午前7時現在、積雪26センチ。平年比30%弱。
スキー場で有名な近隣の越後湯沢のアメダス地点では、なんと0センチ。
いまのところ暖冬少雪傾向は継続中だが、たぶん来週に入ると一変する。
テレビやインターネットのお天気情報では、強い冬型の継続を伝えている。
等圧線も混雑し、強風も吹き荒れると予報。
上空の寒気も一級品であるため、積もりやすい雪が降り続き、積雪も一気に増える恐れがある。
雪を待ち焦がれていた各方面にはありがたいのだろうが、道路除雪が追いつかなくなり、
混乱も予想される。
ほどほどであれば良いのだが、そうではないような気がしてならない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

テレビ番組「もうひとつの箱根駅伝」

Img_0294

1月10日(日)の16時から日本テレビ系列で放送された「もうひとつの箱根駅伝」という番組。
ご覧になった方もいらっしゃると思う。
この中で「えっ?そんなことあるの??」と思うような事実が語られていた。

なんと、兄・勇馬が本番で使うランニングシューズを忘れて中継所へ行ったというのだ。
東洋大のマネージャーが慌てて連絡を取り、シューズが入ったと思われる袋が届けられる様子を番組のカメラは捉えていた。
何かあったのかという問いに「本人、落ち着いてますので大丈夫です」というような趣旨の答えをマネージャーは返していた。

青学大・東洋大・駒沢大の各監督とも異口同音に1区から3区の選手起用を重視していた。
それが思い通りの選手起用、そして期待通りの走りとなったのが青学大であったと分析。
2区を走り終えた勇馬が弾馬の走りを見て「アホタレか、アイツは」と言い放つ。
東洋大・酒井監督は「3区・弾馬の前半の走りがすべて」とコメント。
他にも選手にまつわる様々な話題が語られたなかなか面白い番組だった。

見逃した方へ。
CS系の日テレジータス
1月16日(土) 16時~17時
1月30日(土) 23時15分~0時15分
で再放送予定とのこと。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

冬型の気圧配置は続くものの

Dsc_0019

毎年2月に雪まつりの雪上カーニバルが開催される会場の今朝の様子。
先ほどまで降っていたのは雨、このタイミングでは青空。
どう多く見積もっても積雪20センチというところ。
ちなみに昨年の今日の積雪は224センチ。
ステージ作りでは雪を運び込むのだが、その持ってくる雪もない。
もっとも一晩で80センチから1メートルの降雪ということもないわけではないので、
関係者はその実力に期待をかけている。

上空の寒気は、このところ冬らしい形になりつつあるらしい。
ただそれが一過性なのか、ある程度継続するのかはまだわからないという。
上空5000メートル、マイナス30度の寒気も北海道から東北地方がベースで、
時折新潟県まで降りてくるというシミュレーションになっている。

暖冬少雪。
生活的にはありがたい限りなのだが、あまりに度を超すと様々な影響も出る。
それでなくても、最近の気象現象は極端過ぎるのだから。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

東洋大・服部兄弟に再びお目にかかりました

Img_0311

今年の箱根駅伝で念願の兄弟たすきリレーを実現させた服部兄弟にお目にかかりました。
2年前と比べさらにキリリと引き締まった表情に、二人の成長を感じとることができました。

箱根駅伝では残念ながら総合優勝の奪還は果たせなかったものの、
総合2位、兄は区間賞、弟は区間3位という立派な走りは実に見事でした。

新年度、兄・勇馬はニューイヤー駅伝2連覇のトヨタ自動車へ就職、弟・弾馬は最上級生としてチームを牽引します。
そしてその先、兄はマラソン、弟はトラック種目でのオリンピック出場が視野にあります。

ケガをしないよう、練習を積み重ねて、ぜひその夢を実現して欲しいものです。
それにしても、イケメンだな~ぁ。

Img_0305
市役所正面玄関前では、大勢のファンがお出迎え。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

箱根駅伝スタート地点風景

3年振りに出かけてきました。
以前に比べて、人出がかなり増えた感じがしました。

Img_0110

現地到着した5時20分頃はまだこんな感じですが、これから一気に人が増えてきます。
両側の最前列をゲットするには5時30分前の到着をオススメします。

Img_0134

6時20分頃に横断幕が張られました。少し周囲が明るくなってきました。

Img_0141

6時30分頃には二重・三重の人垣に。

Img_0161

日テレの村山アナ、水卜アナ、そして瀬古利彦さん。テレビ中継されていたのでしょうか?

Img_0164

すでに関係者以外立ち入り禁止となっているエリアに、突如、外国人ランナーが。
「ダイジョウブ、ダイジョウブ」って大丈夫じゃないと思うけど。

Img_0173

選手コールを終えた東洋大1区・上村選手。

Img_0205

スタート時刻が近づいてきました。1区のランナーたちが勢揃い。

Img_0229

午前8時。号砲一発。スタート。

Img_0233

箱根・芦ノ湖の往路ゴールを目指しての襷リレーが始まりました。

Img_0248

選手たちが目の前を一気に走り抜けていきます。

Img_0270

そして、最初の角を左折し、日比谷通りへと飛び出していきました。

往路の結果はご承知のとおり。
明日の復路も、無事に各校の襷がゴールまでつながることを念じています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

なんとか見えた初日の出

Img_2016

テレビではヘリコプターからの初日の出中継。
ベランダから空を見上げると、雲間の青空にお月さま。
GPVでもどん曇りではなさそう。
ということで、カメラを持って定番の撮影ポイントへ。

小雪がチラつく中、わずかに見える雲の切れ間は、既に黄金色に染まっている。
しかし、南から低い雪雲がどんどん流れ込み、次第に青空の範囲は狭くなってくる。
ダメかなと思いつつも待つこと数分。
何とか薄い雪雲越しに顔を出した太陽を捉えることができた。

シャッターを切りながら、今年一年の無病息災を願った。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

20160101nenga

今年は申年ということで、モンキー星雲でまとめてみました。
ひっくり返ったお猿さん顔に見える、なんとも特徴的な形の星雲です。

既に来年の酉年はどうしようかと思案中。
思いつくままトリ系の星座。
きょしちょう、くじゃく、つる、ふうちょう、ほうおう・・・って南天ばかり。
これは今年中に南半球へ遠征せよというお達しか。
かといって、からす、はくちょう、わしというイメージでもないし。
鶏(にわとり)っぽい星雲とかあったかな。

ともあれ、これからもいろいろな話題を詰め込みたいと思いますので、
時々は当ブログを見に来てみてください。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »