« 雪上カーニバルの花火三態 | トップページ | 春は駆け足で・・・か »

2016年2月26日 (金)

CP+2016へ行ってきました

午後から出かけて会場滞在1時間。そして日帰りの強行軍。
2年振りのパシフィコ横浜へ。

Dsc00072

まずは招待券を送ってくださったコシナブースを訪問。
ショーケースの中のZeissの新レンズMilvusシリーズ。
Otusほどではないが、その図体はデカい。で、高額。
でも、何となくいい写真が撮れそうな気がするレンズ。

Dsc00077

SONYのフルサイズコンデジ。DSC-RX1RM2。
4240万画素で光学式可変ローパスフィルターを内蔵。
レンズはSonnar T*の35mmF2単焦点。
なんか最近、こういうカメラが欲しくてたまらない。ただ・・・異常に高額!

Dsc00080

ビクセンの星座早見盤、「宙の地図」。
しっくりくるネーミング。濡れても破れないストーンペーパーを採用とのこと。
ビクセンは宙ガール狙いのブース構成。
駅へ向かう帰り道。ビクセンのカタログを持った女性が、私を追い抜いて行った。

Dsc00086

Borgはカーボン鏡筒(80ミリ径)の試作品を出品。
持って見ると、めちゃくちゃ軽い。
なるほど、さすがにボーグは目の付け所が違う。
近々製品化されるに違いない。

Dsc00089

ケンコートキナーのブースでは、スカイメモTを参考出品。
手前がT、後方が現行のS。
なんでもスマホで全部コントロールできるらしい。
極軸望遠鏡のパターンに見たことのない目盛りが。なんだろ、あれ。
発売時期は未定だが、価格はSタイプより安価になるとのこと。

Dsc00095

トーストテクノロジーのブースではTP-7が鎮座。
ALLEXスライダー専用のモーションコントロールシステム。
レールの上をTP-7が行ったり来たり。こういう時代なんだと納得。

ちなみに、いつもの言い訳だが、

Dsc00074

とか

Dsc00075

といった写真を撮りに行ったわけではない。

ということで、ラストは横浜の夕景で締め。

Dsc00102

| |

« 雪上カーニバルの花火三態 | トップページ | 春は駆け足で・・・か »

機材」カテゴリの記事

コメント

強行軍 お疲れ様でした

ポータブル赤道儀のニューモデルに興味があります
今年も色々 新製品が発売されて楽しみですね

投稿: ムササビWAT01 | 2016年2月27日 (土) 10時31分

お天気が悪くなると、ついついネットサーフィンに夢中になり、
結果的にポチリ病が再発するという悪いパターンに陥ります。
気をつけねばと思ってはいるのですが。

新しい機材というのは入手するまでが楽しくワクワクします。
ホントは入手してからが勝負のハズなのですが、本末転倒ですね。

投稿: 星のおじさん | 2016年2月27日 (土) 17時10分

なかなか興味深い記事でした。
スカイメモTって
ちょっとどうなのかなあ。すみわけできるんでしょうか? まえに拙ブログ
で検討したように逆の方向をめざしてほしかったですね。または、本来
Tを最初にだすべきでした。
 ところで来月インドネシア皆既日食がありますが、あまり盛り上がってないような
気がしてます。テロのイメージがひびいているのでは?
GWは新月期なのに南天ツアーもありません。

投稿: satelight57 | 2016年2月28日 (日) 00時28分

私ももう少し高い精度が見込まれるポタ赤を作って欲しいのですが、
業界的には2極化なんでしょうね。
天文ってものすごく狭い業界ですから、その裾野をいかに広げるかという観点での攻めも
メーカーによっては必要なのではと思います。宙ガール戦略、然りです。

ケンコートキナーブースでたまたまお話した来訪者の方は、
「天体写真って敷居が高いので、スマホコントロールで誰でも写真が写せるのはありがたい」
と評価していました。

日食ツアーが盛り上がっていないというのは、
催行されるツアーが少ないということでしょうか?
時期が悪いのかそれともテロの影響なのか、
でも日食ウォッチャーはジャングルでも砂漠でも出かけていくでしょうから、
こちらもマニア以外の動きが鈍いということなのかもしれませんね。
とするとテロの影響なのかもしれません。
とはいえ来年の北アメリカ横断日食は盛り上がって欲しいものです。

投稿: 星のおじさん | 2016年2月28日 (日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CP+2016へ行ってきました:

« 雪上カーニバルの花火三態 | トップページ | 春は駆け足で・・・か »