« 祝!梅雨明け!! | トップページ | 昼ウォーキングと稲の生育とポケモンGO »

2016年7月23日 (土)

スカイメモRSの周辺機器

Dsc00439

まずは三脚。
satelight57さんも別記事でお話されていたが、スカイメモS用の三脚を流用。
3色のうち、アクセントを加えるためRD(レッド)を選択。
これにK-ASTECさんの極軸高度・方位調整装置XY50Dを介してスカイメモ本体を搭載。
問題は不用意に三脚に触れて動かしてしまうと、倒れる恐れがある。気をつけねば。

Dsc00437

次は暗視野照明装置。
ご存じのとおりスカイメモRSは本体から電源が供給され、極軸望遠鏡のスケールを浮かび上がらせている。
ただその明暗を調整するにはマイナスドライバーが必要だ。
これはお世辞にも使い勝手が良いとは言えないし機動性にも劣る。
このボリューム部分にツマミのようなものを取り付けられないかとも考えたが、
テレスコ工作工房さんが、面白いアイディアを商品化された。
ご覧のように、極軸望遠鏡の照明取り付け部分に、
ファインダー用に使われているような暗視野照明装置を取り付けるというもの。
確かに取り付けネジ径さえ合えば・・である。なるほどと思った。
商品名は「TK-PPF極軸望遠鏡専用LED調光装置」。
これでケーブルが1本不要になり、パネル回りがスッキリするとともに、
工具なしで照明装置の調光が可能となった。

Dsc00438

最後はバッテリーと電源ケーブル。
バッテリーはTOAST-Proを所有していた頃に購入したIBSJapan製モバイルバッテリー。
そしてケーブルは、当ブログにコメントをくださる彗星写真家のD81さんに製作を依頼。
スカイメモシリーズはなぜか電源口がメジャーではないセンターマイナスタイプ。
したがって、これまではケーブルの最後に極性反転ケーブルを接続していたのだが、
これがあまりスマートではなかった。
ネットで検索したのだが、思うような商品にはたどり着けなかったので、
電気系統に強いD81さんに相談したところ、
いわゆるリバースケーブルを製作してくださった。
十分目的は達せられたのだが、当のD81さんは納得がいかないようで、
これを暫定品としてもう一度、自身納得できる?ケーブルを再製作するとのこと。
いろいろとお手数をおかけしている。

なお、細かいことだが、従前所有していた時と同じように、
極軸望遠鏡の北側には30,5mm径のプロテクトフィルターを装着して、ホコリ等の侵入防止を図っている。

| |

« 祝!梅雨明け!! | トップページ | 昼ウォーキングと稲の生育とポケモンGO »

機材」カテゴリの記事

コメント

 スカイメモはオールインワンですけど
最低でもここまで周辺機器はいりますね。
いろいろ細かく解説していただいたので
比較したりしています。
そろえる機材は
いっしょですがメーカーがちがうので
使用レポートがお互い交流できると
いいでしょうね。 

さて 最近。
「買ってはいけない望遠鏡」から部品を調達して
なんとか遠征に間に合わせるべく四苦八苦してます のこった部品は ばら売り。
ペンタックスk-1資金口座へまわす。
TS65もほとんどジャンクだったのに、やはり
ブランド力ですかね。

 k-1 やはり評判通り天体むけ。しかし まだ 高い!
 よって 遠征後にします。α7sとよい勝負しそう。

さて 新星スカイメモRSで何撮りますかあ やっぱり星野ですかね
冷却カメラもあることだし 梅雨も明けたことだし。めでたし めでたし。

投稿: satelight57 | 2016年7月23日 (土) 23時44分

梅雨は明けましたが、雲の多い日が続いています。
気象学的には「晴れ」ですが、いわゆる「天文晴れ」にはなりません。
機材に手をかけてもそれを使えないとなれば、結局はイライラ状態継続中です。
次の週末あたりからが勝負でしょうか。

あ、冷却カメラはかなり昔にヤフオクにて売却済みです(笑)

投稿: 星のおじさん | 2016年7月24日 (日) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイメモRSの周辺機器:

« 祝!梅雨明け!! | トップページ | 昼ウォーキングと稲の生育とポケモンGO »