« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

台風一過の星空(カシオペヤ座)

Img_0920
2016.08.31 01h47m20s(exp.180s,ISO800)
EOS 6D(SEO-SP4改)+ZEISS Otus 1.4/85 ZE(F2.8)+LPS-D1・EOS-MFF-C+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

目が覚めてベランダへ出てみると、やっぱり星空。
風はそれほど吹かなかったものの、そこそこまとまった雨が降り、
大気中のチリを洗い落としてくれた。
目を見張るというほどではなかったが、久々にベランダからでも堪能できる星空だった。
どうしようか迷ったが、「2~3コマだけ」と撮影を決行。
予測できたことだが、案の定、眠い。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

金星と木星の接近

Img_2355
2016.08.28 18h44m36s(exp.1/30s,ISO400)
EOS 6D+EF300mm F2.8L USM+EXTENDER EF2×III(600mm F5.6)

今朝方、超大接近をした金星と木星。
今夕にはほぼ満月の見かけの大きさほどにまで離れてしまう。
とはいえ、まだまだ接近した様子を見てみたいと狙っていたところ、運良く雲間が覗いた。

カメラとレンズを防湿庫から取り出して河川敷へと直行。
三脚は車庫にあったものを車に放り込んで持ってきたら、意外とヤワな感じ。
こんな時に限って、風がめちゃくちゃ強い。

出がけにステラナビゲーターで確認すると、ほぼ真西の方向。
スマホの方位計で確認して目で追うが、わからず。
双眼鏡を使ったら、一発で「あった!」。
もう一度確認すると、「なんだ、金星も木星も肉眼で見えてるじゃないか」。
さすがマイナス3.9等とマイナス1.7等。

さっそく両星を写野に導き撮影しようとするが、風でカメラが揺れること揺れること。
で、風が一瞬止んだ時を狙って撮影したのが、このコマ。
残りの数コマは、全部ブレブレだった。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

気になる台風第10号の行方

Dsc_0183

写真はウォーキングの途中での一コマ。
いつもここを通ると、なぜか遠い昔の母方の実家を思い出す。
集落の外れに鎮守様があって、そこが高い杉の木に囲まれていたせいだろうか。
南こうせつの「幼い日に」で描かれている世界。
いつかここをバックに、星景写真もどきを撮影してみたいもの。

さて、台風第10号。
非常に稀なコース取りをしていたが、ここにきて予報円も絞り込まれてきた。
どうも関東直撃から東北直撃と、やや北よりのコースを進みそうだ。
場合によっては、四たび、北海道への上陸となるかもしれない。

コースが北よりとなったことで、
当地の30日の日中降水量が連続で1時間10数ミリと予測されていたのが、
暴風域に入る確率と合わせて、少し落ち着いた数値となった。
でも、最も西よりのコースとなった場合、数値が一気に跳ね上がる可能性もある。
また、今回は台風の襲来と合わせ、
寒気の流入により西日本でもまとまった雨が予想されている。
収穫の秋を控え、恵みの雨も多少は必要ではあるが、
とにかく災害のない程度の降り方となって欲しいもの。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

三星ほぼ直列

Img_0913
2016.08.24 19h23m57s(exp.15s,ISO400)
EOS 6D(SEO-SP4改)+Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)+PRO1D プロソフトンA(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

晴れたっ!
というより、雲が偶然にも切れたといった感じ。

ともかく、(上から)土星、火星、そしてさそり座のアンタレスが、
ほぼ直列に並んだ様子をカメラに収めることができた。
たぶん、もう1時間もすればもう少し火星が東へ移動し、もっと直列感は増すのだろうが、
我が家からは限界。
というか、既に雲にしっかりと覆われている。
なにせ大雨洪水注意報発令中の身。
雨雲が押し寄せてこないうちに、早々に撤収。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

今夜の三星競演

Img_0879
2016.08.21 20h05m12s(exp.40s,ISO800)
EOS 6D(SEO-SP4改)+Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

24日の縦一列に向け、昨日に比べて火星が東側へ移動してきた。
でもこの種の写真は、やはりソフト系フィルターを使ったほうが見映えがする。

明日は台風9号が近傍を通過予定。
ちょうどその時間帯、外へ出かけねばならないため、億劫な一日となりそう。
災害に結びつくような大雨にならなければ良いが。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

三星競演

Img_0874
2016.08.20 20h14m02s(exp.30s,ISO800)
EOS 6D(SEO-SP4改)+Apo-Sonnar T* 2/135 ZE(F2.8)+PRO1D プロソフトンA(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

飛来する雲の間に星が顔を出すのを待ってのワンショット。
今年の春先にも掲載したが、火星と土星、そしてさそり座のアンタレスによる三星競演。
相対位置の違いにも注目して欲しい。

ご存じの方もあると思うが、この三星、今月24日にはほぼ縦一列に並ぶ。
ぜひカメラに収めてみたいが、果たして晴れるかどうか。

それにしても、この時期の三星、我が家のベランダからだとご覧のように、なんとかやっとという感じ。
4日後に同じ構図で収めるためには、約16分早く20時頃に撮影しなければならない。
お天気も心配だが、時間との闘いも気になるところ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

季節は進む

Dsc_0180

台風が一気に3つも発生した。
現時点で似たような位置にありながら、今後は三者三様の動きをしそうだ。
また藤原の効果とかいって、予測が難しい進路となるのだろうか。
北日本や北海道では大雨が降りやすいと聞く。
今日の午前中は一時的に東京で河川はん濫の恐れありとの情報も流れた。
雨は恐い。
十分に気をつけねば。

休日ウォーキングの途中で足元を見やると、
季節の変わり目を目の当たりにする情景に出会った。
今年は稲の生長が早いと聞くが、いつの間に頭を垂れ始めたのだろう。
食欲の秋ももう間近。
それまでにしっかりと体重を調整しておかないと(笑)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

月齢10.6

Img_0118_2
2016.08.13 20h17m37s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS Kiss X5+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

晴天が続く。
昨日に比べるとやや揺らぎはあるが、シーイングもまずまず。
今夜も月面写真撮影に興じた。

明日は午後から曇り、明後日には降雨が予報されている。
個人的には月曜日までお休みをいただいているので、少しゆっくり出来そうだ。
これでエアコンが故障していなかったら申し分ないんだけど。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

相次ぐ雲襲来に泣く

Img_2294

こういう時に限って、GPVは当たる。
結局、月没後の1時間ほどは何とか星が見えていたものの、
その後はしっかりと雲に覆われてしまった。
後片付けをして帰宅し、もし星空が戻っていればベランダ観望&撮影を目論んだのだが、
1つ、2つとしか星を数えられなかった。

加えて、カメラ雲台を持参し忘れるという致命的なミス。
スカイメモにカメラを直付けするというその場しのぎで対応。
普段は車が1時間に1台通るか通らないかというスポットなのに、
お盆のためか頻繁に往来のあることあること。
すっかりテンション下げ下げのペルセ群観望&撮影行となってしまった。

それでも星空が見えていた1時間ほどの間に15個くらいは数えられた。
しかし写野を横切ることはほとんどなく、ピントも甘め。
今夜の月没時刻はさらに遅くなるし、リベンジはどうしたものか。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

月齢9.6

Img_0073_2
2016.08.12 19h48m37s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS Kiss X5+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
(※グレースケールに変換)

間もなくペルセ群観望に出陣の時間ではあるが、
その前に昨日に引き続き、月面を撮影。
ワリとシーイングも落ち着いていて、1枚撮りにしては比較的いい感じになった。
その昔、モノクロフィルムで撮影し、POTAやマイクロドールX希釈などで
現像処理しまくっていた頃を思い出し、モノクロモードにしてみた。
クリックで大きな画像が表示される。

さて、20時30分更新のGPVを見ると、県南部は少し雲が広がる感じ。
ただ、ここしばらくの間のペルセ群極大日の中では一番ではないだろうか。
星に興味を持ち始めて以来、8月12日から13日というのは特別な日となった。
2001年のしし座流星雨のようなことにも遭遇したが、
やはり毎年安定して出現するペルセ群は一番の天文現象ではないだろうか。
一般の人たちにとっても、非常にわかりやすい。

では、皆さん。
そこそこ?の出現を願いながら、夜空を見上げましょう!!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

月齢8.6

Img_2263
2016.08.11 19h48m00s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

久々に月面を撮影。
それにしても透明度が良い。
月に近いさそり座の星々や火星、土星もはっきりと見える。
明日はペルセ群の極大日。お天気は良さそうだ。
この透明度、明日までぜひ続いて欲しいもの。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

深呼吸ポイントと新祝日「山の日」

Dsc_0170

いつも同じような写真で恐縮だが、ウォーキングでここにさしかかった時、
思わず深呼吸をせずにはいられなかった。
今日は気温は比較的高いが空気が乾燥しているせいか、風が心地よい。

今年から新設された祝日、「山の日」。
海の日があって山の日が新設されたのだから、次はやはり「空の日」ではないか。
「宙(そら)の日」というのも洒落ていていい。
祝日がないのは6月だが、梅雨のイメージが重なって空の日には不適か。
どのみち、暦を決めるのは国立天文台だから、きっと佳き日を選んでくれるに違いない。
ぜひ実現してもらい、その日の前夜は全国的にライトダウンするというのはどうだろう。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

NGC7000からIC1396付近

Img_0860_0863_2
2016.08.06 22h48m20s(exp.180s×3コマ+300s×1コマ,ISO1600)
EOS 6D(SEO-SP4改)+ZEISS Otus 1.4/85 ZE(F2.8)+LPS-D1・EOS-MFF-C+スカイメモRS

暑い日が続く。
今年は祝日・山の日ができ、曜日並びも良く、夏休みを絡めて、5連休を確保する予定。
その間にペルセ群の極大はあるし、お天気もまずまず良さそうだし。
ただ好事魔多し、絶対に何かありそうな予感。
とはいえ、2~3日くらいは撮影に出かけたいところ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

はくちょう座α星からγ星付近

Img_0854
2016.08.06 22h00m55s(exp.300s,ISO1600)
EOS 6D(SEO-SP4改)+ZEISS Otus 1.4/85 ZE(F2.8)+LPS-D1・EOS-MFF-C+スカイメモRS

久しぶりに撮影へ出かけた。
時間の経過とともに雲が増えるというGPV予報だったので早めの出動。
まだ生活光が十分に残っている時間帯ではあったが、それでも何とか頭上には天の川が。

スカイメモRSが(再)初稼働。
実際に使ってみると、ここが使いにくい、あそこはああしたほうがと再ポチリを誘発しそうな雰囲気。
結構、シャッターを切るまで手間取り、額や首筋には汗が・・・。

撮影を切り上げて帰宅準備。
スカイメモを車に積み込んだその時、背後からヘンなうなり声のようなものが。
と同時にポケットに入れていたスマホのアプリがいきなり起動(音と振動)。
「うゎぁぁぁ~」
思わず声が出た。クマさん!?(最近当地では頻繁に出没目撃アリ)
車に転げ込み、一呼吸して辺りを恐る恐る見回す。
何もいない、誰の姿もない。
ヘッドライトを点け、忘れ物がないか改めて確認し、車を発進させた。
うなり声もそうだが、あの自動起動した「ARなんとか」というアプリって、なんなんだ。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

夏本番!

Dsc_0168

さすがにこの時期のウォーキングはつらい。
当地の最高気温はアメダスポイントで32.7度。
ただ1時間半ほどのウォーキングで汗が滝のように流れるかといえば、
時折吹く風が爽やかに感じられ、それほどでもない。

こんな時に限って、寝室のエアコンが故障してしまった。
取扱説明書によると、なんでも保護装置が働いているサインが出ているらしい。
20年も昔で既にないメーカー。どうしたものかと思案中。
それでも明け方には20度前後まで下がるので、なんとかもっている感じ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »