« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今朝のしし座

Img_1053

今朝、午前4時過ぎにベランダへ出てみると、しし座が目に飛び込んできた。
その少し東寄りには木星も輝いている。
気温は氷点下3度。
バリバリに凍った望遠鏡カバーを外し、撮影を始めた。

ところが、準備している間に雲が押し寄せてきて、
あっという間に全天を覆う状況となった。
それでも何とか1分露出で撮影したしし座が、今年ラストの星野写真。

satelight57さんではないが、ホントに今年はヘンなお天気だった。
来年こそは1回でも多く、満天の星空の下に身を置きたいもの。

今年1年、稚拙な当ブログをご訪問くださり、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

年の瀬

Dsc_0371

昨夜からの降雪で20センチほど積もった。
今朝からは降ったり止んだり。
時折、太陽も顔を出す比較的穏やかなお天気となっている。

昨日発表された1カ月予報。
新潟を含む北陸地方は
「冬型の気圧配置が弱く大陸からの寒気の影響は小さい見込み。
1カ月の気温は高く、降雪量は少ないでしょう」
とのこと。
どうも気温が高いのは、全国的な傾向のようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

都会の雑踏

Dsc_0347

久々に都会の雑踏の中に身を置いた。
見る人が見れば、これがどこの駅前かはすぐにおわかりだと思う。

スマホで撮影するのをちょっとためらったのだが、
近くで外国の方々がカメラを構えて撮影していたので、
ちゃっかりとその中に紛れて写してみた。

少し前までは何のことはなかったが、
やや息苦しさを覚えてしまうのは、
身体がすっかり地方仕様になってしまったからだろうか。
そういえばここ数年、上京するのは年1~2回しかなくなってしまった。

暮らす場所ではないとUターンした身。
でも刺激をもらうには、この上ない空間であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

雪のないクリスマス・イブ

Dsc00046_2

北海道はまたまた大雪に見舞われているというが、
雪国の当地では、いまのところ降りそうで降らない日々が続いている。
寒気の南下が北海道から東北中心なのが幸いしているのか、
冬型が長続きしないことが良かったのか。
かといって、好天に恵まれているわけではないが、
明日の日曜日も明後日の月曜日もそこそこのお天気となりそうだ。

このところ体育館内のランニング走路を使ってウォーキングに興じている。
1時間半から2時間ほど歩き続けると、それなりに汗ばんでくる。
景色的には変化に乏しいが、ランニングをしたりウォーキングをしたりしている人たちと、
追い越したり追い越されたりしながら、ぐるぐると回り続けている。
時折、アリーナで行われている子どもたちのフットサル大会に目をやりながら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

今朝の朝焼けと糸魚川市の大規模火災

Dsc_0343

今朝7時前の空。
雰囲気のある朝焼けが広がっていた。
朝焼けはお天気が崩れる前兆。
案の定、その後、日本海の低気圧に吹き込む南風がどんどん強まった。
この暖かい強風がアメダスポイントの積雪をゼロにした。

と、ここまではこの時期としては稀なお天気ということで済んだのだが、
ニュース等でご存じのとおり、県内糸魚川市で大規模な火災が発生。
10mから20mの強風で飛び火が起こり、現在も延焼中。
既に140棟以上が被災していると聞く。
当地からも消防車と消防士が応援に駆けつけている。
一刻も早く、鎮圧・鎮火に至って欲しいと願うばかりである。

追記:火災は鎮圧状態となり、これ以上の延焼はない見込みとのこと(21時12分)

今日発表された1カ月予報。
北陸地方は「平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ないでしょう。」
降雪量も「平年並みまたは少ない確率ともに40%です。」
おやおや・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

今日は冬至です

Dsc_0339

ここ数日の暖気で、アメダスポイントの積雪量も5センチにまで減った。
明日も気温は高いが次第に冬型となり、その後は若干のクリスマス寒波を経て、
年末にはまた寒くなるという現時点での予報らしい。
ここまではまずまずのお天気で推移してきたが、果たして年明けはどうなるのか。
間もなく年末年始休暇となるが、1日くらいは星空に恵まれる・・・なんてことは夢のまた夢なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

トオコン2016本選会(ビジネスプランコンテスト)

Dsc00025

今年で7回目を迎えたビジネスプランコンテスト。
学生部門、第二創業部門、創業部門の10人・組のファイナリストが参加して開催された。
地域の資源を生かし、課題解決を念頭に置いたプランの数々だった。
この中から実現化されたプランが、きっと地域活性化の一端を担うことだろう。

Dsc00054
第二創業部門賞・女性起業家賞をダブル受賞した高木千歩さん
「クラフトビールで町おこし 妻有ビールプロジェクト」

Dsc00064
最優秀賞・創業部門賞を受賞した山岸裕一さん
「食と田舎を追求した小さな旅館再生ビジネス」

Dsc00088
創業部門に参加した山崎喜久一郎さん
「理想のスピーカーを作りたい!!」
珍しい球体スピーカーを目の当たりにし、会場から「聴いてみた~い!」との声が上がった。

学生部門では、事業創造大学院大学ビジコン部の
「十日町かまくら焼 元祖酒粕釜による十日町市ブランディング」
が部門賞を受賞した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

白化粧

Dsc00040

とうとう積もってしまった。
昨日から降雪は次第に勢いを増して、
午前7時時点でのアメダス積雪量は8センチ。
もっとも北海道札幌の29年ぶりという積雪量にはまだまだ及ばないが、
そう遠くないうちに逆転することと思う。

今日もまだ一日降り続くという予報なので、
明日、お天気が回復したとしても根雪になってしまうかもしれない。
これくらいの積雪量のうちにきれいな星空に恵まれると、
雰囲気の良い星景雪見写真が撮影できるのだが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

降り始めました

Dsc00038

本格的な降雪です。
気象情報を見ても、明日にかけて冬型が強まるようです。
いよいよ積もるかもしれません。
年内に屋根の雪下ろしとならなければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

月齢8.9

Img_2717
2016.12.08 17h58m23s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EXTENSION TUBE(EF12II+EF25II)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2000mm,F=20

寒気に覆われてお天気は快晴。
なので、この時間帯で既に気温は氷点下。
鏡筒を持つ手が痺れる感じ。
晩ご飯前の時間を使い、バタバタと撮影に興じた。
シーイングは、う~ん、やっぱりイマイチ。

実は今朝、ようやく白いモノが空から降ってきた。
Dsc00028

午前5時前くらいだろうか。
それまでかなり強い雨が降っていたのだが、音が聞こえなくなってきたので、
んっ?と思い外を見るとみぞれ模様に変わっていた。
ベランダ写真は午前6時頃のもの。
しかし、道路が白くなるまでには至らなかった。
その後お天気は回復し、青空も見られたことから、
白いモノは跡形もなく消え去ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

夕景の月と金星

Img_2695
2016.12.03 17h33m55s(exp.2.5s,ISO400)
EOS 6D+EF24-105mm F4L IS USM(45mm,F4)

里にはまだ雪が降りてこない。
でもそれも、今週までらしい。
来週の火曜日には、週間予報でもしっかりと雪だるまマークが付いてしまった。
GPVでも確認済み。
ただ、そう長くは続きそうにないことが救い。
一面が白く覆われた大地も、また星景の良いバックグラウンドになりそうだ。

いつものようにスマホに情報が届く。
「月と金星が接近して見頃です」
天気は快晴、土曜日の夕方、もう少しすると晩ご飯。
これ以上絶好のタイミングはない。
身支度を整え、いつもの河川敷へ出かけてきた。
シャッターを切りながら、吹き渡る風の冷たさに、改めて季節を実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

MS-3n赤道儀用ワンオフ特注ネジ

Dsc00021

ワンオフ製品は「M12加工ネジ」。
どこに使うネジなのか・・・というと、

Dsc00025

赤道儀の高度を固定するネジ。
この部分、オリジナルはM12キャップボルトがねじ込まれた状態になっているが、
それを回すためには、対辺10mmの六角レンチを忘れるわけにはいかない。
もっとも、撮影ポイントがほぼ同じであれば、
微動調整ネジや三脚を使っても十分調整は可能。
ただ、自分としてはとにかく工具レスに出来ないかと考えていた。

いくつかのワンオフ金属製品を製作する一般業者さんに相談してみたのだが、
私の説明が悪いらしく、思ったような提案が返ってこない。
そんな時にふとひらめいたのが高性能ポタ赤SWATシリーズを展開するユニテックさん。

問い合わせメールを送り3回ほどやりとりする中で、
「こういうネジを製作するのはどうですか」と提案をいただいた。
そしてすぐに図面が届く。
やはり「餅は餅屋」である。

最初は納期3カ月というお話だったが、
オーダー確定からわずか1週間で、特注ネジが手元に届いた。
ワンオフ製品ゆえ、決して安くはない買い物だったが、
これで工具レスという所期の目的は達成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »