« タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P) | トップページ | 今日のお昼はカレー »

2017年3月26日 (日)

タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星

Dsc_2648_2651_3
2017.03.26 01h19m47s(exp.60s×4コマ,ISO1600)
D810A+AiAF NikkorED300mmF2.8S(IF)(New)(F2.8)+LPS-P2+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

午前1時過ぎに目覚めてベランダへ出てみると、
低空には雲がたなびき、また薄雲もあちこちにかかっている様子。
ただ、目標とする北斗七星付近は、それでも星々が見えている。
早速、撮影体勢を整えることに。

カメラボディにサンニッパをセットし、その方向へと向けてみると、
何となくボワッとした感じの彗星本体がファインダー内に飛び込んできた。
ステラナビゲーターによれば光度7等級とのこと。
しかし、4コマシャッターを切ったタイミングで、全天が雲に覆われてしまった。

ところで、この度、撮影の主力であるカメラ本体とレンズを総入れ替えした。
本当はキヤノンのフルサイズ天体写真撮影機登場を待ちたかったのだが、
タイミングの悪いことに?カメラ販売で中古美品のD810Aが目に留まってしまった。
後は推して知るべし・・・である。

ただ、実は総入れ替えと言いながら、EOS6D(SP-4改)は手元に残してある。
EOS-NIKONのアダプターを介せば、ニッコールレンズが装着可能だからという目論み。
果たして思い描いたような使い方が出来るのだろうか。

|

« タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P) | トップページ | 今日のお昼はカレー »

彗星」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お手数をおかけしました!!

41Pいいですねえ。
この方向って街の光害はなかったでしたっけ、それとも画像処理のせい?
バックがとっても黒くしまっていてグッドです。

こちらも昨夜は、飲み会が終わったころから晴れ始めたので、1時頃まで
撮影してましたが、同じように41Pを撮影しているうちに曇ってしまいました。
もともと曇りの予報だったので、3つほうき星を撮れたのはもうけもんでした。

投稿: D81 | 2017年3月26日 (日) 11時26分

ご指摘のようにコントラストを上げてみましたが、どうでしょう?
我が家からは北側になりますので、街灯りがかなり明るいです。
バックがうまくしまってくれたのはLPS-P2(光害カットフィルター)の
おかげだと思います。
今回は7等級ですが、10等級くらいまでの彗星撮影というのも、
ライフワークに組み込めたらと思っています。
デジイチでは難しいかもしれませんが、ご指導をよろしくお願いします。

投稿: 星のおじさん | 2017年3月26日 (日) 17時28分

いい感じに仕上がっているじゃないですか。
コントラストが上がっても自然な感じで、しっかりでかいコマの広がりを
捉えてますね。
ほうき星って、案外デジカメ+レンズの出番があるような気がします。
ここのところ明るいほうき星が多いので、きっと楽しめますよ。

投稿: D81 | 2017年3月27日 (月) 02時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543296/65066505

この記事へのトラックバック一覧です: タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星:

« タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P) | トップページ | 今日のお昼はカレー »