« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月24日 (火)

大厳寺高原は秋模様

Dsc_0689

午後から仕事で松之山地域にある大厳寺高原へ。
標高700メートルのその場所は、秋の風情が一層色濃く感じられ、
遠景の山々では白い筋模様も随所に見られた。
これらが山の麓に降りてくるのも、もう間近かもしれない。

Dsc_0672

そして松之山といえばいつもの美人林へ。
平日ではあるが、これまたいつもの県内外ナンバーの車が何台か駐車場にあった。
地面にはたぶん台風の強風で散った葉が敷き詰められていた。

Dsc_0668

余談だが、これは今朝の出勤時、玄関から出たとたんに目に飛び込んできた雲。
個人的にはここまで見事に刷毛で掃いたような形の雲を見るのは初めて。
巻雲だと思う。
秋ならではの空の高さを感じさせられた。
電線がかからない位置でもう一度撮影しようと思ったのだが、
すっかり忘れて職場へ直行してしまった。
それにしても、物忘れが・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

秋深まりて

Dsc_0663_2

津南町にある見玉不動尊まで出かけてきた。
標高は500メートルを超えるため、あちこちの木々も色づき始めていた。
10月も半ばを過ぎ、季節は秋から晩秋へ。
お天気マークにも北の地域では雪だるまマークが見え隠れするようになってきた。

それにしてもこれから直撃を受ける超大型の台風第21号。
10月の台風は大きな被害をもたらすことが多いと聞く。
衆議院議員総選挙も重なり、バタバタの日~月曜日となりそう。
何ごともなく過ぎ去ってくれれば良いのだが。

Dsc_0664

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

三ツ星から小三つ星付近

Dsc_3399_3402_2
2017.10.01 03h46m34s(exp.120s×4コマ,ISO6400)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F4)+LPS-P2+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ぎょしゃ座付近を撮影した後、さて次の構図はと思いながら見回すと、
南の空にオリオン座の星々が「撮らないの?」とばかりに輝いていた。
レンズを付け替えるのも面倒だったので、オリオン座の南部を中心に狙ってみた。

でもやはり中途半端な感じ。
やはり被写体には被写体に見合った焦点距離がある。
とはいえ、事前にきちんと準備をしておかないと、
部屋を行ったり来たり、電気を点けたり消したりと、家人には迷惑千万なひとときとなる。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

秋空ウォーキング

Dsc_0649

連休中日。
朝のうちは雲が多かったが、
ウォーキングを始めたお昼前からは抜けるような青空が広がった。
今日は市内でイベントが行われ、
国道が午前から車両通行規制となるため、
自宅から歩いて出かけることにした。
久しぶりのウォーキング2時間コースだったが、
以前、このコースを歩いていた時に比べると、疲労感が目立った。
代謝も悪くなってきたし、体重がうまくコントロールできないのもうなずける。←言い訳

Dsc_0644

当地は稲刈りもほとんど終り、
なんとなく晩秋という言葉が似合いそうな風景が広がっていた。
このウォーキングコースの途中は数日前に野生のサルが目撃されたところなのだが、
幸いなことに行き会うことはなかった。

連休もあと1日。
明日も秋の青空を拝むことができるだろうか。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

ぎょしゃ座の散開星団と散光星雲

Dsc_3393_3398_2
2017.10.01 03h32m45s(exp.120s×6コマ,ISO3200)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F4)+LPS-P2+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ぎょしゃ座の目抜き通りに位置する散光星雲と散開星団の面々。
よく見ると画面下部にはSh2-240もうっすらと写り込んでいる。

実は絞り値をよく確認せずに撮影してしまった。
撮影後にEXiFを見て「ええっ!?」という状況。
散光星雲撮影には致命的なミスだったが、
6コマコンポジットと赤強調で無理矢理浮かび上がらせることになった。

それにしてもこのApo-Sonnar、ホントに気持ちの良い星像を結んでくれるいいレンズ。
アナログ時代には85mmに凝っていたが、
今度はこの135mmでいろいろなフレーミングに凝ってみるのも面白い。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

カシオペヤ座からシリウスまで

Dsc_3391
2017.10.01 03h22m15s(exp.120s,ISO800)
D810A+AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED (15mm,F4.5)+LEE Soft No.1+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

対角線魚眼の構図だが、我が家のベランダでの視界の悪さが見て取れる。
ある程度の好天が期待できたので、本当は撮影フィールドへ出かけようかとも考えたが、
体調の悪さから断念した。

今回、神レンズとも称されるAF-S 14-24mmを手放して本レンズを入手したのだが、
なかなかフラットな絵づくりが期待できそうで良さげな1本である。
ぜひ今度はもう少し視界の開けた場所で使ってみたい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »