« 久しぶりのお江戸行き | トップページ | 晩秋の装い »

2017年11月 3日 (金)

越後妻有文化ホール開館

Dsc_3407

芸術と文化をつなぐ交流拠点。
中央公民館の機能も併せ持った施設が本日オープンした。
愛称は「段十ろう」(だんじゅうろう)。

ホール客席数は二層式の708席。
間口は110メートルあり、雪国のいわゆる「がんぎ」を模している。
そしてこのがんぎの下にはLEDライトによる光のインスタレーションが組み込まれた。
タイトルは「光り織」。
毎月違ったパターンで故郷の12カ月を表現するという。

Dsc_3420

|

« 久しぶりのお江戸行き | トップページ | 晩秋の装い »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543296/65998829

この記事へのトラックバック一覧です: 越後妻有文化ホール開館:

« 久しぶりのお江戸行き | トップページ | 晩秋の装い »