« 年賀ハガキはもう買えない | トップページ | 嵐の前?の静けさ・・・かな? »

2018年1月13日 (土)

30年振りの再会「船岡山」

Dsc_0825

といっても山(やま)や人(ひと)ではなく、お菓子。
いまから30年ほど前。
友人宅に遊びに行っていた時、お茶請けに出されたのがこの「船岡山」。
確か4~5個が菓子器に入れて出されていたが、1個、2個と止まらなくなり、
ついつい一人で全部食べきってしまった。
もう一度食べたいと「船岡山」というお菓子の名前は記憶していたが、
当時はまだインターネットで検索することもなく、入手方法を調べる手立てが思いつかなかった。
ただ船岡山というのは隣の小千谷市にある山の名前なので、
たぶん小千谷市の銘菓なんだろうという予感はあった。

その10数年後、ふと思い出し、インターネットで調べてみたところ、
小千谷市の「春泉堂」さんというところで扱っているお菓子だとわかったが、
それ以来、近くへは何度も出かけたものの、なかなか入手するきっかけがなかった。

今日のお昼。
外食の予定だったので、それならばと小千谷市へ出かけて、まず三宝亭さんへ。
前回は「五目うま煮麺」を食したが、今回は同じとろみシリーズの「全とろ麻婆麺」。

Dsc_0823

辛くて熱々とろとろ。
このお店、チェーン店だが、どのメニューも味はいいと思う。
ただ、このお店に限らず、最近は置かれている箸はリユース箸の場合が多く、
麺を食すにはやや使いにくい。やっぱり割り箸がいい。

食事後、そこから車で数分の春泉堂さんへ。
そしていよいよ30年振りの再会となった次第である。
では、これからいただきますっ!

|

« 年賀ハガキはもう買えない | トップページ | 嵐の前?の静けさ・・・かな? »

気になるたべもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543296/66273230

この記事へのトラックバック一覧です: 30年振りの再会「船岡山」:

« 年賀ハガキはもう買えない | トップページ | 嵐の前?の静けさ・・・かな? »