« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月26日 (土)

や座付近の星野

Dsc_3653
2018.05.22 03h03m55s(exp.120s,ISO800)
D810A+Apo-Sonnar T* 2/135 ZF.2(F2.8)+PRO SOFTON A(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

昨日の構図の右上を135mmの画角で切り取ってみた。
中心には「や座」。
弓矢の矢。
88星座のうち小さい(狭い)ほうから3番目。
小さな星座だが、特徴的な並びは、肉眼でも比較的簡単に見つけることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

夏の夜空の小星座たち

Dsc_3654
2018.05.22 03h09m24s(exp.120s,ISO800)
D810A+AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G(F2.8)+PRO SOFTON A(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

これまでも何度か撮影している構図。
ついこの時期になると、レンズを向けてしまう。
いるか座からや座、そしてアルタイルと右上にはCr399(コートハンガー星団)が鎮座する。
いろいろな焦点距離で切り取ってみても面白い一帯だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

月齢9

Dsc_3775_2
2018.05.24 20h04m42s(exp.1/60s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

2日前に続けての月面撮影。
朝方までは雨が降っていたが、お昼前にはあがって青空が広がった。
その青空の中には「撮らないの?」とばかりにお月さまが浮かんでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

月齢7(上弦の月)

Dsc_3715_r_2
2018.05.22 19h37m56s(exp.1/60s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6 ※グレースケールに変換

昨夜は久しぶりに月面を撮影。
まだ薄明が残る空、雲が押し寄せてくる前のひとときを狙った。
未明の空では星野、宵の空では月面と、久しぶりに撮影を堪能できた。

そうそう、この日はちょうど「月面X」の日。
見頃の時間を少し過ぎてしまったのだが、それでも何とか「X」を確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

南斗六星に土星を添えて

Dsc_3635_2
2018.05.22 02h09m49s(exp.120s,ISO800)
D810A+AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G(F2.8)+PRO SOFTON A(W)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

GPV予報が微妙だったので深夜のお出かけは回避。
それでもと思って目が覚めたのを機にベランダへ出てみると、まずまずの星空。
天の川もそこそこ見えている。
LED防犯灯が周囲を照らしているため、決して目を見張るほどではないが、
それでも撮ってくださいと言わんばかりの星空に、ひととき酔いしれた。

レンズを替え、フィルターを替えながらいくつかの構図を撮影。
順番に紹介していきたい。
まずはこの時期の南の空の定番構図。
隣の家の屋根にかかりそうなところを、何とか拾い上げて撮影した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

休日ウォーキング

Dsc_0885

休日と青空が重なった。
2~3日前はものすごく蒸し暑かったのだが、昨日は荒天で低温気味。
そして今日はカラッとした晴天となった。
いつものウォーキングコース上にある田んぼは既に田植えが終了。
この時期ならではの情景が広がっていた。

このまま晴天が続けば、今夜はさぞかし透明度の良い・・・と目論んだが、
既に雲がほぼ全天を覆う様相を呈している。
天気予報は晴れマークがずーっと続いているというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

春の夜空

Dsc_3623
2018.05.14 23h22m22s(exp.120s,ISO800)
D810A+AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED (8mm,F3.5)+LEE Soft No.1+EM-11 FG-Temma2Z

約7カ月ぶりの星野写真。
本当は天の川が天頂付近にかかる時間帯を狙いたかったのだが、GPVでは雲がかかってくる予報。
仕方なくこのような構図での撮影となった。

今さらながらだが、夜空が明るくてどうしようもない。
ここは初見参の撮影ポイント。
視界はやや狭いものの、駐車場自体はわずかな自動販売機の灯りがあるだけで、それ以外は真っ暗。
近くに川が流れているため、やや霧が発生しやすい地形なのだが、許容の範囲。
もう少し良い星空を期待していたのだが、モヤッた感もあり、このようなワンショットとなった。

ごくごくノーマルな星野(星座)写真を写すには、いったいどこへ出かけたら良いのだろうか。
都度1~2時間もかけて移動し撮影するような体力・気力はもう残ってはいない気がする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

星峠の棚田

P5110028

良いお天気に恵まれた。
前回は空振りに終わった星峠に、改めて足を向けた。

駐車場には県外ナンバーの車が数台。
定年を迎えたであろうご夫婦やいかにもカメラが趣味という格好をした御仁など。
途中からは地元タクシーで駆けつけた観光客の方々も加わった。
もう少しすると田植えが始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

お天気はイマイチ

P5080015

ゴールデンウィークが終わったら、何やらお天気が不安定に。
今日はお休み。
でもしなければならないことがあり、少しだけ出勤。
このまま帰るのもと思い、美人林に立ち寄った。
相変わらず、平日ではあるが県外ナンバーの車が数台。
ゴールデンウィークの混雑を避けられた方々なのかもしれない。

ついでに星峠の棚田もカメラに収めようと足を延ばしたが、
近づくにつれて雨上がりの霧が漂い始めた。
イヤな予感は的中。
展望スペースは霧の中。
棚田の「た」の字も見えない。
そんな中でも県外ナンバー車のカップルが、
自撮り棒を片手に「霧の中のわたしたち」を撮影中。
遠路から来られる方々には、本当に不運としか言いようがない。

P5080019

帰りがけに目に留まった風景。
とりあえず今日はここで撮影。
星峠には、田植え前のまたの機会に出かけてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »