« 白いアオダイショウ | トップページ | 秋の色が見え隠れ »

2018年9月24日 (月)

大地の芸術祭2018秋プログラムスタート

#大地の芸術祭

P9140135

9月17日に51日間の会期を終えたばかりの大地の芸術祭。
間髪を入れず、2018秋プログラムがスタートした。
このプログラムは、9月22日から10月8日までの土・日・祝日の8日間のみ開催となる。

本番と同じく観賞パスポートが用意されていて、一般2000円、小・中学生500円。
パスポートに記載された13作品をめぐると、コンプリートとなる。
このコンプリートの賞品が、来年3月に開催される越後妻有雪花火のペアチケット。
それだけでも3000円の価値がある。もっとも抽選ではあるが。

小・中学生は2カ所以上、一般も4~5カ所以上観賞するつもりならば、絶対にお得。
さすがに200~300を回るとなるとなかなか容易ではないが、13カ所ならば十分に可能。
もちろん13カ所以外にも、観賞できる作品は多数ある。

紅葉にはまだ少し早いが、初秋の里山を満喫するのも悪くない。

|

« 白いアオダイショウ | トップページ | 秋の色が見え隠れ »

大地の芸術祭」カテゴリの記事

コメント

星のおじさん様、ご無沙汰しております。
大地の芸術祭、終わったのでゆっくりと清津峡のライトケーブでも見物に行こうかと思っていたら
秋のプログラムがスタート。
清津峡は初雪が降る頃になりそうです。
星のおじさんはどちらかに行かれましたか?
芸術祭最終日-1にキナーレに行ったら有料とありビックリ。1500円を払って見学でした。
パスポート買っておけば良かったと。。。
最終日は帰省していた弟夫婦と一緒にナカゴグリーンパークへ。弟曰く「こんな楽しいんだったら
時間を作って何度か来れば良かった。」と、二人が後の祭り状態でした。

投稿: 廣田正孝 | 2018年10月 3日 (水) 21時59分

大変ご無沙汰しております。

この芸術祭の年になると、
改めて地域の広大さに気づかされます。
地元の人間でさえそう思うのですから、
外からのお客さまはなおのことでしょう。
それでもブログで紹介したとおり、
何カ所かは巡ることができました。

最終日の前日は、たぶん期間中でも最大の人出だったと思います。
各地で大渋滞が発生したと聞きました。
長い51日間でしたが、終わってしまうとあっけないものです。
単なる地方都市の芸術祭ではなく、
先駆的な地域づくり事業として定着しました。
いろいろな声もあるようですが、
他地域に自慢できるイベントに成長したと思います。

投稿: 星のおじさん | 2018年10月 4日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543296/67198982

この記事へのトラックバック一覧です: 大地の芸術祭2018秋プログラムスタート:

« 白いアオダイショウ | トップページ | 秋の色が見え隠れ »