« 秋の色が見え隠れ | トップページ | 冬の始まり北海道へ »

2018年10月 7日 (日)

築地場内市場閉場によせて(寿司大との出会い)

1007

10数年前、東京で同年代の仲間たちと研修生活を送っていた。
寮で懇親を深めていた時に誰かが「築地で朝ごはんを食べたい」と言い出した。
築地・・・聞いたことはあるが、無縁の世界だと思っていた。

翌朝、始発電車に揺られて築地へ。
これまで経験のない、活気にあふれた空間を目の当たりにした。
とりあえず場内でお店を探す。
当時、名が知られていた寿司店の前には行列。
その列に並び、3000円超えの豪華な朝食をとった。
うまかった。
田舎人間の私にとって、回らない寿司屋初体験であった。

それを契機に築地通いが始まる。
約2カ月半という研修期間中、個人的に訪れたのも含めて、6~7回足を運んだ。

ある時のこと。
いつもの寿司店前は、いつもにも増しての大行列。
さすがに並ぶ気も消えうせ、別のお店に入ることにした。
そこがかの「寿司大」だった。
いまの状況からは信じられないだろうが、当時は並ばずに入れたお店。
そしてここの店長や店員さんたちと顔見知りになった。

研修が終了し、地元へ帰ってからも、
年に2~3回のペースで寿司大通いは続いた。

そうこうしているうちに、寿司大の前にも長い列ができるようになった。
極めつけは外国人旅行者へ「日本の築地へ行ったら、並んでも食べたいお寿司屋」
として紹介されてしまったこと。
訪日外国人がどんどん増えているタイミングでのこの出来事は、
長蛇の列をさらに長蛇にしてしまった。
早朝も5時前に行けば、口開けの客として入られたのが、
最近では午前3時前に並んでも、口開けの一団に入るのは難しくなっている。

一番人気のメニューは「店長のおまかせ」セット。
通い始めた頃は3150円。現在は4000円に。
値段は変わったが、味は以前と変わることはない。

寿司大は豊洲市場にもお店を持つようだ。
少し落ち着いた頃を見計らって、様子を見に行ってみようかと思っている。
以前にも増しての行列になるのだろうか?
店長のおまかせセットはいくらになっているのだろうか。

(※写真は以前に掲載したものを再掲)

【追記】
いまほどのニュースで、ターレーの築地から豊洲への一斉移動が報じられた。
まだ使われていない環状2号線を使って10分とのこと。
土地勘がないのでよくわからなかったが、築地と豊洲って、結構、近いんだ。

|

« 秋の色が見え隠れ | トップページ | 冬の始まり北海道へ »

気になるたべもの」カテゴリの記事

コメント

 今朝の新聞で築地の件は知りました。
最近はあまりに天変地異が多いので
こういったニュースはインパクトに
かけるのでしょうか。

東京行きの定番記事だったので
新シリーズで続編をお願いします。

投稿: satelight57 | 2018年10月 7日 (日) 21時43分

最近は天文ネタがすっかりご無沙汰です。
改めて考えてみると、これほど稼働率の低い趣味も困ったもの。
とはいえ、こればかりは自然相手なのでどうしようもありません。
そろそろ冬の天の川を写したいものです。

現在の職場は勤務スケジュールの関係で、なかなか遠出ができなくなりました。
もう少し慣れたら、またボチボチ動き始めたいと思います。
何にしても、豊洲にはぜひ出かけてみたいです。
シリーズ化は難しいかもしれませんが(笑)


投稿: 星のおじさん | 2018年10月 8日 (月) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543296/67247655

この記事へのトラックバック一覧です: 築地場内市場閉場によせて(寿司大との出会い):

« 秋の色が見え隠れ | トップページ | 冬の始まり北海道へ »