« 天の川と流れ星 | トップページ | てんびん座からさそり座頭部付近 »

2019年5月 6日 (月)

天の川の中のM天体たちと木星

Dsc_4030_4034_2
2019.05.05 02h09m15s(exp.120s×4コマ,ISO800)
D810A+AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED(F2.8)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

ようやく魔の?10連休が終わろうとしている。
この期間の休みは1日だけだった。
明日から飛び飛びではあるが、プチ連休が始まる。
少しずつ撮影態勢も整ってきたので、久しぶりに自宅を離れての撮影にも興じてみたい。

| |

« 天の川と流れ星 | トップページ | てんびん座からさそり座頭部付近 »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

なんか すごいですね。いつのまにかレンズがNikonにシフトしてる。
105mm F1.4ってすごく明るくないですか? 
お値段もそうとうしませんか?
 ところで 話はかわりますが 「星リフ」ってサイトをはじめて知ったのですが
自分とほぼ同時期に南半球に遠征された記事がありました。
K-ASTECさん主催の「西オーストラリア遠征記」 この記事でもいってましたけど
今年の4月上旬の西オーストラリアは天気が安定していました。
毎日目の覚めるような晴天がずっと続くのです。雲なんて全くありません。
この10連休も全国的には天候がよかったようですけど
くらべようもないくらいです。いや ほんと。

投稿: satelight57 | 2019年5月 7日 (火) 22時51分

105mmレンズは、某天文ショップの中古品取扱コーナーでゲットしました。
一般的なカメラショップの中古品よりは1割くらい安かったです。
きっかけは「写真レンズ 星空実写カタログ」という本。
このレンズを「絞り開放から良い星像が得られる点でクラス最高のレンズ」
と評されていました。100mm付近のレンズが、異常に好きなものですから。
ただバカでかくて、重さも1キロ弱あります。

「星リフ」→「天文リフレクションズ」のことだと思いますが、
私は以前から時々見て、情報収集しています。
実は昨日、コメントをくださったこの記事がそのサイトに掲載されていまして、
おかげさまで訪問カウンターを少し増やすことが出来ました(笑)

サイトでブログ記事を紹介するのは、本当は登録制のようですが、
登録していなくても編集部サイドで拾ってくださっているようです。

satelight57さんの南天写真のおかげで、また撮影意欲がわいてきました。
感謝、感謝です(笑)

投稿: 星のおじさん | 2019年5月 8日 (水) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天の川と流れ星 | トップページ | てんびん座からさそり座頭部付近 »