« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月23日 (水)

秋の空

Dsc_1672

10月に入り、仕事休みとお天気の巡り合わせが悪くなってしまい、
今日は実に3週間振りのウォーキングとなった。
青い空と白い雲。そして久しぶりの太陽の光に、軽い汗ばみを感じた。
このまま夜になれば透明度が・・・との思惑は外れ、既に雲が空を覆い尽くしてしまっている。
今夜も、星空はダメかな~ぁ。

| | | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

今日の美人林

Dsc_1667

今朝も美人林辺りは霧に包まれている。
ひょっとしたらいつもと違った表情が撮れるかと思い、駐車場へと向かった。
車は2台止まっていて、1台は地元、もう1台は県外ナンバー。
その車の持ち主らしき人たちが、林の中でカメラを構えていた。
前回よりやや霧が濃く、お天気が良かったせいか、
太陽が木々の間から真っ直ぐな光を放っている様子が、ひときわ美しく感じた。

| | | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

今日の美人林

Dsc_1655

濃霧注意報が発令されていた今朝。
いつも以上に濃い霧が、市内各所を覆っていた。
ひょっとしたら念願の「霧に抱かれた美人林」が撮れるかもと、車を走らせた。
その結果が、この写真。

これまでなかなか霧と美人林のコラボ写真は写せなかったが、
曲がりなりにも、ようやくカメラに収めることができた。
いつもにも増して、幻想的な空間が描き出されている感じがするのは私だけ?
願わくば、もうちょい濃い霧だと、イメージどおりだったのだが、無理は申しますまい。

| | | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

金沢へ行ってきました

Dsc00237

台風19号で被害に遭われた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
当地も1日で、場所によって100~200mmほどの降雨が観測されました。
土砂災害により道路の通行止めなどが複数箇所で発生しましたが、
比較的早いタイミングで復旧しているところが多いようです。

さて、台風19号襲来直前の休みを利用して、久々の金沢訪問。
前回は、北陸新幹線開通後の間もない時期だったと思う。

Dsc00239

最初の目的地は近江町市場。
街中の一角にある市場という、面白い立地だと思った。
築地のイメージとは、かなり異なっている。
ちょうどお昼時だったので、エムザ口から突入。

Dsc00241

あらかじめネットで調べていた「海鮮丼いちば」さんへ。
券売機で券を買って、店員さんに渡すと座席を案内してくれるシステム。
平日なので、待つこともなく着座。
お目当てだった「ぜいたく丼」。
のどぐろが1切れ乗っているだけで、値段が結構違う。
私が勝手に想像していただけなのだが、意外とこぢんまりとしていて、ちょっと拍子抜け。
「わさびの下がのどぐろです」
運んでくださった店員さんが丁寧に説明してくれた。

Dsc00244

秘技、のどぐろ残し。
撮影してから、わさび醤油をかけるんじゃなかったと反省。
海鮮丼、美味しかったです。ごちそうさま!

のどぐろは、まだいまのように注目されていなかった時分、
寺泊直送をうたうお店からのお土産に、焼き魚としていただいたことがある。
それがのどぐろ初見。
「のどぐろって何だ?黒じゃなくて白いけど」と思いながら口に運んだ。
とても美味しい魚だと思った記憶が、かすかに残っている。

Dsc00250

昼食後はさらに歩を進め、金沢市役所や21世紀美術館を横目に見ながら、兼六園に到着。
まだ紅葉には早く、平日なので、観光客らしき人たちもまばら。
真弓坂口から入園。
「あの、65歳以上でしょうか?」
受付でいきなりの質問。
「いや、まだもう少しあります」
と、心の中で苦笑い。
「すみません、確認することになっているものですから」
だんだんと、大事にされる?年齢に近づいている。

Dsc00262

木々の向こうには、金沢の町並みが広がっている。
やはり、青空に緑はよく映える。
土日祝やオンシーズンの兼六園を知らないが、この風景はガラガラ状態ですよね?
テレビで紹介される雪つりの木はどれだろうと思いながら園内散策。
地元の小中高生と思われる子どもたちが結構来園しているのが目立っていた。
晴れた日の放課後の居場所なのかもしれない。

Dsc00268

庭園といえば、せせらぎと石でしょうということでのワンショット。
木々が色づけば、もっと見映えがするに違いない。

せっかく行くのだから、最初は宿泊も考えていたのだが、
台風接近という状況だったので、日帰りで決行。
今回は金沢駅から近江町市場、そして兼六園と歩きまくった。およそ16000歩。
実は情けないことに、両足裏に水ぶくれが出来てしまい、駅までの帰り道は痛みとの闘い。
普段、2時間くらいはウォーキングをしているので、何のことはないとタカをくくっていたのだが、
いつもと違う靴で出かけたものだがら、この有様。
精神的な65歳も間近かな~と帰りの新幹線内で一人反省会。
また、行こうっと!

| | | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

三ツ星と小三つ星

Dsc_4572_4579_2
2019.10.07 03h28m31s(exp.90s×8コマ,ISO2000)
D810A+RedCat51(250mm.F4.9)+LPS-P2+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
StellaImage8+Photoshop CS6+GradientXTerminator

ふと目覚めると、午前3時過ぎ。
何となく予感のようなものがあって、ベランダへ出てみると星空。
今日は仕事だし、どうしようかとも思ったが、次の瞬間には赤道儀のカバーを外していた。
とりあえず真正面に見えているオリオン座の下半身にRedCatを向けてシャッターを切った。

20コマくらい重ねたかったが、途中から薄雲が飛来してきて、わずか8コマで断念。
それでもM42は完全な露出オーバー。
前回、試しに使ってみたFlatAideProを使えば、飽和状態を復元できるようだが、
今回はそのための準備を整えていなかったので、それはまたの機会に。

それにしてもRedCat51って、本当に気持ちの良い像を結んでくれる。
これからもいろいろな被写体に向けてみたくなる鏡筒だ。
思い切って入手して良かった。

| | | コメント (2)

2019年10月 6日 (日)

コートハンガー星団(Cr399)

Dsc_4552_3  
2019.09.30 21h59m06s(exp.90s,ISO2000)
D810A+75SDHF(500mm,F6.7)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
Photoshop CS6+GradientXTerminator+FlatAidePro

以前300mmで狙ったことのある天体だが、500mmの写野に収めてみると、
より一層、そのコートハンガーの形がわかりやすくなった。
もちろん、その形に星が集まっているわけではなく、地球からその方向を見た時、
たまたまそのように見えるだけなのだが、自然というのは実に粋な計らいをするものだ。

(追記)
FlatAideProで、ソフトフィルター効果を追加して、画像を再公開。

| | | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

アフリカーノ彗星

Dsc_4561_4570
2019.09.30 22h24m30s(exp.90s×10コマ,ISO2000)
D810A+75SDHF(500mm,F6.7)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
StellaImage8+Photoshop CS6+GradientXTerminator ※トリミングあり

ステライメージ8を使ってメトカーフコンポジットしたアフリカーノ彗星。
前回撮影した26日にはペガスス座にいたが、昨日はうお座。一気に南下している。
今回コンポジットした10コマでも、1コマずつ確認すると500mmの写野では移動している様子がわかる。
ガイドがちょっと乱れっぽいのは、ご愛敬ということで。
 

| | | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »