徒然

2017年7月 7日 (金)

梅雨明けはまだまだ

Dsc_0557

九州北部では大変な豪雨となっている。
目を疑うような1時間あたり降水量が数時間も続いた。
大量の流木による河川はん濫は、当地でも経験済み。
何人かいる知人と連絡を取り合ったが、大きな影響はなしとのこと。
被災された方々に、心からお見舞いを申し上げたい。

線状降水帯とはこれほど恐ろしいものかと、改めて気づかされた。
梅雨前線の南側に発生しやすいという。
まだ梅雨明けはしていない。
ひょっとして明日は我が身、そんな思いさえする。

今日は久しぶりの青空。
昼休みウォーキングに出かけると、田んぼの稲がさらに空へと伸びていた。
季節と時間は着実に進んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

雨は強く降り続く。そしてポチる

Dsc_0550

梅雨前線が北上して活発化。
今日の未明から強く降り出した雨は、現在も降り続いている。
我が家に設置している雨量計では、今日の午前0時からの積算で80mmを超えた。
近隣の自治体では土砂災害警戒情報が発令。
まだまだ降り続きそうなところをみると、当地も時間の問題かもしれない。
豪雨災害は身をもって体験している。
ほどほどの雨は必要だが、災害発生前で留まってくれることを願わずにはいられない。

Dsc_0551

で、何の脈絡もないが、こんなソフトが手元に届いた。
いったい自分はどこを目指しているのだろうか(笑)

実は、本製品が発売される少し前、アストロアーツの関係者の方とご一緒する機会があり、
開発中のソフトウェアの使い勝手を見せていただいた。
一画面で導入や撮影を繰り返す様子は、いまの時代の天体写真撮影を実感するに十分だった。

こんな環境が欲しい(マズイ…心の声)
と思ってしまったのは実に危険な発想であることは、皆さんご推察のとおり。
でも、自動導入用赤道儀はどうしよう
そういえばデモンストレーションを拝見した時に言ってたっけ
「赤道儀はいろいろ使ってみたけど、移動用だとこれに行き着いたんですよね」
そうか、ということは増えすぎた赤道儀のうちアレとソレをヤフオクに出して、で、ちょっと追金をして・・・

そうなんです、ご明察。「ポチッ!」
しかし納期は2カ月待ち。
ボーナス期に加え、パーツ精度への対応が必要らしい。
でもこういう納期はだいたい長めに言うから、たぶんお盆の頃にはと勝手に目論んでいる。

それにしても還暦を迎え、重いものを振り回すことが非常に億劫になってきた。
GN-170の出番は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

水無月の色

Dsc_0548

いろいろとあって、ほとんど自分の時間を持てない日々が続いた。
それでも今日は完全休養日。
久しぶりに週末ウォーキングへと出かけてきた。
先日植えられた苗はしっかりと活着し、秋の収穫へと向けて少しずつ成長している。

当地はまだ梅雨入りの発表はなし。
発表があったところでも、小雨傾向が続いているという。
こういう時はつじつま合わせ?で、末期にまとまって降ることもあるらしい。
十分に気をつけねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

ようやくの晴れ間

Dsc_0539

北陸地方はなかなか晴れない。
しかも、今朝方は寒さを感じるほどだった。
そんな中で、今日は消防団の合同消防演習が開催され、
1300人あまりの分列行進を見学に出かけた。

Img_0059

災害や火災発生現場での縁の下の力持ち。
団員の家族の人たちからも、お父さんの凜々しい姿をぜひ見て欲しいもの。

午後からはいつものように休日ウォーキング。
田んぼの稲も順調に育っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

観測地(星見場所)変遷ものがたり~その5~

Dsc_0514

◇郊外道路脇2(現在)

視界だけは何とか確保したいと、
これまでの場所から直線距離で700mほど西側へ移動した所を新しい観測場所とした。
ちなみに正面に小さく見える赤い屋根の建物がこれまでの場所。

ここは田んぼの中の道路上だが周囲より少しだけ高くなっている。
高圧鉄塔や木々からも距離を置くため、視界は抜群に開ける。
ただ、身を寄せるものは車しかない。
また、遮るものがない分、地上光や道路を通行する車のヘッドライトはモロに飛び込んでくる。

当地の場合はどこに星見場所を定めても、
南側の山向こうに明るい街並みがあるため、一定の高さまで光害による光芒が広がる。
バブルがはじけて少しは省エネモードに入ったかと思われたが、
このところ復活の兆し。
さらに、防犯の名のもとにLED灯が暗い場所をつぶすかのように次々と設置される。
ここ数年、夜空はずいぶんと明るく、そして遠くなってしまった。

歳を重ねると「夜露は身体に毒だ」とも言われる。
定年退職後は視界の開けたところに、
休憩スペース併設のスライディングルーフ型観測所を建ててなどと夢見たものだが、
宝くじでも当たらない限り、いや当たったとしても、そんな思いどおりにはいきそうもないのが現実である。

以上、5回にわたりこれまでの観測地(星見場所)変遷をたどってみた。
しかし、広角レンズをまともに使える星空が消えつつあるということは、
なんともさみしい限りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

観測地(星見場所)変遷ものがたり~その4~

Dsc_0517

◇郊外道路脇1(2000年代~

個人的な活動の中で見つけた場所。
周囲に建物が建っているので、近くを道路が通っているものの、
直接、ヘッドライトの影響がない場所に機材をセッティングできる。
この奥に小さな集落があることから、真夜中でも1時間に1~2台、車が行き来するのが玉にキズだった。

この場所は視界がさほど開けてはいないが、北東方向は抜群に良い。
昇るカシオペヤ座やぎょしゃ座などを何度も撮影した。
しかし、東側には高圧鉄塔があり、電線が横たわるという致命的欠陥の場所。

Dsc_0518

加えて、比較的近い場所でクマの目撃情報が何度も寄せられるため、
真夜中の一人での撮影行は、身体全体がセンサー化?することになる。
車や建物に身体を寄せ、常に神経を張り巡らせる。
風のいたずらであっても、草むらがガサっと音を立てようものなら、
そこからは一点凝視状態となり、夜が明ける頃にはそれだけでグッタリする状況だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

観測地(星見場所)変遷ものがたり~その3~

Dsc_0512

◇郊外高台(1990年代~2000年頃)

光害の波はどんどんと押し寄せてくる。
そのうえ、アプローチ道路の途中にダムが建設されることになり、
大型車両が行き来するようになった。
こちらは夜なのでそれとの遭遇はないが、立ち入り禁止の看板なども掲げられ、
慣れ親しんだ市街地高台に見切りをつけることとなった。

会長がまたまた市内を駆け巡り、新しい観測場所を見つけてきた。
車で30分以上かかり、市街地を抜けることになるが、比較的視界は開け、光害の影響も少ない場所だった。
ここにも機材小屋を設置。
単管+トタンバージョンから卒業。星空観望会講師謝礼などを貯めていた資金でイナバ物置を購入。
100人乗っても大丈夫かどうかはわからないが、冬の維持管理が少し楽になった。

ちなみに単管+トタンバージョン時には、
降雪が落ち着くと、会長以下屈強な面々が雪上を1時間以上歩いて小屋へ向かい、
雪おろしの作業をしていた。

この頃からメンバーの高齢化とともに同好会としての活動量は少なくなる。
小屋の維持管理も容易ではないことから、機材収納物置を撤去し、今後、共有の観測場所は持たないこととした。
必然的には会としての活動はほとんどなくなってしまった。
いまにして思えば、やはり活動の拠点は大切である。

時折、会長と道ですれ違うと、
「ペルセ群の頃にでも、また声をかけて集まってみるか」という話は出るのだが、未だ実現していない。
とはいえ、同好会は解散していないので、形だけ(名前だけ)は続いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

田植えが始まりました

Dsc_0523

観測所変遷ものがたりは一休みして、日常の話題を。

これは昨日のショットですが、昼休みウォーキングの途中でこんな光景に出会えました。
ついこの間、雪が消えたばかりような気がしていましたが、もう田植えの時期でした。
ただ多くの田んぼではこれからというところが多い気がします。
来週の週末あたりがピークなのかもしれません。

今年も美味しいお米がたくさん実りますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観測地(星見場所)変遷ものがたり~その2~

Dsc_0509

◇市街地高台(1970年代前半~1990年代)

玄関から一歩外へ出ればまだまだ天の川が見られる。
そんなうたい文句がまかり通る田舎町にも、光害の洗礼は押し寄せてきた。
周辺には街灯が点いたため、よじ登って袋をかぶせて観望したことも。

会長が市内をかけずりまわり、適地を見つけてきた。
それがこの場所。市街地から車で7~8分。
移動手段がなかった頃は、車に便乗させてもらって訪れた。
市街地からさほど離れてはいないものの、周囲に余計な光はない。
生活光が落ちる時間帯ともなれば、頭上には満天の星空が広がっていた。

この場所には地主の了解を得て機材収納小屋を建てた。
DIYに長けたメンバーが手間をかけ、単管パイプとトタンで小屋を手作りした。

この頃は流星の係数観測に取り組んだ。
機材などなくても、簡単に取り組めるしインパクトもある。
誰が記録係になるかで揉めたりもしたっけ。
西側には松の木があり、そちら側に流れると「松の木群、1個、1等級」などと一晩中係数観測に興じていた。
当時は同好会報も出していて、そこに掲載した観測結果が天文雑誌に紹介されたこともあった。
8月13日、ペルセ群観測明けの朝、ギリギリまで粘って昇るシリウスを見るのが恒例だった頃。

Dsc_0510
 

車を停める場所から観測場所までは狭くやや急な上り坂になっている。
車と観測場所を何度も往復しながら機材を運び上げた。
あるとき、メンバーの1人が少し遅れて参加し、機材運搬を始めた。
すると「うぁーっ」という叫び声がし、その声が次第に小さくなった。
駆け寄ると、その細い道から足を踏み外して転落していたのだ。
着ていたサマーセーターは木の枝にひっかかりボロボロに。
しかし機材だけは離すことなく、しっかりと抱えたままの姿勢で落ちていて、後々の語り草に。

観測小屋までの道は山間の一本道。
舗装はしてあるが、車のすれ違いには苦労するような道。この道路の先には集落がある。
あるとき、夜中に何台かの車が立て続けに通った。
こんな時間になんだろうと思っていると、誰かがポツンと「酒を飲んだ人がこの道を通って運転して帰るらしい」
ふと振り返ると、同好会メンバーの警察官が笑顔で立っていた。

 いま思うと、この時代が一番充実していたのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

観測地(星見場所)変遷ものがたり~その1~

私が籍を置く天文同好会が、この5月13日で発足44年を迎える。
非常に中途半端な年数ではあるが、これを機に、
これまでの観測地(星見場所)の変遷と当時の思い出を備忘録として
振り返ってみることにする。
なお、観測地の写真は当時ではなく、つい最近、撮影したものである。

Dsc_0520

◇市街地多目的広場(1970年代前半)

 

ちょうど我が家の裏山に位置する広場で当時は野球場。
移動手段を持たなかった若かりし頃、ここは唯一無二の星見スペースだった。
望遠鏡を使って観測をする時は、タクシーで機材を運搬したことも。
言うなれば星見の「原点」ともいえる場所。

忘れられない思い出は1972年のペルセウス座流星群。
1時間に100個を超える流れ星は、私をものの見事に星空の世界へと引きずり込んだ。

校外補導員に目を付けられ、物陰から見張られていたりした。
市街地に位置しながらも、星見に十分耐えうる夜空がまだまだ残っていた時代。

ペルセ群観測の翌年。
地元に数軒あった本屋さんを巡り、
月極めで天文雑誌を宅配していた世帯を聞きだし、
1世帯ずつ回って天文同好会設立を呼びかけた御仁(以降、会長と呼ぶ)がおられた。
個人情報も何もあったものではない。でもそんな良き時代。
会社員、警察官、高校生など6人が会長宅に集まったのが44年前の1973年5月13日。

この場所で皆既月食を観察したことがあった。
天文イベントではめったに晴れない当地でも、珍しく快晴。
そして抜群の透明度。
次第に欠けていく月を見ながら、メンバーの一人がポツンとつぶやいた。
「月が邪魔。月がなければもっと星がきれいなのに」。
えっ?皆既月食の観察じゃなかったの?

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧