徒然

2017年9月20日 (水)

今日の美人林

Dsc_3358

夏休みをいただき、美人林へ。
さすがに平日の人影はまばら。
お天気は下り坂だったが、それでも、時折、雲間から太陽が顔を覗かせた。

Dsc_3362

美味しそうな野菜や果物が無人市場に並んでいた。
間もなく秋の行楽シーズンが到来。
週末はまた大勢の人たちで賑わうに違いない。

Dsc_3363

美人林のすぐ近くにある「森の学校 キョロロ」。
この施設については、いずれまたブログで紹介したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

蒲生(かもう)の棚田と古民家再生

Img_0093

久しぶりの晴天のもと、早朝ドライブで蒲生の棚田へ出かけてきた。
この時期は稲であまり見映えはしないが、
稲刈りが終わると田んぼは水鏡となり、写真家絶好のターゲットとなる。

なぜここへ出かけてきたかというと、
実はこの棚田の近くに東京住まいのとある方が空き家の古民家を購入し、
それを再生してゲストハウスにすることになったため、その進捗状況を見に行ったから。

Img_0090

これが現在の状況。
まだ骨組みだけだが、降雪前までには完成の予定と聞く。

Img_0092

そしてこのゲストハウスの近傍には、こんな風景が広がる。
殺伐とした都会の喧噪から逃れ、このような環境を第2の生活拠点とする。
そんな生き方もまたひとつの選択肢なのかもしれない。

棚田大好き人間のこのゲストハウスのオーナーは、
たぶん毎晩のようにこの風景が夢に出てきているに違いない。
完成が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

今日の太陽面

Img_1120_2

超久々の太陽面撮影。
撮影の手順もすっかり忘却の彼方へ。

それにしてもメインカメラをキヤノンからニコンに変えてからの初撮影。
思ったようなシステムが組めず、結局75SDHFによる直焦500mmの太陽像。
それを思いっきりトリミングしてのブログアップ。

つい星野撮影のみを考えて機材整理をしてしまったが、大失敗だった。
太陽も月も星野も彗星も撮影対象なのが自分のスタイルなのだから。
とてもデータを掲示できるような状況ではないので、徒然カテゴリーで掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18年後

Dsc_0609

青空が広がった。
9月2日は特別な日。
あと18年後には、この太陽が完全に欠け、頭上にコロナが広がることになる。
先日の北アメリカ横断日食から、ちょうど1サロス後。

以前にも書いたが、この時期は秋雨前線が停滞するため、晴天率はかなり低い印象があった。
ただ、このところは比較的青空にも恵まれているようで、お天気傾向が少し変わってきたのだろうか。
まあ、あと18年もあるので、さらに傾向は変化してくるかもしれない。

むしろ問題は我が体力。
この歳になってあと18年は、とても長い時間。
今更ながらだが、身体に気をつけなくてはと思うこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

踏んだり蹴ったり

R0010041_20170826124836

夏風邪にやられた。
うつされたルートはだいたい想像がつく。
喉の痛みと高熱。
一気に体温は39度まで駆け上った。
喉は化膿していたそうで溶連菌感染症を疑われたが、検査の結果は陰性。
とにかく喉の痛みは食事の時間が億劫になる。
でも薬を飲まなければという一念だけで、おかゆを無理矢理呑み込んだ。

発症から3日目。
少し体調が落ち着いたので、パソコンでメールをチェックしようとしたら、
いきなり画面が黒くなった。
そういえば、数日前から画面の乱れが確認できていた。
電源は入っているが画面は真っ黒。
実は2年ほど前に同様の事象を経験済み。
そのときはロジックボードの交換で数万円の出費。
わずか2年でまた・・・?
前回修理をしてくださった業者さんにメールを送ると、
ボードは既に製造中止なので、グラフィックチップの修理で対応するそうだ。
早速宅配便で本体を送りメールを待っていると、
「修理は可能。ハードディスク交換時期を過ぎてますがどうしますか?」との連絡。
確かに入手から7年経過しているのでお願いしたところ、
グラフィックチップの修理と合わせて、そこそこのパソコン1台が買えそうな見積もり。
ただメインで使っているノートPCクラスの新品を購入すれば、その倍の費用はかかる。
ということで修理&交換をお願いし、本日、無事手元へ戻ってきた。

初の大腸内視鏡検査といい、今回の高熱夏風邪といい、二度目のメインPCダウンといい、
やっぱり今年は厄年なんだなと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

お天気がスッキリしません

Dsc_0585

日中はまだ青空が広がるものの、なかなか長続きしない。
この時も雲量は6~7といったところ。
青空の多いほうへ向けてシャッターを切ったが、それ以外の方向は雲だらけ。

ペルセ群極大日ではあったが、昨夜から時折雨が降り、星は見えなかった。
今日も望み薄のお天気が続く。
明日も日中は青空が広がりそうだが、その後は・・・。

Dsc_0581

そんな中、地上に目をやれば、稲はすくすくと育っている。
今年も美味しいお米が獲れそうだ。
青空をバックにオニヤンマと赤トンボの競演も見られた。
この時期ならではの光景。

Dsc_0578

お昼は松之山温泉にある「山愛(さんあい)」さんへ出かけた。
このお店の名物はご覧のカツ丼。
肉は250グラムというボリューム感。
カロリーオーバーを懸念しつつも、柔らかな肉は食をすすませた。
ただ、帰宅後、早速ウォーキングに興じたことは言うまでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

大腸内視鏡検査初体験記

Img_0081
(写真の意味は特にありません)

人間ドックで要精検となり、紹介状を持たされてしまった。
ちょっと迷ったが、かかりつけ医からの強い勧めもあり思い切ることに。

ネット情報ではとにかく前処理の2時間2Lの腸管洗浄液飲用がネックとあったが、
恐る恐る飲んでみると意外とまずくはなかった。(私はニフレックだった)
さすがに1Lを飲んだあたりから飽きてしまったが、指定の2時間で2Lを完飲。
途中、胃の中へ洗浄液が溜まる感じがあったので、
テレビの大食い選手権よろしく「その場ジャンプ」をしてみたらスッキリした感を感じた。

私を含め男性4人が同時に受診。
腸がキレイになった人から検査との話があり、私の左隣の人が1番目、私が2番目となった。
ところが、何があったのかいきなり名前を呼ばれて検査室へ。
心の準備がまったく整わぬままの入室だった。

検査台へ昇ると、伝えられていた筋肉注射は、他の持病の関係でしないとのこと。
これが若干麻酔的な効果があると聞いていたので、え~~っと思ってみても後の祭り。
なんだかわからないうちに検査が始まってしまった。

横向きだった時には良かったが、体勢を変えて仰向けになってからは時々苦痛が。
先生の独り言から推察すると、どうも私の大腸は標準よりやや長かったようだ。
さらにガスを送り込まれてカメラを進められた時がクライマックスだった。

途中、先生からは「モニター画面を見られますか?」と言われたのだが、
苦痛8合目くらいのタイミングだったので、
「すみません、余裕がありません」と答えたら、「では後で説明しましょう」となった。

時間にして20分くらい。
「はい、お疲れさまでした」と終了。
そのまま検査室で撮影した画像を見ながらの解説。
ポリープもなく生検のための組織ピックアップも不要とこれ以上ない最良の検査結果を告げられた。
さらに看護師さんからは「初めてにしては上手にできましたよ」と褒めていただいた。
この歳になっても褒められるって結構大事。先ほどの苦痛はどこへやら(笑)

身支度を調えて待合室へ戻ると、まだ検査前の方々が不安な面持ちで座っておられたので、
軽く会釈をして会計窓口へと向かった。

そういえば検査陽性の原因っていったい何だったのか、
先生からのコメントもなかったので、実は未だに疑問継続中だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

梅雨明けはまだまだ

Dsc_0557

九州北部では大変な豪雨となっている。
目を疑うような1時間あたり降水量が数時間も続いた。
大量の流木による河川はん濫は、当地でも経験済み。
何人かいる知人と連絡を取り合ったが、大きな影響はなしとのこと。
被災された方々に、心からお見舞いを申し上げたい。

線状降水帯とはこれほど恐ろしいものかと、改めて気づかされた。
梅雨前線の南側に発生しやすいという。
まだ梅雨明けはしていない。
ひょっとして明日は我が身、そんな思いさえする。

今日は久しぶりの青空。
昼休みウォーキングに出かけると、田んぼの稲がさらに空へと伸びていた。
季節と時間は着実に進んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

雨は強く降り続く。そしてポチる

Dsc_0550

梅雨前線が北上して活発化。
今日の未明から強く降り出した雨は、現在も降り続いている。
我が家に設置している雨量計では、今日の午前0時からの積算で80mmを超えた。
近隣の自治体では土砂災害警戒情報が発令。
まだまだ降り続きそうなところをみると、当地も時間の問題かもしれない。
豪雨災害は身をもって体験している。
ほどほどの雨は必要だが、災害発生前で留まってくれることを願わずにはいられない。

Dsc_0551

で、何の脈絡もないが、こんなソフトが手元に届いた。
いったい自分はどこを目指しているのだろうか(笑)

実は、本製品が発売される少し前、アストロアーツの関係者の方とご一緒する機会があり、
開発中のソフトウェアの使い勝手を見せていただいた。
一画面で導入や撮影を繰り返す様子は、いまの時代の天体写真撮影を実感するに十分だった。

こんな環境が欲しい(マズイ…心の声)
と思ってしまったのは実に危険な発想であることは、皆さんご推察のとおり。
でも、自動導入用赤道儀はどうしよう
そういえばデモンストレーションを拝見した時に言ってたっけ
「赤道儀はいろいろ使ってみたけど、移動用だとこれに行き着いたんですよね」
そうか、ということは増えすぎた赤道儀のうちアレとソレをヤフオクに出して、で、ちょっと追金をして・・・

そうなんです、ご明察。「ポチッ!」
しかし納期は2カ月待ち。
ボーナス期に加え、パーツ精度への対応が必要らしい。
でもこういう納期はだいたい長めに言うから、たぶんお盆の頃にはと勝手に目論んでいる。

それにしても還暦を迎え、重いものを振り回すことが非常に億劫になってきた。
GN-170の出番は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

水無月の色

Dsc_0548

いろいろとあって、ほとんど自分の時間を持てない日々が続いた。
それでも今日は完全休養日。
久しぶりに週末ウォーキングへと出かけてきた。
先日植えられた苗はしっかりと活着し、秋の収穫へと向けて少しずつ成長している。

当地はまだ梅雨入りの発表はなし。
発表があったところでも、小雨傾向が続いているという。
こういう時はつじつま合わせ?で、末期にまとまって降ることもあるらしい。
十分に気をつけねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧