徒然

2018年5月11日 (金)

星峠の棚田

P5110028

良いお天気に恵まれた。
前回は空振りに終わった星峠に、改めて足を向けた。

駐車場には県外ナンバーの車が数台。
定年を迎えたであろうご夫婦やいかにもカメラが趣味という格好をした御仁など。
途中からは地元タクシーで駆けつけた観光客の方々も加わった。
もう少しすると田植えが始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

お天気はイマイチ

P5080015

ゴールデンウィークが終わったら、何やらお天気が不安定に。
今日はお休み。
でもしなければならないことがあり、少しだけ出勤。
このまま帰るのもと思い、美人林に立ち寄った。
相変わらず、平日ではあるが県外ナンバーの車が数台。
ゴールデンウィークの混雑を避けられた方々なのかもしれない。

ついでに星峠の棚田もカメラに収めようと足を延ばしたが、
近づくにつれて雨上がりの霧が漂い始めた。
イヤな予感は的中。
展望スペースは霧の中。
棚田の「た」の字も見えない。
そんな中でも県外ナンバー車のカップルが、
自撮り棒を片手に「霧の中のわたしたち」を撮影中。
遠路から来られる方々には、本当に不運としか言いようがない。

P5080019

帰りがけに目に留まった風景。
とりあえず今日はここで撮影。
星峠には、田植え前のまたの機会に出かけてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

今日の美人林

L1000008
なんとかお天気が持ち直した今日。
午後から美人林へ出かけてきた。
芽吹きというのだろうか、緑が目にも鮮やかになってきた。
L1000016
日当たりの良いところでは既に地面が出ているところもあるが、
一帯はまだ30センチほどの積雪に覆われている。
駐車場の除雪もこれからだと聞く。
ゴールデンウィークに向けこれからのシーズン、
大勢の人たちの目を楽しませてくれるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

定年退職の日

20180331

我が家の玄関には、いつもにもましてたくさんの花が並んでいる。
私の定年退職を祝って、皆さんからいただいたものだ。

早いもので就職してから36年。大学卒業直後は別の仕事に1年半就いていたので、
合わせて38年間の区切りを迎えた。

大きな病気もせずに、無事にこの日を迎えられたことに、心から感謝したい。
明日からは再雇用で、別の所属に変わる。
身体の自由がきくうちは、もう少し頑張りたい。
いまの時代、60歳などはまだまだ頑張りどころなのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

春分の日雑感

180321
春分の日。
とはいえ、このところの気温はまだまだ低い。
ブログの更新が滞っている。
正直、ネタがないこともあるのだが、
個人的に定年退職日を迎えようとしているいま、なんやかやと雑事に追われているから。
ただ、退職とはいえ、4月以降も引き続き勤め続ける予定なので、
単なる人事異動の範囲といえばそれまでだが、
人生の一区切りであることに違いはない。
これまで何かと支えてくださった方々に、心から感謝を申し上げたい。
今日もこれから、職場の書類整理に出かける予定。
本格的な春が来て、年度末年度初めのバタバタも一段落して、
早く春から夏の星空をゆったりとした気分で見上げたいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

季節の変わり目

Dsc_0852

今朝の出勤時に遭遇したシーン。
信濃川が霧で覆われ、その向こう側の山の端に朝日が昇っているの図。
思わず車を停め、スマホのカメラで狙ってしまった。

毎日ほぼ同じ時刻に通過する場所で、
少し前まではまだ太陽が昇るか昇らないかというタイミング。
そう思うと、日の出の時刻も早まってきたことがわかる。

週間予報でも、太陽マークが見られたり、雨のマークが混じるようになってきた。
それにしても今冬は本当に寒い冬だった。
もちろんまだ終焉を迎えたわけではないが、季節は着実に進んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

東京食紀行と残雪

所用があり、三連休を利用して東京へ出かけてきた。
用を済ませて向かった先は、小籠包で有名なお店。
いつもは行列ができるらしいのだが、タイミングが良く自分の前には3人だけ。
小籠包を4個購入してホテルへチェックイン。

Dsc_0842

早速かぶりついたが、皮が妙に固い。
それでも噛み切ると、中から熱い肉汁が飛び出してきた。
実は小籠包は初めて食したので、ほかと比較のしようがない。
こんな食感でこんな味なのだろうか。
ちょっと期待はずれだった。
店内で熱々を食べれば、また違った印象に変わるかもしれないが。

その後の夕食は、以前にも訪れた「洋包丁」で「なすと肉の生姜焼き定食」。

Dsc_0846

こちらは、いつもながらの味。
やや濃いめの味付けに、白飯が進む。
写真に写っていないが、生野菜を別に頼んだ。
トマトがとても美味しかった。
ひょっとして野菜の価格高騰は、こういうところにも影響が出てきているのだろうか。

翌日は、このホテルに宿泊した時には必ず行う早朝ウォーキング。
約2キロ先の牛丼チェーン店まで歩き、そこで朝定食を食べ、またホテルへ戻る。
途中で東の空が明るくなってきた。

Dsc_0847

まだ車通りも少ない、こういった都会の情景が結構好きだったりする。
お天気は下り坂。
下弦過ぎの月は、薄雲の向こう側だった。

まったくの余談だが、某ハウスメーカーのCMで気になっていることがあった。
暖かい家に帰るというストーリーの途中で差し込まれるお月さまが、下弦過ぎの月。
オイオイ、明け方に帰るのかと、わかる人にはわかる突っ込みをしていたのだが、
先日見たそのCM、お月さまが上弦の月に変わっていた(笑)
たぶん天文ファン?の誰かが忠告したのかもしれない。

そして足元に目をやれば、過日の大雪の名残がまだ残っていた。

Dsc_0848

日当たりはそれほど悪くない場所なので、たぶんここに雪を積み上げたのだと思う。
それと、気温が低いせいもきっとある。

それにしても今冬は本当に寒い。
と、この記事を書き上げて窓の外を見ると、
向こうの木々がかすむほどの強い雪が、また降り出していた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

巨大な雪のかたまり

Dsc_0838

このところ雪の話題ばかりで恐縮だが、
これは職場の駐車場に降った雪を1箇所に集めた様子。
周囲の家々と見比べて、その巨大さが推し量られると思う。
明日は一日かけて、この雪のかたまりを排雪する段取りになっている。
春になれば溶けてなくなってしまうものではあるが、
こういうところにもお金がかかってしまう。
市域全体では億単位になる。
雪国ならではの悩みといえるかもしれない。
ちなみに、自宅がある町内でも、明日は屋根雪の一斉除雪が行われる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

積雪2メートルオーバー

Dsc_0836

ついに超えた。
昨日から降り続いた雪は早朝からその強さを増し、
午前6時から9時頃までは、1時間に5センチペースで降り積もっていった。
結果、お昼過ぎには2メートルを超えた。
一日中駐車場に停めてあった車はご覧のとおり。
立春以降はまた強い寒波の南下が予想されているが、
その前に明日は皆既月食。一瞬でもその姿を拝めないものだろうか。
GPV的にはかなりビミョーだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

つららがスゲェ!

Dsc_0834

とにかく寒い。
ここ数日、真冬日が続いている。
積雪量は思ったほどではなく、平年値を少し上回るものの、
累計降雪量は平年値を若干下回る。

つららが太く長いのには理由がある。
我が家は屋根に積もった雪を、屋根の上で溶かす仕組みを導入している。
その溶けた雪が水となり、雨樋から漏れて成長し続けるつららを形づくっているからだ。

ただこの屋根融雪はめちゃめちゃランニングコストがかかる。
最近の同様システムはもっと改良されているかもしれないが、
我が家のは平成6年に導入したので、もう20年以上も前のシステム。
なので、それほど一気に降り積もらないだろうと見込まれる時には、
屋根融雪機能は動かさずに、人力で雪下ろしをしている。
で、その時の様子をたまに紹介しているというわけ。

峠は越えたとテレビのお天気コーナーでは繰り返しているが、
今後の寒気流入予報を見ると、寒さはまだまだ続きそう。
これがラニーニャ現象発生の成せる業なのだろうか。

今月末の皆既月食の頃に再び南岸低気圧の東進が予想されている。
そうするとガチの冬型は崩れ、わずかなタイミングで赤銅色の月を拝めるのかもと思ったりもしているが、
正直、それどころではなくなるかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧