気になるたべもの

2018年10月 7日 (日)

築地場内市場閉場によせて(寿司大との出会い)

1007

10数年前、東京で同年代の仲間たちと研修生活を送っていた。
寮で懇親を深めていた時に誰かが「築地で朝ごはんを食べたい」と言い出した。
築地・・・聞いたことはあるが、無縁の世界だと思っていた。

翌朝、始発電車に揺られて築地へ。
これまで経験のない、活気にあふれた空間を目の当たりにした。
とりあえず場内でお店を探す。
当時、名が知られていた寿司店の前には行列。
その列に並び、3000円超えの豪華な朝食をとった。
うまかった。
田舎人間の私にとって、回らない寿司屋初体験であった。

それを契機に築地通いが始まる。
約2カ月半という研修期間中、個人的に訪れたのも含めて、6~7回足を運んだ。

ある時のこと。
いつもの寿司店前は、いつもにも増しての大行列。
さすがに並ぶ気も消えうせ、別のお店に入ることにした。
そこがかの「寿司大」だった。
いまの状況からは信じられないだろうが、当時は並ばずに入れたお店。
そしてここの店長や店員さんたちと顔見知りになった。

研修が終了し、地元へ帰ってからも、
年に2~3回のペースで寿司大通いは続いた。

そうこうしているうちに、寿司大の前にも長い列ができるようになった。
極めつけは外国人旅行者へ「日本の築地へ行ったら、並んでも食べたいお寿司屋」
として紹介されてしまったこと。
訪日外国人がどんどん増えているタイミングでのこの出来事は、
長蛇の列をさらに長蛇にしてしまった。
早朝も5時前に行けば、口開けの客として入られたのが、
最近では午前3時前に並んでも、口開けの一団に入るのは難しくなっている。

一番人気のメニューは「店長のおまかせ」セット。
通い始めた頃は3150円。現在は4000円に。
値段は変わったが、味は以前と変わることはない。

寿司大は豊洲市場にもお店を持つようだ。
少し落ち着いた頃を見計らって、様子を見に行ってみようかと思っている。
以前にも増しての行列になるのだろうか?
店長のおまかせセットはいくらになっているのだろうか。

(※写真は以前に掲載したものを再掲)

【追記】
いまほどのニュースで、ターレーの築地から豊洲への一斉移動が報じられた。
まだ使われていない環状2号線を使って10分とのこと。
土地勘がないのでよくわからなかったが、築地と豊洲って、結構、近いんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

東京食紀行と残雪

所用があり、三連休を利用して東京へ出かけてきた。
用を済ませて向かった先は、小籠包で有名なお店。
いつもは行列ができるらしいのだが、タイミングが良く自分の前には3人だけ。
小籠包を4個購入してホテルへチェックイン。

Dsc_0842

早速かぶりついたが、皮が妙に固い。
それでも噛み切ると、中から熱い肉汁が飛び出してきた。
実は小籠包は初めて食したので、ほかと比較のしようがない。
こんな食感でこんな味なのだろうか。
ちょっと期待はずれだった。
店内で熱々を食べれば、また違った印象に変わるかもしれないが。

その後の夕食は、以前にも訪れた「洋包丁」で「なすと肉の生姜焼き定食」。

Dsc_0846

こちらは、いつもながらの味。
やや濃いめの味付けに、白飯が進む。
写真に写っていないが、生野菜を別に頼んだ。
トマトがとても美味しかった。
ひょっとして野菜の価格高騰は、こういうところにも影響が出てきているのだろうか。

翌日は、このホテルに宿泊した時には必ず行う早朝ウォーキング。
約2キロ先の牛丼チェーン店まで歩き、そこで朝定食を食べ、またホテルへ戻る。
途中で東の空が明るくなってきた。

Dsc_0847

まだ車通りも少ない、こういった都会の情景が結構好きだったりする。
お天気は下り坂。
下弦過ぎの月は、薄雲の向こう側だった。

まったくの余談だが、某ハウスメーカーのCMで気になっていることがあった。
暖かい家に帰るというストーリーの途中で差し込まれるお月さまが、下弦過ぎの月。
オイオイ、明け方に帰るのかと、わかる人にはわかる突っ込みをしていたのだが、
先日見たそのCM、お月さまが上弦の月に変わっていた(笑)
たぶん天文ファン?の誰かが忠告したのかもしれない。

そして足元に目をやれば、過日の大雪の名残がまだ残っていた。

Dsc_0848

日当たりはそれほど悪くない場所なので、たぶんここに雪を積み上げたのだと思う。
それと、気温が低いせいもきっとある。

それにしても今冬は本当に寒い。
と、この記事を書き上げて窓の外を見ると、
向こうの木々がかすむほどの強い雪が、また降り出していた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

30年振りの再会「船岡山」

Dsc_0825

といっても山(やま)や人(ひと)ではなく、お菓子。
いまから30年ほど前。
友人宅に遊びに行っていた時、お茶請けに出されたのがこの「船岡山」。
確か4~5個が菓子器に入れて出されていたが、1個、2個と止まらなくなり、
ついつい一人で全部食べきってしまった。
もう一度食べたいと「船岡山」というお菓子の名前は記憶していたが、
当時はまだインターネットで検索することもなく、入手方法を調べる手立てが思いつかなかった。
ただ船岡山というのは隣の小千谷市にある山の名前なので、
たぶん小千谷市の銘菓なんだろうという予感はあった。

その10数年後、ふと思い出し、インターネットで調べてみたところ、
小千谷市の「春泉堂」さんというところで扱っているお菓子だとわかったが、
それ以来、近くへは何度も出かけたものの、なかなか入手するきっかけがなかった。

今日のお昼。
外食の予定だったので、それならばと小千谷市へ出かけて、まず三宝亭さんへ。
前回は「五目うま煮麺」を食したが、今回は同じとろみシリーズの「全とろ麻婆麺」。

Dsc_0823

辛くて熱々とろとろ。
このお店、チェーン店だが、どのメニューも味はいいと思う。
ただ、このお店に限らず、最近は置かれている箸はリユース箸の場合が多く、
麺を食すにはやや使いにくい。やっぱり割り箸がいい。

食事後、そこから車で数分の春泉堂さんへ。
そしていよいよ30年振りの再会となった次第である。
では、これからいただきますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

今冬1回目の雪下ろしと「贅沢あまさけ」

Dsc_0810_3

屋根の雪の重さで居間の引き戸が動かなくなってしまった。
年明けにはまた降雪が続くとの予報があったので、屋根に昇った。
1メートルまではないが、かなり締まった感じの雪。
そして下のほうはザラメ状の雪だったので、足元に気をつけながら作業を行った。
約1時間半で終了。

その後、お正月の飾り付けを済ませた後、南魚沼市の「魚沼の里」へ出かけた。
目的は「あまさけ」の購入。

Dsc_0813

何でも世間では「飲む点滴」と言われる甘酒が大ブームだとか。
ネットで検索するとその効果を次々と確認することができる。
売店で売れ筋品の倍の価格の「贅沢あまさけ」を入手。
原材料の五百万石を35%まで精米して仕込んだのだそうだ。
麹だけで作られたとも書いてある。

実際に飲んでみると、スッキリとした口当たりの良さ。、
もちろん砂糖の甘さではなく麹の甘さなのだろうが、私にはちょっと甘い。
次は牛乳で割って飲んでみようかと思った。

Dsc_0815

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

五目うま煮麺

1223_3

最近のお気に入り。
新潟県内を中心に店舗をチェーン展開する「三宝亭」の看板メニュー。
五目とはいうが7~8品の具材がとろみの付いた餡で包まれ、細めの麺を覆っている。
とにかく味が良い。
ラーメンのスープは全部飲み干さないようが良いと言われているが、
この五目うま煮麺に限っては、ついつい器を持ち上げて飲み干してしまう。
次回は気をつけようと思いながらも・・・。

しかし一番近いお店が我が家から車で40分ほどかかってしまうので、
休みの日でもないと出かけるのは難しいのが残念なところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

お天気がスッキリしません

Dsc_0585

日中はまだ青空が広がるものの、なかなか長続きしない。
この時も雲量は6~7といったところ。
青空の多いほうへ向けてシャッターを切ったが、それ以外の方向は雲だらけ。

ペルセ群極大日ではあったが、昨夜から時折雨が降り、星は見えなかった。
今日も望み薄のお天気が続く。
明日も日中は青空が広がりそうだが、その後は・・・。

Dsc_0581

そんな中、地上に目をやれば、稲はすくすくと育っている。
今年も美味しいお米が獲れそうだ。
青空をバックにオニヤンマと赤トンボの競演も見られた。
この時期ならではの光景。

Dsc_0578

お昼は松之山温泉にある「山愛(さんあい)」さんへ出かけた。
このお店の名物はご覧のカツ丼。
肉は250グラムというボリューム感。
カロリーオーバーを懸念しつつも、柔らかな肉は食をすすませた。
ただ、帰宅後、早速ウォーキングに興じたことは言うまでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

野沢温泉村の新屋さんへ

Dsc_0573

2年ぶりに長野県野沢温泉村にある新屋(あたらしや)さんへ出かけてきた。
開店前から県外ナンバー車が駐車中。さすが人気店。

ウナギと焼き鳥が売れ筋のお店。
開店して間もなく、店内の座席はほぼ埋まった。
お腹の空き具合からウナギはちょっと苦しいかなと思い、
鳥カツの柳川風定食と焼き鳥単品を注文。
結果的にそこそこのボリュームになってしまった。
この種のお店に行くと、どうしても目が食いしん坊になってしまう。
帰宅後、猛暑の中、早速1時間半のウォーキングに興じた。

それにしても台風5号の動向が心配。
3日間で1000ミリの降雨が見込まれるとニュースが伝えていた。
九州、中国方面の皆さん、どうか十分にお気を付けて。
8日早朝の部分月食もどうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

今日のお昼はカレー

Dsc_0450

以前、一度紹介したことのあるインドカレー・ナンのお店でお昼ご飯。
ナン、チキンカレー、サラダ、ヨーグルト、ウーロン茶のランチセットメニュー。
ナンの大きさには「おっ!」と思うが、意外とすんなり胃袋へ収まっていく。
カレーの辛さはお店標準より1ランク上のベリーホットを選んだが、辛すぎることはない。
前回同様、とても美味しくいただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

とっても大きなナン

Dsc_0312_2

最近、地元に出来たインドカレーとナンのお店。
今日、初めて出かけてきた。

とっても大きなガーリックナン。
そして、カレーはシーフードミックス。

どちらも美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

ごはんの美味しさと休日ウォーキング

Dsc_0040

今日のお昼は小千谷市のとんかつ太郎小千谷本店さんへ。
月イチくらいのペースで通っているが、その一番の理由はごはんの美味しさ。
もちろん写真のヒレカツも柔らかくて美味しく、衣もサクサク。
地域柄、ふだんから魚沼産コシヒカリを食べ慣れてはいるが、炊き方でその味は変わる。
とんかつ太郎さんはごはんの美味しさを引き出す炊き方をしているのだと思う。
ぜひ味わってみていただきたい。

午後からは休日恒例のウォーキング。
ところが歩き始めたらいきなり霰(あられ)が降り出した。

Dsc_0042

5ミリに満たないので、雹(ひょう)ではなく霰(あられ)。
大気の状態が不安定なのだろうか。

そうこうしている間にお天気は回復。
雲は多いが雲間の青空は透明度が高くスッキリしている印象。

Dsc_0045

んっ?何やらピンク色の小さな粒が見えるような感じ。
そういえば今日、靖国神社の桜の標本木が開花したとか。
春が一足飛びにという感じだが、週間予報にはまだ雪だるまマークが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)