月面

2018年6月22日 (金)

月齢8.6

Dsc_3895_2
2018.06.22 20h06m11s(exp.1/80s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

キレイに晴れ上がったので撮影しようと鏡筒をセットしている間になんと薄雲が飛来。
どうしようかと思ったが、せっかくセッティングをしたので撮影強行。
でも、シーイングは思ったほど良くはなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

月齢9

Dsc_3775_2
2018.05.24 20h04m42s(exp.1/60s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

2日前に続けての月面撮影。
朝方までは雨が降っていたが、お昼前にはあがって青空が広がった。
その青空の中には「撮らないの?」とばかりにお月さまが浮かんでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

月齢7(上弦の月)

Dsc_3715_r_2
2018.05.22 19h37m56s(exp.1/60s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6 ※グレースケールに変換

昨夜は久しぶりに月面を撮影。
まだ薄明が残る空、雲が押し寄せてくる前のひとときを狙った。
未明の空では星野、宵の空では月面と、久しぶりに撮影を堪能できた。

そうそう、この日はちょうど「月面X」の日。
見頃の時間を少し過ぎてしまったのだが、それでも何とか「X」を確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

月齢8.9

Dsc_3581_3
2018.03.26 19h14m38s(exp.1/100s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

昨年11月から4カ月ぶりの月面撮影。
夕方から薄雲が漂い始めたので、どうしようかと迷ったのだが、
リハビリも兼ねての撮影となった。

たった4カ月、されど4カ月。
撮影の手順から画像処理の手順まで、ほとんど忘却の彼方に近い状況。
それでも、何とか形にしてみた。

4月からの勤務先の上司、実は天文ファンだったりする。
今日も事務引き継ぎに出かけていた折りにひと言。
「ここの駐車場、やや霧は出やすいものの、夜間はまったく灯りがないんですよ。
ちょっと標高は低いけど」
なんと魅力的なお言葉。
いずれそこで撮影した星野写真をご紹介できるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

月齢8.9

Dsc_3508_3
2017.11.27 18h48m36s(exp.1/80s×40コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

ほぼ半年ぶりの月面撮影。
すっかりその手順を忘れていて、非常に手間取ってしまった。
いくら快晴とはいえこの時期だから、シーイングは推して知るべし。
それでもリハビリのつもりで撮影を敢行。

ベランダに据え付けてある赤道儀には、厚手のカバーをかけてはあるものの、
テントウムシたちの格好のたまり場。
身を寄せるようにして百匹以上が、鏡筒バンドなどにビッシリ。
ゴメンね~と言いながら、刷毛で寒空の下へと掃き出した。
でも明日はまたお天気が良さそうなので、
虫さんたちはジワリジワリと元の場所へ収まろうとするに違いない。
明日の夜はまた掃き出し作業かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

月齢9.6

Dsc_3312_3_2
2017.06.04 20h18m57s(exp.1/80s×30コマ,ISO200)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングはまずまずだったが、
処理技術がイマイチなので、どうもイメージどおりに仕上がらない。
とりあえずブログアップして、また後日、再処理してみたい。
しかし、明日から仕事という日に限って、晴れるんだよな~ぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

月齢9.0

Dsc_3022_3
2017.05.05 20h50m24s(exp.1/100s×40コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

連日のスタック画像で今夜は40コマ。
お天気の下り坂を現すかのように、雲が次々と飛来する中での撮影。
これだけ雲が流れているのだから、シーイングは推して知るべし。

ゴールデンウィークも後半。
星野撮影のチャンスはなかったが、月面はいろいろと試してみることができた。
いずれ目の覚めるようなシーイングと出会えることを夢見て。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

月齢7.9

Dsc_2939_3
2017.05.04 19h36m31s(exp.1/80s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングは思ったよりは良くなかったが、
RegiStaxを使った月面の30コマスタックに挑戦してみた。
以前、試しにやってみた時には、なぜか画像がきちんと重ならなかったが、
今回はうまくいった。
シーイングの良い日には、抜群の効果を発揮する手法なのかもしれない。

今夜は透明度が良いので、月のすぐ近くに恒星が見えると思っていたら、
何のことはないしし座の1等星レグルスだった。
月が度々近づくことからロイヤルスター(王の星)とも呼ばれた所以である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

月齢5.9

Dsc_2843
2017.05.02 19h32m40s(exp.1/60s,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

良いお天気が続く今年のゴールデンウィーク。
日中は雲が多めであっても、夕刻が近づくとその雲はどこへやら。
ただ、今朝も2時頃に起きてみたのだが、夜空の暗さはイマイチ。
ひょっとして春霞のせいなのだろうか。

明日は月面X(エックス)が見られる日だが、
どうも今夜のように快晴とはいかない模様。
またシャッキリとした月面Xは捉えられないのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

月齢18.7

Dsc_2811
2017.04.16 04h17m16s(exp.1/100s,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングは良くなかったが、せっかく起きた休日の早朝なので、そのまま撮影態勢に突入。
被写体の月は南中を過ぎ、空はすでに白み始めている。
気温は3度ほどしかないが、雪の季節に比べれば何のことはない。

天文ハウスTOMITAさんから追加工していただいた小型アリミゾ台座2個と、
MonotaROで見つけたプラスチックハンドルを組み合わせてGS-200RCの取っ手にしたところ、
ずいぶんと取り回しが楽チンになった。

Img_0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)