月面

2017年6月 4日 (日)

月齢9.6

Dsc_3312_3_2
2017.06.04 20h18m57s(exp.1/80s×30コマ,ISO200)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングはまずまずだったが、
処理技術がイマイチなので、どうもイメージどおりに仕上がらない。
とりあえずブログアップして、また後日、再処理してみたい。
しかし、明日から仕事という日に限って、晴れるんだよな~ぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

月齢9.0

Dsc_3022_3
2017.05.05 20h50m24s(exp.1/100s×40コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

連日のスタック画像で今夜は40コマ。
お天気の下り坂を現すかのように、雲が次々と飛来する中での撮影。
これだけ雲が流れているのだから、シーイングは推して知るべし。

ゴールデンウィークも後半。
星野撮影のチャンスはなかったが、月面はいろいろと試してみることができた。
いずれ目の覚めるようなシーイングと出会えることを夢見て。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

月齢7.9

Dsc_2939_3
2017.05.04 19h36m31s(exp.1/80s×30コマ,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングは思ったよりは良くなかったが、
RegiStaxを使った月面の30コマスタックに挑戦してみた。
以前、試しにやってみた時には、なぜか画像がきちんと重ならなかったが、
今回はうまくいった。
シーイングの良い日には、抜群の効果を発揮する手法なのかもしれない。

今夜は透明度が良いので、月のすぐ近くに恒星が見えると思っていたら、
何のことはないしし座の1等星レグルスだった。
月が度々近づくことからロイヤルスター(王の星)とも呼ばれた所以である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

月齢5.9

Dsc_2843
2017.05.02 19h32m40s(exp.1/60s,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

良いお天気が続く今年のゴールデンウィーク。
日中は雲が多めであっても、夕刻が近づくとその雲はどこへやら。
ただ、今朝も2時頃に起きてみたのだが、夜空の暗さはイマイチ。
ひょっとして春霞のせいなのだろうか。

明日は月面X(エックス)が見られる日だが、
どうも今夜のように快晴とはいかない模様。
またシャッキリとした月面Xは捉えられないのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

月齢18.7

Dsc_2811
2017.04.16 04h17m16s(exp.1/100s,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2520mm,F=12.6

シーイングは良くなかったが、せっかく起きた休日の早朝なので、そのまま撮影態勢に突入。
被写体の月は南中を過ぎ、空はすでに白み始めている。
気温は3度ほどしかないが、雪の季節に比べれば何のことはない。

天文ハウスTOMITAさんから追加工していただいた小型アリミゾ台座2個と、
MonotaROで見つけたプラスチックハンドルを組み合わせてGS-200RCの取っ手にしたところ、
ずいぶんと取り回しが楽チンになった。

Img_0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

月齢5.3

Dsc_2716
2017.04.02 19h36m00s(exp.1/60s,ISO400)
GS-200RC+D810A+TC-14BS+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

気圧配置図からもう少しシーイングが良いかと思って狙ってみたが、
意外と揺らぎが大きかった。

さて、新機材による月面である。
20センチのリッチークレティアン鏡筒にD810Aボディを組み合わせた。
D810Aはミラーアップさせて電子先幕シャッターを使ってみた。
GS-200RCは比較的オールマイティな鏡筒という印象がある。
私のようにあれやこれやを狙おうとする輩にとっては、良い選択と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

月齢9.1

Img_2832_2
2017.01.07 17h44m09s(exp.1/50s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EXTENSION TUBE(EF25II×2)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2200mm,F=22

熱は下がった。
外を見ると雲は流れているものの、上弦過ぎの月。
逃すわけにはいかないと、足元をふらつかせながらも準備を整えての撮影。
今年初の月面撮影。

しかし、2日ほど寝ていただけなのに、望遠鏡を格納箱から出したり入れたりするだけで、
かなり息が荒くなってしまった。
インフルエンザはそれなりに体力も奪ってしまっているのだろうか。
禁足令は残り2日。
熱が下がってしまうと、この2日間は結構長く感じられてしまうのかもしれない。
来週からはいよいよ本格的な降雪となりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

月齢8.9

Img_2717
2016.12.08 17h58m23s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EXTENSION TUBE(EF12II+EF25II)+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=2000mm,F=20

寒気に覆われてお天気は快晴。
なので、この時間帯で既に気温は氷点下。
鏡筒を持つ手が痺れる感じ。
晩ご飯前の時間を使い、バタバタと撮影に興じた。
シーイングは、う~ん、やっぱりイマイチ。

実は今朝、ようやく白いモノが空から降ってきた。
Dsc00028

午前5時前くらいだろうか。
それまでかなり強い雨が降っていたのだが、音が聞こえなくなってきたので、
んっ?と思い外を見るとみぞれ模様に変わっていた。
ベランダ写真は午前6時頃のもの。
しかし、道路が白くなるまでには至らなかった。
その後お天気は回復し、青空も見られたことから、
白いモノは跡形もなく消え去ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

スーパームーン2日前

Img_2641
2016.11.12 19h39m56s(exp.1/160s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS 6D+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)
FL=1600mm,F=16

読売新聞によると、明後日11月14日はいわゆるスーパームーンで、
満月としては68年ぶりの距離にまで地球に近づき、
これ以上の近い距離となる満月は、2034年11月26日とのこと。

となると、しっかりとこの目に焼き付けたいところだが、
残念ながら全国的にお天気には恵まれない可能性が大きいという。

とはいえ雲間からこんばんは!ということも十分にあり得る。
35万6500キロメートルにまで接近した月にぜひカメラを向けてみたいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

月齢10.6

Img_0118_2
2016.08.13 20h17m37s(exp.1/80s,ISO400)
FC-100+EXTENDER EF2×III+EOS Kiss X5+EM-200(K-ASTEC AGS-1X改)

晴天が続く。
昨日に比べるとやや揺らぎはあるが、シーイングもまずまず。
今夜も月面写真撮影に興じた。

明日は午後から曇り、明後日には降雨が予報されている。
個人的には月曜日までお休みをいただいているので、少しゆっくり出来そうだ。
これでエアコンが故障していなかったら申し分ないんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)