プラネタリウム

2017年7月30日 (日)

満天へ行ってきました

Img_0084_2

久々のお江戸行き。
写真はホテルの部屋から見た今朝の東京スカイツリー。
雨雲が低く垂れ込めていた。

(行ったプラネは天空ではなく池袋の満天です、念のため)

満天と同フロアにあるサンシャイン水族館で始まった「空飛ぶペンギン」。
とにかくこれが大評判らしい。
専用エレベーターが40分待ちと表示されていた。
ちなみに満天など他施設へは別のエレベーターあり。

観た番組は「僕らが空を見上げる理由(わけ)」。
ナオト・インティライミさんがナビゲーターを務め、彼の曲も織り込まれている。
全天周動画を主体に、光学式プラネタリウムを組み合わせるハイブリッド番組。
光学式の星像はさすがにキレイだ。
デジタルを見慣れていると新鮮に映る。
ウユニ塩湖がキーワードのひとつ。
その演出と思われる、シャッター全開での地平線下の星投影は初めて見た演出。
なるほどと感心したが、時々非常にまぶしい。

意図がわからなかったのが、季節や緯度を超えた星座紹介。
番組構成がごった煮状態になってしまった気がした。(意図があるならご容赦を)
この番組を選んだのは「もう一度見たい作品ナンバーワン」との触れ込みがあったから。
以前にも書いたが、私はリニューアルオープン当初の番組「満天星に抱かれて」は傑出の番組だと思っている。
かなり期待していたのだが・・・。
ぜひ「満天星に抱かれて」を再上映して欲しいもの。

今回はなぜかスタッフが投影中に行ったり来たりを繰り返していた。
それと2人のスタッフからシートのリクライニングを促された。
リクライニングせずに観たかったので、一番後列の座席を選んだのに。
自分の感性でゆっくり観たいという気持ちになりにくい対応が残念だった。
入場料がいつの間にか1500円になっていたのもビックリ。

一番行きやすいので、どうしても満天を選びがちだが、
そろそろ他館にも足を運んでみなくてはと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)